コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] キートンのハイ・サイン(1921/米)
- 更新順 (1/1) -

★3のっけの“新聞”で大笑い。満員電車で新聞を折り畳んで読もうとする自分の日常シーンを思い出した。 (KEI)[投票]
★4これまた素晴らしい傑作短編。からくり屋敷の断面はまるでアニメーションを観ているよう。 (赤い戦車)[投票]
★4超ローテクの分割スクリーン。 (黒魔羅)[投票]
★3天性のギャグマンであることの豊かさに満ちているSO-SO作品 [review] (junojuna)[投票]
★4ヒッチコックもこれを見ていたのかしら。などと想像を逞しくせずにはいられない『見知らぬ乗客』な超高速回転木馬ショットが冒頭からあって、映画(画面)のヴォルティッジはいきなりマックス。終盤の断面家屋にしてもそうだが、キートンはまるで遊園地とのように「空間」と戯れる。 (3819695)[投票]
★4からくり屋敷の追っかけっこが見事。それを分かりやすくダイナミックに見せるキャメラワークもいいね。[Video] (Yasu)[投票]
★5キートンが身体を張るだけではなく、大道具だったり特撮が光る作品にハズレは皆無と言って良い。アーバックル作品から独立し「キートンが本当に撮りたいもの」がひしひしと伝わってくるんだよね。やっぱりこれが正真正銘の初監督作品だろう [review] (ナッシュ13)[投票(1)]
★420分足らずの間に通常の映画数本分のアイデアが詰まっている。それらを真に画面で繰り出してくる。汽車、回転木馬、どんどん広がる新聞、警官の拳銃とバナナ、射撃場、悪役達の手の合図、犬と骨と鐘、犬と猫、ペンキで帽子架けを書く、落とし穴等のからくり仕掛けのある家、そしてその家の断面。驚愕せずにはいられないじゃないか! (ゑぎ)[投票(4)]
★4キートンの化物屋敷』よりもストーリーも優れ、ギャグセンスもよかった。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★4ギャグの仕掛け花火だ。ネズミのようなキートンの動きが最高!(05・7・27) (山本美容室)[投票(1)]
★3いきなりの特大新聞とお茶目な巨大悪漢の登場シーンが笑える。ストーリーもしっかりしているのでネタに裏づけの意味が生まれギャグが活きてくる。あのチャップリン見たいな酔っ払いはパロディでしょうか。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3幻のキートン初監督作品らしい。鷲のポーズが好きだ。 (Pino☆)[投票(2)]
★4一つ一つのギャグがよく練られてるし、ストーリー展開もスムース。なかなかの傑作。屋敷中を飛び回るクライマックスのテンポも良し。 (緑雨)[投票(2)]