コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 遠い夜明け(1987/英)
- 点数順 (1/1) -

★5この映画より3年後、1990年、終身刑だったネルソン・マンデラ氏が釈放され、翌1991年アパルトヘイト完全撤廃。1994年5月10日南ア初の黒人大統領が誕生する。…大衆的エンタテイメントとしての映画だからこそ、果たせる役割は大きいことを実感させられる。そしてアッテンボローはそれをやってのける人である。 [review] (新町 華終)[投票(8)]
★5夜明けは遠い。まだまだ遠い。一体いつになったら近づくのだろうか・・。自分に出来る事って何だろう。  それは、”無関心でいない事”。 (marina)[投票(5)]
★5作品が商業主義的になった批判はあるだろう。でも、それ以上に、人種をテーマにした彼の姿勢に共感せずにはいられない。 [review] (のぶれば)[投票(3)]
★5一級の娯楽映画だからこそこのメッセージは伝わる。ラストの字幕、圧巻。 (さいもん)[投票(2)]
★5「正義」の映画。度重なる絶望的な状況にも譲れない正義と忘れられない友情を胸に希望へ向かい続ける姿に感動。久々に思った、映画って本当に素晴らしい。いつか人種にも国籍にも何にも囚われないような世界が来る日を望む。 [review] (HW)[投票(1)]
★5大合唱のシーンで大感動!じぃ〜ん (埴猪口)[投票(1)]
★5南アフリカのアパルトヘイトは廃止されたが、このような愚かな制度が20世紀の終盤まで残っていたという人類にとって悲しい事実。 (TM(H19.1加入))[投票]
★5マンデラ大統領就任の時にTVで聴いた、ンコシ シケレリ アフリカ<アフリカに神の祝福あれ>という曲のCDを2000年からだらだらと探し続けていますが未だに見つかりません。この映画でも使われているようなのですが、どこだか分かりません。すごく良い曲なので絶対に入手したいです。 (カレルレン)[投票]
★5最初はドナルド・ウッズが、いわば「ネタ的」に挑発するように記事を書いたように思えたことが、この映画への親近感につながり、構えずに見ることができました。以下、個人的な思い出です(しかも冗長)→ [review] (ユリノキマリ)[投票]
★5人間の尊厳、自由、生きることそのものの重み、家族、いたわり、、、すべてを表わす。素晴らしい出来。行き詰まる中にもさわやかな風を感じる。 [review] (セント)[投票]
★5自由を求める魂の叫び。この映画に込められたアッテンボローの切なる祈り,深い憤り。 [review] (しゅんたろー)[投票]
★5心に深く刻まれた映画 (ふりてん)[投票]
★5サントラが最高。 (coomin)[投票]
★5サントラもいいです。歌声だけで泣かされました。 (nene)[投票]
★4「エンドロールが終わるまで目が離せない映画」は昨今いくらでもある。「エンドロールそのものから目が離せない映画」は私の人生にとって、これが唯一。 (はしぼそがらす)[投票(3)]
★4この作品を見てから10年以上経った今でも、まだまだ夜明けは遠い。 (黒魔羅)[投票(2)]
★4他人の空き地に平然とマンションを建ててワガモノ顔する様なのが白人だな。この映画を、勇気を持って内部告発をした結果、不遇を味わった某運送会社の方に捧げる (アルシュ)[投票(1)]
★4遣り場のない怒り、止まらない涙、何も出来ない自分。 (poNchi)[投票(1)]
★4南アフリカのことを知れば知るほど、夜明けはまだ遠いことを感じさせられます。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4本当は主人公として黒人のビコを取り上げて欲しかった。彼のブラック・コンシャス・ムーブメントはアフリカの黒人達の意識を根底から変えるぐらいの力を持ったものである。囚役中のマンデラが若い黒人達の意識の変化に驚く箇所が彼の自伝に出て来る。ビコの哲学の影響で。 (USIU)[投票]
★4自由を叫ぼう。敢えてこう言わなくてもいい日の来るまでが、なんて遠い。 [review] (HAL9000)[投票]
★4誰もが自由になる権利があるはず。差別は人類が生み出した破滅情話。先を争う醜い部分が浮き彫りに勃発し怒りを覚える。秩序や法の意事の原点をどうして人は忘れてしまうのだろうか?本当に遠いです。哀しすぎて放心状態の中やるせない気持ちに涙した。 (かっきー)[投票]
★4「フリをしているんじゃないのか?」…医者にこう聞いた奴、あいつがこの世に実在したなんて信じたくない。 (カルヤ)[投票]
★4葬儀のシーンの歌声が胸にしみる。娯楽性を持ちつつも、真摯にテーマに向かいあう姿勢が素晴らしい。 (は津美)[投票]
★4ピーター・ガブリエルの名曲「ビコ」がより深く理解できた。 (Yasu)[投票]
★4デンゼル・ワシントンにこの映画でアカデミー賞をとってほしかった。なんとも生意気な指導者で敵はかなり多かっただろう。後半は手に汗握るサスペンスへ。 (KADAGIO)[投票]
★4静から動へ分かりやすい展開。テーマの重さが失われなかったのはエンタメとの節度ある距離感による。 (もーちゃん)[投票]
★4以前テレビで放映されたバージョンはカットが多すぎてメッセージが何も伝わりません。この映画は必ずノーカットで見てください。 (TS)[投票]
★4いい映画と思ってしまった、ということは娯楽映画なのでしょうか?わかりやすく人に伝えるということは、エンターテインメント性も必要なのでしょう。 (vinzee)[投票]
★3あの字幕も、ほんの一部にすぎないんだろうな。そう思うと怖い。70/100 (たろ)[投票]
★3タイトル、そして主題歌がアフリカの広大さと相まって秀逸。こんな大自然のある場所でも、やっぱりこんなつまらない争いをしていたのかと思うとやり切れない。誰かを下敷きにしないと自分の尊厳を守れない、そんな人間のいかに多いことか。 [review] (Myurakz)[投票]
★3アパルトヘイトが撤廃された後も差別は続いています。その意味でもまさに「遠い夜明け」でしょうか。 [review] (TO−Y)[投票]
★3映画作成の後、アパルトヘイト解放!・・よかったよかった・・ (バタピー)[投票]
★3中盤までは相当な緊張感だが、ラスト近くに突然挿入される虐殺シーンには疑問。やるなら違うところに挿入してほしかった。 (AONI)[投票]
★3主人公も「キリング・フィールド」と同じ傲慢さを備える素養を有していた。それゆえにラストに至る変心は真実のものであると願わずにはいられない。 (水那岐)[投票]
★3真摯な態度は保ちつつも、エンターテイメント性も持ち合わせている。ギリギリのところで成り立っている作品。 (マッツァ)[投票]
★3すごくいい映画だと思うのですが、なぜかそれ以上の感想が浮かばない。同じテーマを描いた『白く乾いた季節』の方が、主人公の家族も無知ゆえに差別をしてる姿を描いて鮮烈だった。 (mize)[投票]
★2アパルトヘイトについて、社会科教科書レベルの知識しか持っていなかった私に、大きなショックを与えた作品。しかし、後半の活劇調のエピソードのせいで、どこか中途半端な印象を持ってしまった。せっかくのテーマが散漫になってしまっているようで残念。 (かける)[投票]
★0テレビ放映92分、オリジナル158分、監督でも無い人間に1時間以上もカットされたものなど見ちゃいけない。ビデオ借りてきて観る事にします。 (stag-B)[投票]