コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] スターマン−愛・宇宙はるかに−(1984/米)
- 更新順 (1/1) -

★4ジェフ・ブリッジズの「これは人間ではありません。宇宙人です。」とでも言いたげな説明的演技(だからアカデミーの連中には受ける)が私には鬱陶しく思えるのだが、カーペンターのアクション演出は本作でも快調だ。列車の車両内に差し込む斜光など美しい光使いも見せる。飽きずに楽しめるがジプシーの車に同乗するところなど、全体にもう少しユーモアが欲しいか。3.5 (赤い戦車)[投票]
★3ハネムーン・ロード・ムーヴィ。しかし旅の最終目的は「別れる」ことであり、その逆説性が映画の軸を形成する。やや急ぎ足ながら語りは手堅く、車が正面衝突しかける場面のカッティング、その直後の人物と爆発をワンフレームに収めたカットなども魅せる。チャールズ・マーティン・スミスの男気もいい。 (3819695)[投票(1)]
★3カーペンター作品に愛と付く邦題に、宇宙はるかな隔たりを感じる (モノリス砥石)[投票]
★3余りに変哲もない物語が淡々と進むだけなので面白みに欠けるし、何より主役の2人に情感が乏しく、そのへんのおっさんおばはん然としていて切なさがこみあげてこない。でも、退屈しないのはカーペンターの職人芸なのであろう。 (けにろん)[投票]
★3いい奴はとことんいい奴、嫌な奴はとことんクソ野郎。この単純さがたまりませんな。 (LUNA)[投票(2)]
★4ロードムービーとしてもなかなか楽しめ、とても暖かい [review] (クワドラAS)[投票]
★2所詮アメリカ人にはこの程度の知恵しかないのか。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★4ジョン・カーペンターの持つSF趣味が、他人から良い意味で、引き出された映画。レイダース/失われた聖櫃の時より、本作のカレン・アレンの方が魅力的に見えました。 (kawa)[投票(1)]
★4あれだけスネーク・プリスケンにおちょくらせたアメリカをカーペンター監督が愛を持ってロードムービーに撮る!これだけで満足でしょう。 (----)[投票]
★4黄色信号で停車する度に、この映画のことを思い出します。彼には本音を隠せないのです。突っ走ってみたくなるのです。 (mal)[投票]
★4プレゼントが素敵。 (カルヤ)[投票(1)]
★4初めて見た時、号泣しちゃいました。低予算で、ジェフ・ブリッジスの演技もほとんど笑いの域だったんだけど・・・。 [review] (ざいあす)[投票]
★3カーペンター監督らしからぬタイトルに手を出しかねてました。内容は純愛モノのまっとう(?)な内容で、ファンとしては嬉しくもあり、ちょっぴり 寂しかったです。 (evergreen)[投票(1)]
★4あまりにジョン・カーペンターらしからぬ展開に驚き。しかしこれがなかなかの作品。アカデミーに本作でノミネートされたジェフ・ブリッジスがいい味出してる。全編に優しさがあってしかもファンタジック。カーペンターの作品にこんな形容ができるなんて。 (tkcrows)[投票(4)]
★4過去に見たときは感動したはず・・・最近見ての感想は、安い映画だなぁ・・・。 (かっきー)[投票]
★3カーペンター新境地模索中の一遍。なかなかいい作品です。それにしても邦題の寒さは何とかならんのか。 (地球発)[投票]
★0あのジョン・カーペンターが描く純愛(それだけで泣ける)。まるで、スピルバーグが『タイタニック』を撮ったようなロマンスと、レオス・カラックスが『ET』を撮ったようなSFと、ヴェンダースが『プリティ・ウーマン』を撮ったようなロードムーヴィ。 ()[投票(3)]
★4ジェフ・ブリッジスの演技は良いです。キスシーンは特に。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4ジェフ・ブリッジスがいいのです! [review] (ミルテ)[投票]
★2この映画でジェフ・ブリッジズ、アカデミー主演男優賞ノミネートなんだからアメリカ人もなかなか油断できない。 (cinecine団)[投票]
★3印象的なスコアがいつまでも耳に残る。控えめな感動なれど不思議な余韻を残す。予告編は出色。 (もーちゃん)[投票]
★2カレン・アレンには色気というものが感じられない。 (丹下左膳)[投票(1)]