コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 風と樹と空と(1964/日)
- 更新順 (1/1) -

★3方言や泥酔演技といい、旬をむかえた小百合のアイドル映画としては見所充分であり、愛らしさは頂点に達する。しかし順風満帆すぎる彼女の生活の実情、そしてつねに傍観者側に廻らされるその立ち位置から、深みある多喜子像とは映らなかったのが残念。「ミロのヴィーナス展」など時代背景はなかなか興味深い。 (水那岐)[投票]
★3吉永小百合の若さとその快活な存在感にのみ頼った作品である。吉永小百合の魅力を引き出す為にだけ存在する映画でもある。ただ、それが嫌味でも皮肉でもなく、とても良い。私は一世代遅れだがサユリストの末席に座らせてもらいたい。 (sawa:38)[投票]
★4大勢、俳優さんが出ているが吉永小百合の純朴な明るさの前に全員かすむ。こういうお茶目で活発な少女というのが小百合さんの実像にも一番近いのだと思う。歯切れ良い松尾昭典演出もあいまって実に活き活きとしていて楽しい。点数は全て小百合さんに献上。 (ぽんしゅう)[投票]