コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 大番頭小番頭(1955/日)
- 点数順 (1/1) -

★4ドロドロしたところのない、機知に富んだ人情喜劇。とにかくキャラクター造形が秀逸で、終盤、誠実な対話から生まれる心の交流はまさにハートウォーミングな心地よさがある。 (shiono)[投票]
★3大番頭(藤原釜足)は権威や権力ではなく矜持の人として描かれ、アプレ世代の大卒番頭(池部良)や若社長(伊藤雄之助)、女子高生(雪村いづみ)も「古さ」を否定しない。「大時代的なもの」を笑いつつ古いものへの敬意と優しさを欠かさない上品な喜劇。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
★3勉強中に歌い出しちゃう娘。その進行と間合い、そしてカメラが妙に滑らかで映画特有の奥深さを感じた。限りなくオーソドックスな喜劇系作品だけど、ちょこっとしたところでカメラが光る。何気に撮影が「上意討ち 拝領妻始末」の山田一夫さん、なるほど納得。 (リヤン)[投票]