コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ニセ札(2009/日)
- 更新順 (1/1) -

★2犯罪のワクワク感と、個々の役者のキャラクター性、人情に機微に訴える犯行動機、アナログな偽造の過程など、積極的には嫌いたくない雰囲気に充ちてはいるのだが。方言指導の不徹底。音楽のベタな挿入。実録物としての演出と解釈してもやはりしつこい字幕。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★3薄っぺらさはあるものの、観ていて楽しくないわけではない。ムラジュン格好いいし。 (あちこ)[投票]
★3めっちゃ下手糞。カメラワークにもカット割りにも間違いが多すぎる。そもそも村の「貧しさ」と「狭さ」を描けていないから物語は上滑りするばかりで犯罪喜劇が成り立たない。説明過剰で緊張感もまるでない。板倉俊之の回想なんて不要だろう。記念写真の使い方もなっていない。偽造工程を仔細に見せた点はよい。 (3819695)[投票(1)]
★2短くまとめたのはいいけど、だから何を言いたいのかよく分かりませんでした。良くも悪くも普通のお話でした。 (ぱちーの)[投票]
★3恩師かげ子(倍賞美津子)を慕う大津(板倉俊之)や、戸浦(段田安則)と小笠原(三浦誠己)の守旧感など、協力と対立のなか偽造団の面々の心情がそれとなく漂うキャラクター付けが上手い。余計な気負いやてらいなく、爽やかな小品に仕上げた木村演出にも好感。 [review] (ぽんしゅう)[投票]