コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 当りや大将(1962/日)
- 更新順 (1/1) -

★4舞台となる釜ヶ崎の猥雑なムードや、長門裕之の台詞回しが生み出すグルーヴ感も楽しいが、何と言っても凄いのは、映画のトーンを一瞬で一変させてしまう轟夕起子の怪演だ。この精神的パニック描写の凄味は半端じゃない。 [review] (太陽と戦慄)[投票]