コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] インセプション(2010/米)
- 更新順 (1/2) -

★5テーマ設定、夢中夢のコンセプトやストーリー上の工夫、映像表現・演技・音響、どれをとってもプロの仕事のレベルの高さに言葉を失う (miyabi108)[投票]
★2マトリックスに遠く及ばない [review] (pori)[投票]
★5要素の一つ一つは古典的だったり定番だったりで、特に新しさはないんだけど、屋台骨が強固で、各要素の組み合わせが巧い、技巧派娯楽作。「夢を説明する」とか、ホントなら野暮の極みなのにね。 [review] (はしぼそがらす)[投票(1)]
★2主題はフィリップ・E・ディック、雪山のアクションは007、妻への悔恨は『惑星ソラリス』、風車は『市民ケーン』ほか。エレベーター落下の退屈さは何なのだろう。 (寒山)[投票(1)]
★5やるじゃん、ノーラン。 [review] (がちお)[投票(1)]
★3今回のハンス・ジマー、ウザい。 [review] (ぐるぐる)[投票(3)]
★4主人公コブから生まれた妻の潜在意識がホラーの殺人鬼さながらに、主人公たちの任務を妨害しに現れるのは面白い。 [review] (わっこ)[投票]
★5CGがもはや一般的になっちゃったこの時代で、「もう絵的なインパクトじゃ、ビックリできないよね」と思ってた矢先にやられた。なんだこれ。 ()[投票]
★5見事にクリストファー・ノーラン監督の世界に引き込まれました。ラストシーンがまた映画の醍醐味って感じでいい! (deenity)[投票]
★5何回も見直しましたが良く出来ています。心地よい頭の疲れは苦痛だった受験勉強とは別種でもあり同種でもあったような。 (CROZY)[投票]
★4そして、結局主人公コブは現実の世界へ戻ってこれたのか? [review] (KEI)[投票]
★3映像はきれいだし、プロの淡々としたお仕事っぷりは素晴らしいのに(というかその分)、デカプリオの家族ネタが邪魔。 [review] (月魚)[投票]
★4プレビュー見た時はそれほど面白そうとは思わなかったのだけれど、見てみてびっくり。途中から、これは誰の第何層目の夢か?なんてことを考えるのを諦めたが、心地よいSF感覚に酔いながら、最後の「最後」まで楽しむことができた。 (Walden)[投票]
★4相当無理のある話だけど、ここまでやられるとね。今、現実と思っている世界だって実は夢のようなもの。 (りゅうじん)[投票]
★3妻子のエピソードなしでつくればもっと楽しめた。それより、主人公の所属している組織とか、渡辺謙の会社とか、丁寧に描くべき背景多数。前半部の説明セリフのあまりの多さに途中寝ちゃったよw (二液混合)[投票]
★4脚本や映像の完璧さに圧倒される。回り続ける駒のように均整のとれた作品。でもリンチのウサギ人間みたいなのが居ないと、夢っぽくないわけで、清潔すぎるわけで。 (夢ギドラ)[投票(1)]
★5変にこだわり過ぎずに娯楽作品としてみるべし。設定の細かいは深く突っ込まない、粗を探して見てはダメ。話のテンポも引きもいいしキャストもいい、娯楽作品として見るととても面白いと思う。終わり方も趣きがあっていいし。 [review] (狸の尻尾)[投票]
★1この監督の作風かもしれないが理知が勝ちすぎている。ややこしい設定に鼻白むばかり。時間を引き延ばせるという映画の特質をもてあそびすぎた印象。シュールに徹しきった脚本が出来なかったのだろうか? (ジェリー)[投票(1)]
★5繰り返し何度でも観てみたい映画。夢の階層によって演じている内容がバラバラなのにキックで収束する過程が面白い。階層によって時間の進み具合が異なるという発想も新しい。何より無重力シーンが圧巻だった。 (IN4MATION)[投票]
★4夢モノ・記憶モノにノレない私にも楽しめた。男性俳優がみんなオールバックなのもイイわ。 (MM)[投票]
★3レオの懊悩に「巻き込まれる」のは予定調和を避ける意味で良いとしても、最後まで引っ張って結局予定調和なのはある意味驚き。結局「何となく全てが巧くいった」その様子を呆けて眺める他なく、その過程にカタルシスを感じられず。映画に「ルール」を要求しすぎ。チーム・ディカプー、『パプリカ』に完敗。画の密度は買う。 (DSCH)[投票(2)]
★3渡辺謙は良かったが。 [review] (solid63)[投票(1)]
★1つまらなさと、理解できない自分悔しさに、なぜか涙が出た。エレン・ペイジってなんかミニ・シアターぽい雰囲気の女優さんだと思ってたので、ハリウッド大作の画面にもちゃんとマッチしていて感心。 (はっぴぃ・まにあ)[投票]
★3荒唐無稽の話なので何でもありだけど・・・ついて行けなかったよ。 (RED DANCER)[投票]
★3趣向に凝った娯楽秀作。3層目の雪山のアイツが強すぎたり、4層目で待ってた嫁さんがシュート仕掛けたり、細部はやたら面白い。 [review] (ペンクロフ)[投票(5)]
★4「深く」とか「下」とかは俗流ユングだとかいってもはじまらない・・・ [review] (バック・フィーバー)[投票]
★5多重的なストーリーとシーン構成を絶妙に整理してグイグイと見せる。これほど複雑な構成をエンターテイメントと成立させてしまっているのが凄い。 (すやすや)[投票]
★5大いなる“ハッタリ” 予算が少なければ、名画になっていたか?! [review] (ころ阿弥)[投票]
★3まめぐるしい展開が結構疲れます。(2010/12/31) [review] (chokobo)[投票(1)]
★3仕組みがやっと分かってきたところで、どうやらクライマックスらしいと気付いた。 [review] (モロッコ)[投票(3)]
★3いやいやマーフィー君、そんなに感動されても(苦笑) [review] (カルヤ)[投票(2)]
★4そして、現実とは何だったのだろう。 (YUKA)[投票]
★4全編フルスロットルの怒涛の展開だけに緩急の調子はよろしくない部分がある。正直飽きてくる。 だがそれでも相当に力のある作品だ。映画史的な事件とまで云えば大袈裟だが「『ブレードランナー』級のグレート・ムービー」ぐらいは云ってもいいかもしれない。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★4非論理的なことを考え抜く能力って、凄いなァと感心した。 [review] (G31)[投票(1)]
★3だからノーランってばちゃんと俺の『パプリカ』review 読んだのォ? ☆3.7点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3エンドロールが流れた瞬間おもわず舌打ちしてしまった。 [review] (kaki)[投票]
★3夢にしては整然としすぎているのが不満。夢の名を借りたパズル。 [review] (かるめら)[投票(2)]
★3最初にコマの意味が説明された時にラストシーンが想起できたが、それは裏切られることなく画面に再現された。ただ結論はどちらでもいいように。夢の迷宮にしてはどうも浅いような気がしたし、これなら自分のみる夢のほうが凄いやと思ったり。 (minus-zero)[投票(1)]
★5ある程度のキャリアと実績が出来ると、みんな夢作品を撮りたくなるのだろうか。 しかし凡百の作品と違い、この作品は秀でている。 [review] (Sputnik0827)[投票]
★3アイデア以上のなにものも生み出すことができなかったSO-SOムービー [review] (junojuna)[投票(3)]
★4薬やって彷徨ってる系。だがその繊細な感覚の映像表現たるや特級。1度見ただけじゃ細かいところまで吟味できなかったので、もう一度見たい。 (cubase)[投票]
★2ただそこにいるキャラクター達が、とりあえず何かゴチャゴチャと動きまわってました。 [review] (観苦念)[投票(3)]
★3映像はおもしろい。 [review] (疑話)[投票]
★4脳みそをフル回転しながら観とりました。これ以上難しくすると「斬新なんだけどねぇ・・・」と、皆さんの点数が激減すると思う。そのさじ加減に脱帽。 (かずま)[投票]
★3わざわざ人の夢に潜り込んでまでやるほど大げさな犯罪だとは思えない。あと何かに付けて奥さんだの子供だのと、うるさいよ主人公。正直言ってメンバーの中で主人公が一番無能に思えた。 ()[投票(1)]
★4お願い、もっと弱く回して。 (らーふる当番)[投票(2)]
★3人の夢の話って意外とつまらないものでしょう。それを延々と見せられた感じ。 (青山実花)[投票(2)]
★4これって、あれだろ。要は、ジャンキーがオーバードースしてバッドトリップしたって話だろ。たいそうな。 (muffler&silencer[消音装置])[投票]
★3不可能作戦を遂行するプロ集団のリーダーが個人的事情に拘泥してウジウジして展開が間延びし、どっちつかずで尺だけ長い。夢だから何でも有りとは言え4段階の夢中夢の舞台設定に伏線のかけらもない。あるのは絵づらの趣向のみでアホらしい。 (けにろん)[投票(14)]
★4がんばれ!脳内映画! [review] (不眠狂四郎)[投票]