コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 獄門島(1977/日)
- 更新順 (1/1) -

★3決定的に重要なのは坂口良子のコメディ。散髪屋の娘で割烹着姿が素敵。なんでもっと観せてくれないんだろう。昭和の快優佐分利信最後の主演作だがどうでもいいのである。 [review] (寒山拾得)[投票]
★4大原麗子「わたし島から出たことがないんです… 連れ出してほしい… 冗談です」 古今のあらゆる萌えを凝縮したような場面に悶え死ぬ。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★3なぜ俳句になぞらえなければならないのか謎。横溝作品は手毬歌だの俳句だのに囚われ過ぎだと思う。 [review] (IN4MATION)[投票]
★4前2作が予想外の成功をおさめてしまった市川崑の悩みに悩んだであろう苦労が垣間見れる作品だが…。 [review] (ナム太郎)[投票(1)]
★3やっぱり市川崑はセンスあるわぁ…! [review] (づん)[投票]
★3音楽がひたすらカッコイイ。金田一さんが走ってドラムがダダダー。 (夢ギドラ)[投票]
★3結局僕は犯人が誰とかトリックがどうとか、「いや、そんなにセリフでくどくど説明されても騙されないでしょ」と呟きたくなる破綻ギリギリのプロットとか、そういったものにはたいして興味がないことがよくわかったよ、わかってたよ。 [review] (のらぞんざい)[投票(4)]
★3人物を限定しストーリーを凝縮したわりには、前作『悪魔の手毬唄』で描かれた狂おしい程の性が不在だった。薄っぺらいトリックに作品が振り回され、描くべき人物像を描き切れなかったから、とってつけたようなラストの種明かしの「宿命」も琴線には届かない。 [review] (sawa:38)[投票]
★4大原麗子は、あの声で得をしてるんだか損をしてるんだか?私の様なファンには魅力的なんですが、客観的に見ると物語のしっとり感や重さを失わせているような…。 (カレルレン)[投票]
★3 1977年という年に大原麗子という女優をロリータ・キャラクターとして造形し、オタク集客を企図したという点において途方もなく先駆的な作品ではないか。少なくとも私は狂喜したことを覚えている。と同時にこの映画は市川崑版『秋日和』なのである。 [review] (ジェリー)[投票]
★3今観ると驚きの豪華キャスト、そしてそれぞれの演者のエグ味たっぷりの熱演が狂気を醸し出す。そんな中、取ってつけたようなアイドル女優的な役柄の大原麗子が場違いに見える。そして設定も無理あり過ぎ。広げた大風呂敷を畳めなかったという印象。 [review] (ダリア)[投票(2)]
★3初めて市川崑の金田一を観た。 [review] (ドド)[投票(1)]
★3のっけから不吉な死神役を買って出る金田一先生。しかし実際には、コメディリリーフがかなり幅をきかせている。石坂=金田一と上條恒彦の無精髪対決も楽しめます。 [review] (くたー)[投票(1)]
★3原作があっての映画化ですが、私は到底この話は受け入れられそうにありません。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★3隔絶した孤島、復員兵、血の因習と期待して見始めたが、途中からどうもトリックの方に気が行ってしまって人間ドラマ的な面にのめりこめなかった。 [review] (あき♪)[投票]
★3石坂浩二の金田一シリーズ3作目。準備期間が短かった為か、シリーズ中、もっとも観客を置いてけぼりにし暴走する犯人像。シリーズ魅力の悲しみ、田舎の因習、作品に漂う切なさの薫りも薄い。キャストが豪華なだけに空回り感が一番切なかったり。海のロケーションは素晴らしい。 [review] (TOBBY)[投票]
★4シリーズ3作目にして、物語を紡ぐことに少し注力し始めたように思う。それにしても佐分利信はいつも佐分利信だ。あれは和尚じゃなくて佐分利信だ。 [review] (Myurakz)[投票(10)]
★3太地喜和子さんの驚異的な演技力・存在感に驚く。そのおかげか、他の絢爛たる演技陣が霞んで見える。原作自体に魅力がない(個人的に)ため、せっかくの坂口良子投入も全体的な底上げにはならなかった。 [review] (トシ)[投票(3)]
★3血は流れるが血の通わないトリック。この犯人にしてこのトリックあり? [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★5これは市川崑による『砂の器』だ [review] (ペペロンチーノ)[投票(7)]
★3大原麗子のうるわしい表情と、ピーターの妖しいたたずまいを堪能してください。(坂口良子もかわいいけど) (わさび)[投票(1)]
★4撲殺だろうが絞殺だろうが屍の唇の端からひと筋の血を流させずにはおけない市川の美意識と、思わず笑っちゃう黄門様のご乱行。金田一シリーズは、いつも本編とは関係ないところでわたしたちを満足させてくれる。 (はしぼそがらす)[投票(3)]
★4たくさん邦画を観た後で再見したらキャスティングの豪華さにド肝抜かれた。三馬鹿姉妹に対する演出はお宝的可笑しさはあるが映画的には遣り過ぎだと思う。パッ、パッと目まぐるしいカッティングと<能>ファンキーな音楽がサスペンスを盛り上げます。(『悪魔の手毬唄』のネタバレを含む) [review] (町田)[投票(3)]
★3原作の雰囲気も見事に再現され、石坂浩二の金田一も風格が備わり、シリーズも円熟の境地に達した感がある。映像と原作の雰囲気が、これほど違和感なく受け入れられるシリーズ作品は、稀有だと思うし、抜群の安定感には目を見張るものがある。 しかし、だ。見終わっての感想は、「憤り」。 [review] (ことは)[投票(1)]
★3三谷昇の踏み切りのエピソードにニヤリとし、振袖三姉妹の狂乱カッティングに息を呑む。草笛光子の華麗さと下卑さのギャップに凄みを感じ、大地喜和子ピーターの右往左往ぶりも面白い。部分部分は冴えているのに全体としては今ひとつ。 (ぽんしゅう)[投票(6)]
★2確かに画面の美しさ、役者達の狂気の演技など、見るべき点は多いんだけどねえ。やっぱり物語上の無理がどうしても見え隠れしてしまって… [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★3コントラストきつめの映像がおどろおどろしい感じを上手く出している。ただ、やっぱり早いうちから犯人が割れてしまうのが弱点。[Video] (Yasu)[投票]
★3前半に関しては快調な市川節も後半になるにつれテンポが落ち、ただ単に物語を語るに終始していく。興行的戦略だけに眼目を奪われ、無理矢理の別犯人を仕立て上げて、物語の本質を蔑ろにするとこうなってしまうのだ。 (けにろん)[投票(7)]
★3石坂浩二の金田一耕介を初めて見た作品。あのひょうひょうとした感じが良い。 (紅麗)[投票(1)]
★4石坂浩二の金田一は今で言うと癒し系の探偵か。頼りなさがまた良い。清水巡査役の上條恒彦がいいアクセント。このシリーズは安心して観ていられる。 (モモ★ラッチ)[投票(1)]
★2ごめん、これはトリック的にだめな映画なんです。その他はまずまず。 (みそごま)[投票]
★4ストーリーに難があっても補えるだけの演出力と役者がこの頃にはいたなぁ。 (直人)[投票(1)]
★3このシリーズの中ではトリック的にはよくできていた。 (クワドラAS)[投票]
★4原作と違うのは犯人だけでなかった。大原麗子演ずる早苗の心情。細かい事だが原作でジーンとなる場面、鐘撞きが早苗に持っていかれたぞ。しかし、大滝秀治の演技はいつみても良いなあ。 (みかりん)[投票]
★3友人がトチ狂い、つり鐘の場面でフラッシュ撮影。学生服で他人のふりも出来なかった。横溝作品はこんな思い出ばかり。 (アルシュ)[投票(1)]
★2金田一ものとしては、イマイチだけど、黄門様でしかしらない東野さんの役者としての一面をみて、そのスゴさにおどろきました。 (Shrewd Fellow)[投票(1)]
★3石坂浩二の回想シーンのカット割の仕方が面白い (TOMIMORI)[投票]
★4石坂金田一シリーズ初体験。こんなに古い映画がこんなに格好いいなんて。石坂さんイカすー!…でも後半は確かにちょっとテンポ落ちたかも。(笑) (東海林)[投票]
★4草笛光子は凄い!これは彼女と東野英治郎の映画だ。 [review] (3WA.C)[投票(6)]
★4石坂金田一の第3弾。原作と犯人を変えてあるため、作品の構成に無理が生じている。だが、それを補って余りある脇役の存在感に注目したい。鏡に映るピーターの妖美さ、太地喜和子のしたたかさ、大滝秀治の凄み、東野英治郎草笛光子小林昭二・・・。謹んで彼らに4点をささげる。 (木魚のおと)[投票(5)]
★3市川崑金田一の中では面白くないほうかな。ちょっと長い。 (Cadetsファン改めジンガリーLove)[投票]
★2市川昆の金田一作品の中では一番にダメ。キャスティングも妙。ラストにおけるどんでん返しも短絡的な物になっている。佐分利信や司葉子が勿体無い。大原麗子は大根。 (入江たか男)[投票(1)]
★3おどろおどろしい雰囲気がいい。ただ真相判明後が,ダラダラとやけに長い。 (ワトニイ)[投票]