コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アベンジャーズ(2012/米)
- 更新順 (1/1) -

★3マーベル素人の私は、最初に‘絶対悪’が出て来たので、単なる善と悪との闘いかと、期待しなかったが、そこそこ楽しめた。とても分りやすい脚本。高度な兵器があるかと思えば、殴り合いもあり、人間、いやヒーローも最後は体力と痛感しました。 (KEI)[投票]
★3まあこんな感じの映画だろうなと思って見始めたとはいえ、ヒーローチームは仲間割ればっかりしてるし、悪役は風格が無いし、さすがにちょっと。正直ロキよりハルクの暴れっぷりの方が怖かった。 ()[投票]
★3ちゃんと作られたお子様ランチ。そう思うと満足感高し。童心に帰って楽しめる。 [review] (ロープブレーク)[投票(3)]
★3ハルクが途中から理性的になるけど… (二液混合)[投票(1)]
★3アイアンマン2.5』以上でも以下でもない。他のキャラクター、ハルクぐらいしかよく知らないし。ただ、空飛ぶ空母はちょっとかっこいいと思った。 (IN4MATION)[投票(1)]
★3とっちらかっている印象が残ってしまうがマーベルヒーローが好きな人たちの為のファンムービーだからお祭りができれば物語の深さなど二の次。それぞれのファンがそれぞれの応援が出来ればそれで目的達成なのだ。彼らの招集過程を大幅に端折っている割には無理やり感が少ないのは立派だがロキの悪役としてのスケール感がなかったのは残念。続編決定らしいが、このクオリティを最低限維持して欲しい。 (tkcrows)[投票]
★4知らんのもいたが、皆それぞれキャラクター(能力)に応じた活躍の場が与えられ、かつちゃんとお話になってるのがご立派。 (G31)[投票]
★4暴れるハルクに大笑い。お笑い担当決定。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★3日本でいう学園ドラマ・・・ [review] (ドデカプリオ)[投票]
★5ハリウッドよ、これがアメコミだ [review] (がちお)[投票(2)]
★3何だかんだでアイアンマンの映画。ロバート・ダウニーJr.に敵うわけないか。 (カルヤ)[投票(1)]
★4これだけのメンバーがそろったのなら、ちゃんとエドワード・ノートン(エリック・バナでもとりあえずはOK)に出演してほしかった。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4うーん、これは良く出来てる。前半の登場ヒーローの前触れがさすがこれだけ多人数だと整理するのに気を使ったけれど、いよいよ団結してからのくだりは見せ場が全員公平で立派、しかもCG超グンバツ、これを見せられ何をか言えよう、、。 [review] (セント)[投票(2)]
★1無理無理。勘弁してよ。 [review] (neo_logic)[投票(1)]
★5足掛け4年のアメコミ計画集大成。おまぬけな展開があったとしても突っ込むことは無粋。だってお祭りなのだから。関連作が未見でも話を追うことはできるが、とは言え没入して観るにはせめて予習はしたいところ。 (ぱる)[投票]
★3「日本よ、これが米国だ」 [review] (YO--CHAN)[投票]
★3噂には聞いてたけど…デイッスカッション、なっが~!アクション映画でのデイッスカッションシーンは大概にしてほしーです。 (リア)[投票]
★3うーん、ストーリーは予測できるけど、見ると結構面白いよって何人かに言われたので期待したけど、予測通りのストーリーと予告編以上のものが無い映像でした。 (stimpy)[投票]
★4本作の最大の功績とは、ちゃんと一つ一つの作品がヒットした後で作られたという一点だろう。よくぞこの時まで作るのを待ってくれた。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3期待が大きすぎた分マイナスになっちゃいました。3Dの技術もまだまだですね。 [review] (ヤッチ)[投票]
★3幼稚園に投げ込まれたみたい。 [review] (きわ)[投票(1)]
★33.8。期待されていることをほぼ完璧にやり遂げ、あわよくば「それ以上」を狙わんとする志の高さも感じられる。派手だが退屈な「イベントムービー」だろうと高をくくって見に行ったが、しっかり作られた堂々の「娯楽映画」だった。 [review] (MSRkb)[投票(9)]
★3なんか実力差のある超人たちの凸凹チームで見せ方が大変…、ってどこかで観た事あるような。。。☆3.3点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3誰か、仮面ライダーとウルトラマンとゴジラとその他大勢の特撮ヒーローを統合した脚本を作れないものか? [review] (代参の男)[投票]
★5「日本よ、これが映画だ。」 こんなキャッチコピーをつける映画は大抵はずれなんだよな〜と思って観てみたが・・・。 [review] (Gala)[投票(2)]
★3ハチゴービスタである。アクションやスペクタクルをアッピール・ポイントにしたハリウッド・ブロックバスター・ムーヴィがシネマスコープをチョイスしないのはレア・ケースだ。ディレクション業にかけてはTVがメーン・フィールドらしいジョス・ウェドンにしてみれば扱いやすいサイズということかしら。 [review] (3819695)[投票(2)]
★3この手のはビジュアルでのアイデアに期待するんだけど、新味はゼロかな。そしてキャプテン・アメリカにグッとくる [review] (HAL9000)[投票]
★5アイアンマンは自由自在に飛びまくり、ソーもハンマーの反動(?)で飛び、ハルクは力任せに大ジャンプ。けどキャプテンは地上を頑張って走り回る…。どうしても地味な画ヅラになる彼を思わず応援したくなるのは、私だけではないはずだ。 (takamari)[投票(4)]
★4卓越した指揮能力を発揮、市民を助ける真面目なキャプテン・アメリカ、攻撃を掻い潜りながら空を飛び回るアイアンマン、スーパーパワーで敵をなぎ倒すハルク、雷を呼び一気に殲滅するソー、こういうのが観たいというのがきちんと映像化されているのがいい。 [review] (パピヨン)[投票(3)]
★3IMAXの3Dで鑑賞。前からも後ろからも、上からもいろんな物が飛んできてたいへん面白かったでス。 (もがみがわ)[投票]
★5精緻なフィギュアのジオラマ的ミディアムショットの安定と宮崎駿的アクション演出のキメの快感が交錯する中、旧ハリウッド籠中の凸凹コンビの応酬を軸に全うした脚本を久々に感じた。ダウニー主戦だがスカヨハレナーも良いとこ持ってくよ。 (けにろん)[投票(2)]
★2アメコミに思い入れのない私には面白さが最後までわからなかった。昔、東映まんが祭りでやってた『マジンガーZ対デビルマン』みたいなものと思えばこういう映画もありなんでしょうけど。 (月魚)[投票]