コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ムーンライズ・キングダム(2012/米)
- 更新順 (1/1) -

★5徹底したシンメトリーな構図と縦横無尽なトラベリング。特に横移動カットの多用。アクション場面の漫画のような簡潔なカット割り。超ロングとアップカットの対比。このようなウェス・アンダーソンの画面の特質が、少年と少女の逃避行という題材とマッチし、もう全てが奏功したと云いたいぐらいの、とてつもなく可愛い映画だ。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4理屈倒れになりかねない過密な美術は、はっきりと方向を限定されるゆえに運動の徴候を持ち得た画面やキャラクターと劇伴の歩調によって彫琢され、移動をしている実感をともないながら、空間と感傷の旋律線を形成する。 [review] (disjunctive)[投票(3)]
★2期待したほどの毒気も無ければ、作劇に型破りな要素も見当たらず。そうなると画作りの様式美もスケール感を削いでいるだけのように感じられてくる。豪華キャストを惜しむことなくムダ使いする心意気は買いたいが…やっぱりちょっと勿体ない。双眼鏡娘のただならぬ色気だけが収穫。 (緑雨)[投票(1)]
★4センスが好きだなぁ。愛がある。 (あちこ)[投票]
★3絵作りはいつも通りのウェス・アンダーソン。ただこのストーリでは、見ている側の私が大人の為、彼らの行動には先が無く、あるいはバッドエンドを予想させるために鑑賞中の精神状態がマイナス方向に向いてしまう。洒落乙ないい大人がバカなことして泣き笑い。そんなところに彼の作品の良さはあるのだと認識させられた作品。 [review] (Soul Driver)[投票]
★4真・『小さな恋のメロディ』。偏執的に端正な画面と対比して、子どもの「純粋さ」を軸に、予測不可能な「不穏」が漲っている。この不穏が世界を瓦解させ、やはり「不穏」により再構築される。納得だし「純粋=不穏」の表現は刺激的だが、知った話とも思うし、この監督さんにはもっとキャラに肩入れした、しょっぱくもほろほろ温かい情緒を求めたい。ちょっと巧すぎる。 [review] (DSCH)[投票(4)]
★4浜辺のシーンがやたらエロい。 (パピヨン)[投票(1)]
★5潔癖すぎるまでの構図や美術を始めとした世界観、笑わない低温な人物群などがタチを思わせるが、境界超え寸前の猥雑なエロティシズムや狂気手前の偏執も混在してる。ミクロな世界で閉じてるかに見せつつ、実はマクロな世界の変容を暗示する。したたかだ。 (けにろん)[投票(4)]
★5抑制のきいた色彩。シンプルな話をまばゆく展開させる噴出力。全体に物悲しいタッチ。これぞまさに人生を凝縮させたかのようなとても大切にしたい僕だけの絵本です。一枚ずつめくりアンダーソンの世界を旅しよう。 [review] (セント)[投票]
★5初期作にみられた毒やスノッブ臭さは薄まりつつも構図・色彩・カメラワーク・スロー等作家性は維持し、演出力自体も更に向上がなされていて、乗りに乗った無敵感さえ漂う。ウェス・アンダーソンは名実共に現代アメリカ映画を代表する監督に成熟した。一様なアップの撮り方に疑問を持つ部分もあるが、子供たちの顔つきが皆良いのでよしとしよう。 [review] (赤い戦車)[投票(5)]
★4投げられたブーツに対してノートンのリアクション。最高っす。82/100 (たろ)[投票]
★4島やキャンプという閉鎖空間で、まして関係性が破綻した大人たちを前にすれば、サムとスージーの意志の純度はより増すのだ。その純度が接着剤となって関係性を再構築する。W・アンダーソンの定規で測ったような形式主義が「虚」を「実」に「魅せる」映画マジック。 (ぽんしゅう)[投票(3)]