コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] グランド・マスター(2013/香港)
- 更新順 (1/1) -

★3なんだかんだ話題になることも多いけど、ウォン・カーウァイ作品って今回が初めてです。確かにキレイだけど、説明も長くて少し退屈。単純な話しなんだからもう少しわかりやすく説明して欲しかった…。 [review] (stimpy)[投票]
★3カンフー映画を観にいったつもりが実はカンフー映画ではなかった。いや、結構絵的に好きな場面は多かったのに 微妙に不完全燃焼な。よく考えれば監督ウォン・カーウァイ なのだし気がつけ自分。 (かるめら)[投票]
★3画づくりはそれなりに美しいが、アクションではカメラが近すぎてごちゃごちゃした感じもする。もっと引いてもよかったのではないか。ただチャン・ツィイーの駅での決闘シーンだけは出色。 [review] (シーチキン)[投票]
★5ど素人のトニーをカット割りとスローで修飾したのではなく、カーウァイの必然としてそうなった。魂は逸らしてない。武芸に秀でても普通人な葉門を翻弄する時代の流れ。流れに抗して潰える高潔な魂ツィイー。ダダ漏れな情緒に浸りきる背徳的快楽。 (けにろん)[投票(1)]
★3擬似サーカスもどきの空中浮遊武闘よりも、今どきミュージカル風の多ショットアクションの方がまだ好み。列車による、これでもかの時間の引き延ばしも見事。ただ、本来のカーウァイらしさであるメロドラマ×年代記との噛み合わせが悪く映画全体の高揚感が不足。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4実は本作も『夢二』のテーマがかからないかとずっと思いながら見ていたのだが、今回は代わりに『それから』でした。でもこのチャン・ツィイーの少女時代の回想シーン、いいですね。この映画、概して東北部の場面がいいです。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★3何これ。顔だらけ。9割方、顔のアップ。それしか撮るものがないのか?んなわけないでしょ〜。残りの1割も、十年一日の如きいつものウォン・カーウァイでした。 (ツベルクリン)[投票]
★2あの汽車は何両あったんだろう? [review] (パピヨン)[投票]
★2冒頭からスローの多用と降りしきる雨の効果で何をやっているの見づらく、まともにカンフーアクションを見せる気は無いのかと憤るも、監督がウォン・カーウァイであることに気がつき、最初からアクションが主題ではないと今更ならが気がつくのであった。 (ガリガリ博士)[投票]
★2実在の人物を描いた作品ゆえもあるだろうが、説明台詞が多くて乗れない。この期に及んでこの程度のアクションを撮ろうと思った意図が不可解。トニー・レオンってのも今更感アリアリだし。 [review] (緑雨)[投票]
★3映像は悪くない。しかし、あのやたら強い床屋は一体何なのだろうか。本来の尺より短縮されている印象がどうにも拭えない。これまで一人称のモノローグを他用して映画を作ってきたカーウァイは今回武術界の歴史を描くにあたり、それを抑えよりスケールの大きい視点に挑戦したようだ。しかし、その試みは失敗していると思うのだがどうか。 [review] (赤い戦車)[投票(2)]