コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 天河伝説殺人事件(1991/日)
- 更新順 (1/1) -

★3岸惠子の画面を支えれる演技だったり吉野や能舞台の撮影は良いんだけど、金田一と比べると意表をつけてない。 [review] (----)[投票(1)]
★3岸部一徳って能面いらないよね。 (TOMIMORI)[投票]
★3「謎解き」と「旅情感」に欠ける2時間サスペンス。榎木孝明や加藤武らが演じるキャラの魅力だけが幸い(個人的には石坂浩二がGOOD)。 [review] (おーい粗茶)[投票]
★2どうしても組合せ的に比較してしまうが、石坂浩二=金田一耕助と榎木孝明=浅見光彦で、前者は狂言回しに徹するが後者は謎解きの主役になってしまう。単発で終わったのはこの辺にも一因がありそう。 (カレルレン)[投票]
★3内田康夫の原作をそのまま横溝ワールドへはめ込んだだけ。市川崑の映像美に酔いしれたものの、従来の石坂金田一物と作りは大して変わらず、結果として作りの「粗さ」が目立ってしまった作品。ただ、加藤武さんは相変わらず助演の手本となる芝居。 (牛乳瓶)[投票]
★2行きましたよ、奈良の奥地の天河村まで! でも、普通に温泉のある静かな村でした。映画は暗くて、出演者の顔が病的に白い印象だけです。 (ぱちーの)[投票]
★4う〜ん・・・苦しいが岸恵子に免じて4点だ! (直人)[投票]
★3榎木孝明台詞が軽すぎ。財前直見若い。加藤武最高の役者! (トシ)[投票]
★2映画にする必要性が全く感じられない。2002.12.15 (ハイズ)[投票]
★1よしっ、わかった。 [review] (Smoking Clean)[投票(1)]
★3出演俳優のランクを見ると顛末の察しがつくという、毎度お馴染みの事件の構図。偶然も必然のうちとばかりに、なりふりかまわず話は進む。ならば後は市川崑の奥行きの深い画作りと、心地良いカッティングを楽しみながら物語の終焉を待つのみ。 (ぽんしゅう)[投票]
★3アノ原作がここまで形になったのは崑監督が『犬神家の一族』15周年を記念して作ろうと乗り気になったから。この後、崑監督の作風は・・・・・・。 [review] (3WA.C)[投票]
★2キャストを見て、あまりにも本命すぎるので除外した人物が犯人だった。犯人を任せられるのは、この人しかいないんですけど。僕にとって浅見光彦といえば水谷豊です。 (AONI)[投票(1)]
★2原作の内田康夫が、年に10作以上発表して、最もテンぱってた時期の作品の映画化。 [review] (Kavalier)[投票(5)]
★3榎木孝明の浅見光彦はしっくりとくるが、原作の圧縮版という感じで、やむを得ないとはいえ、内容をもっと深く掘り下げてほしかった。事件ファイル1と銘打ってあったのに映画でこれ一作きりとは残念だ。 (ことは)[投票(1)]
★2浅見光彦シリーズは犯人当てではないので、それを期待、またネタにするのは正しい楽しみ方ではないと思う。では正しい楽しみ方とはナニか? → [review] (木魚のおと)[投票(5)]
★2作品はしょうもないけど、地元が舞台になるというので気になっただけ。ほとんど金返せ映画 (にゃんこ)[投票]
★2映画としても、推理ものとしても最低だけど、岸恵子さまの美しさがはなまる! (Shrewd Fellow)[投票]
★3なんで主題歌が明菜ちゃんの歌の方なんだ。関口誠人の方のが数倍怖くて良いのに。榎木孝明さんはいいですねえ。好きですねえ。 (WaitDestiny)[投票]
★3雰囲気だけが好みだった。推理ものとしては機能して無い気が。 (雪汁C)[投票]
★2クソ原作がやっとマシになったって気が……。 (ひるあんどん)[投票(1)]
★4なかなか、楽しませてもらいました。岸田今日子さんは好きだなぁ。 (あまでうす)[投票]
★3これはもう市川崑の自己パロディー。 (ペペロンチーノ)[投票]
★5岸恵子最高! [review] (bozo)[投票]