コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 64-ロクヨン-後編(2016/日)
- 更新順 (1/1) -

★3映画の結末どうこうより、時速90キロで爆走する白のソアラに燃えた僕をお許しください…。。70/100 (たろ)[投票]
★2後半の模倣64のネタバレが早すぎる。WOWOWドラマの方が数倍マシ。キャストが豪華なだけにもったいない。 (IN4MATION)[投票]
★2★2.5脚本が作り込んでいる割には説得力がない。感情のあり方がどうもよくわからない。言葉で説明しないのはいいが、表情のアップ見せればいいてもんじゃないだろ。つまりは見せ方が悪い。それで役者が生きてこない。ドラマの役でなく、役者の存在感に頼っている、と見える。見せ場はいくらでも作れたと思うが。 (ぱーこ)[投票(1)]
★3「刑事はそんなことも解んねえのか」との浩市の嗚咽は友和他の頭上を上滑る。映画はそこに収斂するようには仕組まれてない。『砂の器』的な情への浸り方が出来ぬのならいっそ言わせぬ方がいい。機構側の男達の多くの屈託もその構成の断層に埋没した。 (けにろん)[投票(2)]
★2ドラマ版と比較する必要はないのだが、全然別の物語になっている。映画版は例えるなら大人のお子様ランチ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3前編が「忍耐の巻」なら後編は「ブチ切れの巻」のはずが、話しが組織(警察)から個人(娘)に移行するにつれて、どんどん湿気が増してきて女々しさの洪水。いっこうに怒りの導火線に火が付かず、涙、涙のお父さんたちは、どんど焼きの炎を前にくすぶり続けるのでした。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★2前後半に分けたことで中だるみ、最後は無理に収束した感も否めない。細部まで監督の目が行き届いていない印象も。俳優の質が揃っておらず、佐藤浩市の早口が裏目に出る(セリフがわかんないぞ)。前半の緊張感が薄れ「学芸会」レベルになった。 (jollyjoker)[投票]