コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 愚行録(2016/日)
- 投票数順 (1/1) -

★4画面に温度(温もり)のようなものがあるとすれば、過去は常温で、現在は徹底した低温、いや脱温で描かれる。撮影監督ピオトル・ニエミイスキの無機な質感と大間々昂の不穏な旋律が石川慶の脱ウェットな語り口を支え、邦画の悪しき慣習の打破を試みる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3回想パートに関しては事件に関係のないエピソードも面白いのに、現実パートの魅力が弱いのが惜しい。 [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★3最初っから最後まで妙な違和感。今の日本のどこにでも潜んでいる重苦しい雰囲気が産み出す狂気みたいな描き方しているけど、やっぱり特殊な人々で特殊な出来事じゃない?いや、だから映画になるんだけどさあ...。 [review] (K-Flex)[投票(1)]
★3見せ方の良さと見せ方の悪さのダブルパンチ。 [review] (deenity)[投票(1)]
★3学内ヒエラルキーに囚われた人々を描くが相対化させる一般人が不在で気持ち悪い。胸糞悪い連中を殺すのは良しとしても、その気持ち悪さを映画はもうひとつの要因で上塗りし物語は有機連鎖しない。愚行の事象が並列配置されただけだ。画面繋ぎは高度に意識的。 (けにろん)[投票]