コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] キングコング:髑髏島の巨神(2017/米)
- 点数順 (1/1) -

★4大怪獣決戦映画としてなかなか楽しかった。ゴジラと放射能が切っても切れないように、キングコングはマッチョにしてグラマー美女と切っても切れない仲だというのがよくわかった。つまり、放射能があればゴジラだし、グラマー美女がいればキングコングだ。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
★4久しぶりのジェットコースター感。 [review] (HAL9000)[投票(1)]
★4地獄の黙示録』と怪獣映画と諸々のオタク要素、エヴァとかゲームとかサミュエル・L・ジャクソンの映画史的な立ち位置とかを一緒くたに煮込んで作った闇鍋。味は下品だが、奇跡のバランスで喰える味に。演出もB級感をわきまえて上品な演出一切なし。ピージャック版よりもこっちのほうがいいなぁ。 [review] (すやすや)[投票(1)]
★4「怪獣無法地帯」な設定は最深部の琴線に触れるが巨大水牛・巨大蛸・巨大蜘蛛・巨大七節と色々出てきた挙句コングの相手は又かの巨大蜥蜴。米映画のジャンルのトラウマ的病理を伺わせる。時代設定をベトナム戦争終結間際に置きロックがガンガン流るのが良い。 (けにろん)[投票]
★3最終盤の怪獣バトル以外に見応え無し、だけどそんなものはオリジナルコングでは序盤で済ませているわけで、ありていに言って期待外れ。ただし水牛はすばらしい。 [review] (月魚)[投票(1)]
★3怪獣満漢全席で愉快。ただジャンルを受け継ぐ覚悟はあっても、新しい何かを創りだす気概はないとお見受けする。水牛はとてもすばらしい。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★3まあ楽しい映画なんだが、地獄の黙示録ミーツ怪獣映画って聞いてて俺が勝手に期待しすぎた感は正直あった。地獄の黙示録なとこはあくまでビジュアルのイメージソースとして、というところなので。 [review] (MSRkb)[投票]
★3お約束とお遊びと、やり過ぎ感で満足の映画。☆3.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3巨大シャバーニは漢のロマン。 [review] (deenity)[投票]