コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] リメンバー・ミー(2017/米)
- 点数順 (1/1) -

★5これは今年ベスト級、というより生涯アニメ映画のベスト級かもしれない。それくらいこの作品が表現したことをテーマにした作品と出会いたかった。 [review] (deenity)[投票(4)]
★5ぼくを、わたしを、おぼえていてほしい。誰かが誰かであるために、必要な記憶。それは弱さでも強さでもあり。煩わしさであり喜びでもあり。つまり呪いであり、祝福であり。家族と人の陰と陽、その二面性が、「陽気でカラフルな死者の国」と「音楽」という絶好の二面的装置で語られる。死者と生者の間には、無数の「赦しのひとひら」が降り積もっている。そのマリーゴールド・オレンジ、記憶の温かさと切なさ。傑作。 [review] (DSCH)[投票(3)]
★5圧倒的な美しさと、強く納得する物語。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★5何度も涙腺がゆるみ、涙があふれた。満点しかない作品。だけど… [review] (週一本)[投票(1)]
★4生者の誰からも思い出されなくなることで死者は真に死を迎える。誰もが直感的に理解できるそのテーゼを作劇の根幹に据えたことこそが慧眼。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4映画をみながら自分の祖父祖母、あるいは亡くなった懐かしい人を思い出していた。 [review] (なつめ)[投票]
★4なんか、死んだ方が幸せなのかな。 (ばかてつ)[投票]
★4ピクサー・ディズニーは鉄壁な表現力。話★4 技術★5 キャラクター★4 [review] (ぱーこ)[投票]
★3映像と音楽は素晴らしかったし、実写じゃないのにメキシコに行きたくなりますね。でも、わたくしは魂の汚い人間なので、この物語に感動はできないのです。 [review] (もがみがわ)[投票(1)]