コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] レッド・スパロー(2018/米)
- 投票数順 (1/1) -

★4アクションへの傾倒を封じ地味&鈍重な駆け引きに終始して重厚なジャンル新機軸を打ち出せた感がある。単線で突きすすむ展開も卓袱台返しに近い大技で反転させた。ジェニファー得意のケバメイク&スッピン往還も良だが2大名優の使い切った感も半端ない。 (けにろん)[投票(1)]
★4これ、主役は『愛の嵐』のシャーロット・ランプリングジェニファー・ローレンスがよい先生というか先輩にめぐりあって、ますます才能が開花したという映画。これから観る方はシャーロット先生の名講義をしっかり聞いてくださいね。 (カプリコーン)[投票(1)]
★4思いがけず重厚な映画。誰の力も恃まず、自力で道を切り開くしかない状況に適応していくスパイの、脆さや儚さみたいな部分まで、ジェニファー・ローレンスが熱演。 [review] (G31)[投票(1)]
★3ジェニファー・ローレンスを見るだけでも価値がある。もちろんナイスなボディではなく演技ですよ、演技(笑) [review] (deenity)[投票(1)]
★4何が本当のことなのか、何がどうなっているのか、登場人物が何を考えているのか、よくわからないままに物語が進む。そしてこの「よくわからんなあ」というのがスパイ心理戦ものサスペンスの魅力なのだろうなあ。 [review] (シーチキン)[投票]