コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 朝が来る(2020/日)
- 点数順 (1/1) -

★5原作既読。かなり丁寧に映画化されてて好印象。原作省略部分の選定や、キャスト、撮り方に至るまでかなりハイレベルでした。93/100 [review] (たろ)[投票(1)]
★5子を受け入れることに向かい理解と慈しみを深める夫婦と子を手放すことで瓦解していく少女。各々の物語は分断され関係性に捉われない。だが両者は交わり破綻へ向かう。未来への希望など見出せる訳がない。なのに河瀬は隘路をぬって光明を呈示してみせた。 (けにろん)[投票(1)]
★5自然すぎる浅田美代子の演技を筆頭に、すべての演者が素晴らしい。柔らかい映像を維持しつつ非常な現実を織り込んでくるのが実に効果的。たぶん今もこの「日常」はどこかで起こっており、子役の彼の無垢な瞳が世の中の矛盾を突いてくる。この家族と「母親」の幸福な未来を願ってやまない。 (tkcrows)[投票]
★4河瀬直美にしては優しい眼差しを最前面に出した映画だなあ。 [review] (K-Flex)[投票(1)]
★4諦めていた“もの”を手に入れた者と、手に入れた“もの”を失う者。互いの「幸福」という道理の末に生じた心情の移ろいが“風と光と海”の揺らぎをモチーフに綴られる。引き継がれた“もの”とは「幸福」ではなく、境遇を超えた共通の「思い」だという気づき。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4河瀬作品はメジャーでは安定した映像が見られる。恐らくいつもより抑えているのであろうと思う。だから登場人物の心理に比重がかかるように持って行く。 [review] (セント)[投票(1)]
★4美しい風景が、つらい物語を和らげる。抜群のカメラワークで、四季を織りなす光景を観るだけでも価値がある。 [review] (シーチキン)[投票]
★3逆光を取入れた画面が多い。だが、本作の逆光は、かなり明確に、幸福を象徴している。例えば、最初に強く意識させられるのが、永作博美井浦新が、「ベビーバトン」のセミナーに参加するシーン。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3有明の空、奈良の森、広島の海など、風景が非常に美しく、重たいテーマを和らげている。そして風や木漏れ日などの光の扱いも素晴らしい。 [review] (jollyjoker)[投票]