コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 日本侠客伝 浪花篇(1965/日)
- 更新順 (1/1) -

★3少女のように可憐な女郎八千草薫が輝きを放ち南田洋子の色香が匂い立つ。これぞ「おんな」あっての男劇にこだわるマキノ節。大友柳太郎の悪党ぶりに勢いがなく、巻き舌関西弁が迫力の鶴田の葛藤が際立たないのが残念。健さんは村田英雄の露はらい。 (ぽんしゅう)[投票]
★3日本侠客伝』第二作。いまだ健さんの印象が薄いだけに、大橋巨泉と並んで喪黒福造を演らせたい役者である村田英雄の安定感ばかりが印象に残る。やはりマキノ雅弘は大立ち回りが巧い。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★3脇の長門裕之南田洋子村田英雄の活躍が主演の健さんを喰う。そして八千草薫の尋常ではない美しさにただ目を見張っているうちにゲストの鶴田浩二がいいところを全部持っていく。健さん不本意なり・・・ (sawa:38)[投票(1)]
★4村田英雄のコブシの効いた歌と、長門裕之他のムチャクチャな関西弁の印象が強いッス。 [review] (もしもし)[投票]
★3任侠映画っていろんな要素が入ってるけど、ダメ男の妄想ってのも確実にあるね。八千草薫にモテる寅松(長門裕之)とか・・・。 [review] (G31)[投票(1)]
★3マキノの労働者映画は常に弱者の視点から描かれているから嫌味がない。今回は所在無さげな八千草薫と、どっと構えた村田英雄の二大ゲストが実に巧く機能してる。 (町田)[投票(1)]