コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 時計じかけのオレンジ(1971/英)
- 投票数順 (1/8) -

★5キューブリック版「新約聖書」。 [review] (おーい粗茶)[投票(37)]
★4マム。ダダ。もう僕のガリバーはホラーショーだよ。アルトラ大放出のイン・アウト合戦!ああ、カッター銭恵んでくれよ、兄ちゃん。 [review] (まー)[投票(34)]
★5キューブリックが黙殺した第21章について(’02・8・27) [review] (ごう)[投票(21)]
★5断言する!僕はジーン・ケリーの『雨に唄えば』が大好きだ!だが「狂気に満ちた雨に唄えば」も大好きだ!あのギャップが恍惚の世界へと誘う入り口なのだ!嗚呼、二重人格万歳! [review] (さいた)[投票(20)]
★5天才の狙いは、未来への核抑止力ならぬ映画抑止力。随分、予言が当たっている部分があるが、人類は、この映画をコピーするのが、こっぱずかしくて、未来の退廃の進行度が少し納まった、気がする。世界に広げようレインボウ・カラーのトレランス(寛容)の輪! [review] (いくけん)[投票(19)]
★5お父さん、お母さん。ごめんなさい。こんな映画、目からよだれが出るほど大好きです。 (ろびんますく)[投票(16)]
★5雨に唄えば、を聞くとジーンケリーではなくあのシーンが蘇ります。 (NOB)[投票(15)]
★4かくして「時計じかけのオレンジ」は誕生した。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(13)]
★5「次元が違う」という言葉はこの映画のためだけにある。 (ドド)[投票(11)]
★5これに★4以上つける人は根っからの<ヘンタイ>。 (muffler&silencer[消音装置])[投票(10)]
★5じつに不思議なタイトルである。「時計じかけ」はともかく…何故ゆえ「オレンジ」?時計じかけだから腐らないしかじらなければその正体もバレはしない。だが…食べられないオレンジに何の意味がある?無機物化した有機体に対する痛烈な皮肉。 (ガブリエルアン・カットグラ)[投票(9)]
★4なにも難しく考えなくてもいいんだ。廃講堂での大乱闘で、フライングボディアタックで飛んできた奴をイスで迎撃したら、イスがバラバラになった! この映画面白すぎる! (ペンクロフ)[投票(9)]
★5これほど他人に薦めたくない、自分だけのもの!という映画はないです。 [review] (新町 華終)[投票(9)]
★5アレックスとベートーヴェンはある意味同類。邪悪な心と崇高な音楽は対立しちゃうけど、ともに純度100%!のホンモノ。 (KADAGIO)[投票(9)]
★5「因果応報」だ。この世の運命の螺旋から我々は逃れられないのだ。その現実がベートーヴェンの交響曲とともに特大フォントで迫ってくるイメージ。そして理性はノックアウト。 [review] (terracotta)[投票(7)]
★4犯罪者をいかに無害化できたとしても、被害者が抱く憎しみは潰えない。いづれ憎しみは暴力へと変わる。ここに憎しみと暴力連鎖の縮図が見えるように思えた。オレンジに込められた意味が、オレンジ党というのは考えすぎか? [review] (Pino☆)[投票(7)]
★5大好きだった『雨に唄えば』が更に大好きに!噛めば噛む程味が出る、まだまだ噛み続けたい作品ナンバーワン。 ()[投票(6)]
★1たとえどんなにこの映画が評価されようとも、私は許さない。芸術だと?何やってもいいのか。 (みくり)[投票(6)]
★3「あなたにおすすめ」に登録されていたから見たけど・・・。 [review] (ゆう)[投票(6)]
★5梅毒で聴覚を無くしても、悪戦苦闘の上で演奏し、人間の魂のかなりの奥まで到達したベートーベンという音楽家と同じく、キュープリックもこの「時計仕掛けのオレンジ」で、原作の予言的な書物を前人未到の鬼作とした。現代のホームレス襲撃事件を25年前に予言していたとは。 [review] (nepiron)[投票(6)]
★3中高生の頃なら熱狂できそうな映画だが、今みるとさほど大したモノでもない。演出は良いとして脚本に特出したものは観られない。取り合えず、この映画が好きだと言っておけば映画通の仲間入りが出来た気分になれる作品だという事は確かなのだが。 [review] (ヴォーヌ・ロマネ)[投票(6)]
★5この映画の旋律が、衝撃が忘れられない。 [review] (JKF)[投票(5)]
★5この映画に良い評価をしている人は「単なる変態」ではなく「インテリ変態」です。 [review] (づん)[投票(5)]
★4マルカム・マクダウェルの暴力とセックスの日々にともすれば快哉を叫びたくなる、危険な誘惑に満ちたフィルム。ダリとベートーヴェンがここまで淫猥に、グロテスクに歪められる瞬間を目撃することができる。 (水那岐)[投票(5)]
★5私は「娯楽作品」だと思ってます。じゃないと、コワすぎ。。。 (緑雨)[投票(5)]
★5あ!現代日本のオバハン達に蔓延している「ファンシーカラー染め」を見事に予言してるぞ、この映画!<違 [review] (4分33秒)[投票(5)]
★3誰に同情することも、誰を好きになることも、誰に感情移入することも許さない映画 [review] (パッチ)[投票(4)]
★4圧倒的な映画的描写力 [review] (ぱーこ)[投票(4)]
★5「歓喜の歌」に導かれる邪悪な衝動。自己のちっぽけな欲望の充足に、思わず口ずさむ「雨に唄えば」。ひとの心の端ともう片方の端を行って帰ってくるアレックスに、人間らしさは見出せない。人は罪悪と正義の間を不安定に、彷徨い続けるしかないのでしょう。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
★3金八先生!出番ですよ! (sunny)[投票(4)]
★4三田さん、息子さんにこの「ヤク」をあげてください。合法的です。 (ビビビ)[投票(4)]
★5快感。脳がゾクゾクする。 (は津美)[投票(4)]
★5この映画は悪魔。私は魂を魅入られてしまった。 (movableinferno)[投票(4)]
★5’71年の映画だというのに、いつ観ても”新しい”のは何故だろう。 (まグ)[投票(4)]
★4性格は、変えられるか?変わることがいいことか?極端な主人公を通して自分であることの意味を問いかける作品。 (スパルタのキツネ)[投票(4)]
★5この映画大好きだっておおっぴらにいうと、嫁の貰い手がなくなりそうで・・・。 (はしぼそがらす)[投票(4)]
★5暴力?ファッション?なめんな! [review] (つゆしらず)[投票(4)]
★5オレンジは皮を剥かなきゃ中身が見えない。原作という皮をかぶったこの映画も、一皮剥けば見えてくるのはキューブリックのカラクリじかけ。アレックスの最後の台詞を全否定すべく、キューブリックが仕組んだ時計じかけの原作アレンジとは? [review] (たわば)[投票(3)]
★5猫ババァをチ○ポで一撃!! カッコいい!! [review] ()[投票(3)]
★5これに5点をつける自分は大丈夫なのかと心配になってきた。 (つちや)[投票(3)]
★2シネスケでの評価が抜群によいからといって、正月に家族でこの映画を見てはいけない。 (ミウ)[投票(3)]
★5”文部科学省選定”どうでしょう大臣!ダメ?ダメなの?良いと思うけどな〜 (フランチェスコ)[投票(3)]
★5クラッシックを聴くのに、何よりも最高のバックグラウンドムービー。威風堂々等痺れます。 (MUCUN)[投票(3)]
★5この主人公の少年、確かに悪い。でももっと悪いのは、そんな彼らの無軌道な性癖をずる賢く理解して、彼らをなだめすかして上手く利用し、自分の手だけは決して汚さないような作意を施す、影の俗物どもである。 (takud-osaka)[投票(3)]
★4キューブリック流アンチ・ユートピア、オレンジ風味。自分一人でこっそり楽しみたい映画。アレックス役のマルコム・マクダウェルと美術さんに5点。 (若尾好き)[投票(3)]
★2キューブリックの映画がなかなか理解できません。誰か助けて〜〜! (大魔人)[投票(3)]
★5好きじゃないよ またエグリ出されたよ この人に (starchild)[投票(3)]
★5暴力とクラシックの融合。危険だがはまった時は恐ろしく気持ちの良いもんだと実感。 (Kanbeman)[投票(3)]
★5意味が全く解らん!しかしながらあの色彩、あの映像、あの音楽、クール過ぎる。あーヤバイ・・・意味が解らんのに・・・ホラーショー! (ゾラゾーラ)[投票(3)]
★4暴力を描くのは難しい。被害者側だけから描くと本質が見えなくて説得力ないし。これは加害者側から描き暴力も否定していないが、その凄まじさに暴力賛成派になる観客はいないはず。 (mize)[投票(3)]