コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] パリは燃えているか(1966/仏=米)
- 点数順 (1/1) -

★5フランスにとって非常に複雑な思いを持つ第2次世界大戦。その一端を垣間見た気がした。(久々に本気で長いレビューを) [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★5タイトルが素晴らしい。そこには焦り、畏怖、そして大国を相手にした人間の驕りが現れている。出演費が高騰した現在、こんなオールスターキャストは不可能かも知れないが、当時はこの布陣を見て「ギャラはいくらでもいいから出させてくれ」と言った中堅は多かっただろうな。役者としてこの作品に出ていることがステイタス。それが全然嘘ではない出来。 (tkcrows)[投票]
★4「花の都」パリが、もしかしたら消えていたかも知れなかったとは・・・・・。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4各国ともこの手の映画は歴史教育のためにも1本は製作しておかないとね!それにしても凄いキャストのオンパレード!ストーリーがコマギレになるのは仕方が無い。 (sawa:38)[投票]
★3史上最大の作戦』に並ぶ海外版忠臣蔵(年末特番オールスター)。嗚呼あの人もこの人も。やんややんや。 (はしぼそがらす)[投票(2)]
★3もう、ぼーぼーです。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
★3ルネ・クレマンの「いっぱい」シリーズ。「将軍がいっぱい」 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★3フランスのいちばん長い日』なんだろうけど、戦勝国は明るいなぁ…。 (カレルレン)[投票]
★3オールスターで主人公探しが混乱。焦点が定まりません。実写フィルムの使用も、だからどうした感。しかし、エッフェル塔、ルーブル美術館、ノートルダム寺院が現存するありがたさが分かりました。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票]
★3あのラストのように、本当にヒトラーは電話口で怒鳴っていたと思う。 (タモリ)[投票]
★3ゲルト・フレーベ(『ゴールドフィンガー』) と オーソン・ウェルズのツーショットは圧巻だね。横綱対決? (ジョー・チップ)[投票]
★3パリ解放を果たしたフランス軍よりも、独軍の将軍のほうに感情移入。 (Yasu)[投票]
★3アラン・ドロンジャン・ポール・ベルモントが戦争映画で競演するなんて、全く信じられないことでした。 (chokobo)[投票]
★3キャスティングがすごい。淡々としつつアクションもありつつ長さをまったく感じさせない。 [review] (ハム)[投票]