コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 砂の惑星(1984/米)
- 点数順 (1/2) -

★5でっかいウ○コみたいな親分が宇宙を横切っている映像がサイコー。 (靴下)[投票(3)]
★5誰が何と言おうと私の中では5なのだ!と一番主張したい「砂の惑星」なのだ!というのは世間からもリンチからも評価されてないようだからなのだ…(ショボン) (は津美)[投票(2)]
★5どのシーンも、大好き。ぬるぬる感、ざらざら感、じゃりじゃり感、かさかさ感などが、そのままフィルムになってる感じ。リンチ自身が作業ドライバーとして登場するが、その一生懸命な表情が、なぜか、すごい印象に残る。ショーン・ヤングは、『ブレード・ランナー』のレイチェル役のほうが好き。 (エピキュリアン)[投票(1)]
★5SFではダントツです。何回見たことか。 (のりβ)[投票]
★5見る度によくなってくるのが不思議・・・最初見た時は「入場返して(涙)」という気持ちで一杯だったのに。 [review] (YO--CHAN)[投票]
★4大忙しに突っ走って行くストーリー、誰も気にしない所に力入れすぎのセット。ベッソンの『フィフス・エレメント』と双璧をなす鬼才デビッド・リンチのマヌケSF超大作。 [review] (HW)[投票(4)]
★4連続テレビドラマの総集編のような感じになっているところが残念です。 (TS)[投票(4)]
★4最近のCG使いまくりなSF作品にくらべ、みおとりしないね。いいものはいいのだ。 (kazya-f)[投票(3)]
★4いろいろとカッコイイ。デヴィッド・リンチのスーパーセンス炸裂! [review] (ヒエロ)[投票(2)]
★4当時、映画館に併映観たさに3回通いました。おもしろいとは思わなかったけど、あの独特のいやーな感じが癖になってしまいました。 (kaki)[投票(2)]
★4この映画の感想をDUNEマニアの友人に喋った時の、その友人の顔は見物でした。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★4こんにちはデビッド・リンチです [review] (てれぐのしす)[投票(1)]
★4すごい!めちゃめちゃお金かかってる!これだけお金かけてるのに、チープなテイストのほうに目が行っちゃう。商業映画理論からすると失敗作の代表だ。でも、はまるよなあ。。。 [review] (mfjt)[投票(1)]
★4粘膜のような触手に体中まさぐられ、毛穴が全開しちゃうようなリアリティ。 (ジェリー)[投票(1)]
★4かっくいいじゃん。世間で酷評されている理由もわからんではないけど...。 (カフカのすあま)[投票(1)]
★4カクカクのポリゴンシールドが無茶苦茶かっこええ!あとスタートレックのおじさんも見所ですね!! (aimak)[投票]
★4衣装、セット、人物、それら全てがリンチ監督独特の世界観と相まって、何ものにも影響されていない、「地球上には存在しないが、宇宙のどこかには存在しそうな」世界を作り上げている。せめて3部作程度にしてじっくり描けば、黒澤映画の色が濃い「スターウォーズ」シリーズとは違い、明らかに特異なSFシリーズになったはず。 (タモリ)[投票]
★4筋はよく分からなかったがSF映画としては上々の出来ではないでしょうか?『ネバーエンディングストーリー』等に見られるような稚拙さは皆無に近い。 (24)[投票]
★4細かいところに力入れすぎ。スティング…若い。あのシールド、吹き出さずにはいられません。 (SurfTheDeadCity)[投票]
★4巨大な水槽に入っている宇宙協会(だったか)の会長さんのファン。 (ジョー・チップ)[投票]
★4偉大なるリンチ=おバカSF映画。視直してみたら「ウウウゥゥゥ〜,ワッ!!」が意外にショボかった。もっと迫力あったように思ったんだけどなぁ。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★4怪しい画面に引き込まれる…スティングかっこええ〜! (Henri Le Dix)[投票]
★4リンチの作品ではこれが1番好きかなあ。TVシリーズのツィンピークスもいいけど。いかれたハードロックの兄ちゃん全員集合みたいなデザインがいい。 (ぱーこ)[投票]
★4不思議と音楽の印象がやたら強い。原作読んでないけど、ストーリーより映像を当時楽しんでいた記憶がある。 (BRAVO30000W!)[投票]
★4ジョン・カーペンターあたりに金のかけたB級映画としてリメイクしてもらいたい。 (LUNA)[投票]
★4原作を知らないので幸せかも。 [review] (kinop)[投票]
★4万人受けしなくていいや(ってできるわけないけど)という作品。めちゃめちゃ好きです。 (マルタダ)[投票]
★4美術と衣装に4点。 ()[投票]
★4映画としては「5点」だけど原作を大きく下回っているので4点です・・・ [review] (考古黒Gr)[投票]
★3部屋の中が散らかって、足の踏み場がなくなって、もうだめだ。 (夢ギドラ)[投票(2)]
★3長い原作をまとめようと言うのが、どだい無理。リンチらしい所も有るのに、全体として希薄。これこそ、スターウォーズみたいに、3部作にしてしまえばよかったのに。 (Carol Anne)[投票(2)]
★3未来の原始時代みたいな話しでした。 (chokobo)[投票(2)]
★3原作ファンにもリンチファンにも何となく納得いかない出来だというのはわかる。宇宙を統べる皇帝の住む豪華な宮殿の床が、何故か一昔前の体育館みてーな緑のリノリウムだったりとかそういうところは大好きなんだけれど。 (はしぼそがらす)[投票(1)]
★3偏執的に凝縮されたような映像と、空疎でカスカスのそれとがせめぎ合い不思議な感覚を醸し出している。ドラマ部分の総集編的まとめ方は致し方がない。 マックス・フォン・シドーはあれだけの出番でよく出演したなあと感心する。 (トシ)[投票(1)]
★3くどいほどボソボソモノローグ。くどいほどゴシック調。そして、あのパイプをつけるとどんな美男子も美女もオバカさんに見えてくる。だって鼻毛みたいなんだもの。そんなディテールばかりに目が行きます。 (chilidog)[投票(1)]
★3“浮かぶデブ”とか所々アイデアを凝らしていてハデだが、スケールが壮大過ぎて感情移入しにくい。 (氷野晴郎)[投票(1)]
★3複雑多岐で超絶長大な原作は『LOR』並の構想力で企画されるべきだった。ハルコネン男爵の造形を見ても奇形に偏愛するリンチのセレクトは魅力的だが全体を統べる者がいなかったということだろう。ロマンティシズムが決定的に欠けている。 (けにろん)[投票(1)]
★3劇中の「スパイス」の熱に浮かされたようなリンチの鋭敏で変態的な五感を、強制的に共有させられる。この拷問的事態が面白いかと問われれば、やはり面白いと答える(五感が優れた映画はいい)。主題たる「スペースオペラ」は二の次感が甚だしく、あらゆるセクションでの怨嗟の声が聞こえるようだが、迷作の愛嬌が半端なく、忘れられない一本になっている。 [review] (DSCH)[投票]
★3原作を知らず予備知識もない僕はあまりに急展開なストーリーを追うことが出来ず、画面全体に溢れる変態臭さを味わうくらいしか残された道はないのでした。 [review] (れーじ)[投票]
★3ザ ドピュットリンチ (fiddler)[投票]
★3イメージ的にこういう映像を予算をかけて撮るのは現在無理でしょう。だから歴史的価値はある。現在にも影響を与えているイメージも随分あるでよう。でも物語がさっぱり解らない。 (----)[投票]
★3字幕が簡素化され過ぎているためか、ストーリーは理解し難い部分が多かった。が、映像と音楽は見事。特に独特の映像は、まるでレンブラントの油絵を見ているかのような雰囲気で、この世界の異様さを際立てている。 (Pino☆)[投票]
★3見どころはスティングの短剣技だけ。大袈裟なストーリーについていけなかった。 (ダリア)[投票]
★3原作とリンチの映像は見事マッチ!となると、リンチ面目躍如のボスキャラとボディスーツが好き嫌いの分かれ目。 (笹針放牧)[投票]
★3宗教映画??? (june)[投票]
★3わたしにとって、デビッド・リンチカイル・マクラクラン=「この上ない最高の組み合わせ」のハズなのに・・ダメだった・・。20年近く経ったことだし、もう一度観てみたい。評価変わるかな・・★が減らない事を祈る。 (marina)[投票]
★3カルト映画としてなら面白い。ピカード艦長ちょい役で出演。 (hiroshi1)[投票]
★3心臓のドレインコック!!痛々しくも僕の中ではそれだけが鮮烈に残ってる(かなり好印象).あのシーンでは自分もフッと貧血になった気がするのです.そして,それを見ておののくスティングが激若い. (じぇる)[投票]
★3斬新な攻撃に目を見張りつつも、 [review] (大魔人)[投票]
★3描きたいモノと描きたくないモノの区別が非常にハッキリしている。実に潔いカントクです、デヴィッド・リンチ。 (水那岐)[投票]