コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] スキンレスナイト(1991/日)
- 投票数順 (1/1) -

★5青春はいつの間にか始まり、ふと気づくといつの間にか終わっている。望月六郎が描く、その消滅点を探す加山(石川欣)の心の彷徨に痛いほど共感を覚える。男が清算し失う夢と、これから得る現実は等価である。いや、そうあって欲しいと思う。 (ぽんしゅう)[投票]
★4映画つくりたいなーと思っている人には、結構イタイ映画かも。村西とおると思わしき監督に嫉妬するあたりも、同業じゃないけどシンパシー感じた。裸の出てくるシーンがちっともエロくないのは監督の照れか? (すやすや)[投票]
★4メジャー映画にはない、映画に対する熱い思いが伝わってくる作品。「伊豆の踊り子」が撮られた旅館が出てきて、この監督の「伊豆の踊り子」なんだと言わせるセリフがあり、納得しました。 (かふ)[投票]