コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ドリヴン(2001/カナダ=米)
- 点数順 (1/3) -

★5波瀾万丈を生きた男が描く世界は、こうも魅力的なのか。 [review] (mimiうさぎ)[投票(6)]
★5F1じゃなくて、架空のインディの世界なんだね。男達の友情映画。どいつもこいつも憎めない。みんないい顔してらぁ。。。女達も個性豊か。ただ、CGクラッシュシーンが多すぎて辟易。 [review] (IN4MATION)[投票]
★5カートが通過してスカートがめくれる…って「ミニスカポリス」かよ! (ガガガでらっくすSP)[投票]
★5スタローンかなり浮いてますが、いいんです。この映画に必要なのはスピード感と音響による「サーキットどこでもドア体験」モノホンには敵わないけど、休日にコーヒー飲みながらの一時を。 [review] (Jogen)[投票]
★5赤いペガサス読んでたら面白さ倍増です♪ (ぢるぢるちゃん)[投票]
★4ゴメンね、結構、楽しんじゃった♪←前半寝てたクセに☆=4かよっ!? [review] (ボイス母)[投票(13)]
★4なにっ、脚本=シルベスター・スタローン? どこがやねん! [review] (黒魔羅)[投票(10)]
★4やるな、スタローン。今こそ、『ロッキー6 聖なる戦い』を撮るべきだ。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(9)]
★4正直言ってモータースポーツの何が面白いのかサッパリわからない、ただのスタローンファンの感想 [review] (ペンクロフ)[投票(7)]
★4兄貴と主人公の心のすれ違いと微かな兄弟愛がいいじゃないですか。話の大筋は派手で単純でバカだけど、ところどころリアルに切ない感情が見えてくる。さすがスタローン、私は彼の脚本が大好き。2002.4.8 (鵜 白 舞)[投票(6)]
★4これが男の生きる道。(スタローン流) [review] (あき♪)[投票(4)]
★4“俺は人を感動させたい” 少年のように純粋な情熱…それこそが表現者にとって最も大事なもの。シルベスター・スタローンには、何が無くとも、それがある。 (kiona)[投票(4)]
★4ただのアクション。ふつーに楽しめた。悪い評判聞いてたから面白く感じました。 [review] (ねこすけ)[投票(2)]
★4カートだからね。F1じゃないからね。だからあんなことできるんだからね。 [review] (BRAVO30000W!)[投票(2)]
★4気取ったダンディズムとは無縁のレニー・ハーリンの「オヤジ浪漫」、サーキットに狂い咲くセクシー美女。これまでは「スタローン×カーレース」と言えば『デスレース2000』だったけど、これからは断然『ドリヴン』だね、きっと。 [review] ()[投票(1)]
★4結構ワクワクしたわい、人ができているスタローンなんてなんだか違和感あるがそれも面白かったし (マツーラ)[投票(1)]
★4エステラ・ウォーレンでかいね。ケイト・ウィンスレット系だ。 (J・ロウくん)[投票(1)]
★4「走った、僕の筋肉は熱く燃え、血管にはバッテリー液が流れる…」(『ファイト・クラブ』) [review] (LUNA)[投票]
★4ストーリーはでたらめなのに、なぜかおもしろかったのは、やっぱいい男がかっこつけてるからだろうなあ。それだけで映画が保っちゃうところに4点。 [review] (月魚)[投票]
★4黒子はあまり前にでないように。 [review] (HAL9000)[投票]
★4レニー・ハーリンのあの画作りが好きなので、4点。それにしても、日本のレースが鈴鹿だったらあの大都会シーンはなかったな(東京じゃ遠すぎるし、三重にはあんあとこない)。レース会場ショットが比較的長いところには東洋人が多くても、短いショットになると西洋人が増える謎。 [review] (SUM)[投票]
★4F1とCARTの違いはわかりませんが、スタローンがいつもと違って人間味のある脇役だったことはわかります。 (ゆかわりょう)[投票]
★4やっぱり、お外で遊ばないと、健康には成れません。ゲームなんかしてないで、映画なんか見に行かないで、太陽と風の元、スポーツマンになりましょう。 (Carol Anne)[投票]
★4乗りが良くて最後まで飽きさせない映画でした。スタローンが脇役って言うのも新鮮で良かった。 (nezu2002)[投票]
★4ひさしぶりに素直に笑った。 [review] (海苔)[投票]
★4ストーリーはありがちだけど、とにかくミュージックが最高!!映画館で見てよかった。 (ジョーダン)[投票]
★4劇場で観た分、アクション点にプラス1。またドラマとしてもまずまず。 (東海林)[投票]
★4何の迷いもないバカが揃っての男祭りは幸福な結合を果たして純粋映画の域に達する。ハーリン演出のケレンも行き過ぎてダレる手前で危うく抑制され頃合い。スタローンもいい身の置き所だ。どっかの映画じゃないが「何て気持ちのいい連中なんだろう。」 (けにろん)[投票]
★4上映時間が短く感じられました。単純に面白く、さわやかな終わり方。突如始まるシンクロには度肝をぬかれました(笑) (ついまっど!)[投票]
★4言いたいことはネタばれしてしまいそう。 [review] (tenri)[投票]
★4展開が好きだった。ポンポンポーンって感じ。レースも迫力があってかっくいかった。でも、やっぱり何故か少し眠くなった。 (Shinjix)[投票]
★4ストーリーはイマイチだけど、最後のレースが始まる前のシーンと音楽がすっごく良かった。キップくんにメロメロ。 (hamming)[投票]
★4最高のハッピーエンドです!F1ファンになりました (まのじん)[投票]
★4セナ、プロスト時代のF1が好きだった人にはおすすめ!でも期待はしないで下さい。ティル・シュワイガーはかっこいい〜♪ (ByeByepoo)[投票]
★3映画とは関係ないんですが→ [review] (ぴち)[投票(16)]
★3スタローン頑張って脚本書いたんだ…。文句なんか言えない。 [review] (ドド)[投票(12)]
★3スタローン、「番長」から「影番」に。けどやっぱり仕切っているのはあなただ。 (ina)[投票(10)]
★3カート疑似体験の迫力は満足。スタローンの活躍でストーリーが犠牲になっているなんてこと、誰も本人には言えないよね。#追加 デジタル処理(01.08.25) [review] (らいてふ)[投票(10)]
★3レースの駆け引き!レーサー達の契約の駆け引き!女性達の恋の駆け引き!あれは何!日の丸プール… [review] (torinoshield)[投票(9)]
★3ガラスを粉々にする程の威力と、女性のスカートを捲るだけのイヤらしい微力。そんな都合のいい二つの力を内包する、市街地暴走から生じた風。 (d999)[投票(6)]
★3「アイルトン・セナに捧げる」って書いてあったけど、見間違いかな?? (日本晴れ)[投票(5)]
★3御都合主義な展開に辟易した。加えてE.ウォーレンの出し惜しみは致命的だ。しかし、J.アレジ、M.アンドレッティ、P.トレーシーなどに敬意を表して3点。 [review] (ハム)[投票(3)]
★3モータースポーツファンにはオススメしません。むしろ「観たらあかん」映画。戸田奈津子はんはもっと勉強しいや。 [review] (ホッチkiss)[投票(2)]
★3カーレースの醍醐味は、大事故と贔屓のレーサーが存在すること。 [review] (アルシュ)[投票(2)]
★3この作品には古き良きアメリカン・ドリームが生きている。だってスタローン自身が脚本を書いたのだから当然。一言で言えば映像スピードの速い「ロッキー」だ。 (タモリ)[投票(1)]
★3押さえるべきポイント、ずれまくり。 レニー・ハーリンの評価、しぼみまくり。 スカート、めくりまくり。 マンホールのふた、とびまくり。 [review] (トシ)[投票(1)]
★3ちょっと物足りなさも残るけど、ジョン・ウーみたいな作品が好きで車映画嫌いじゃないならオススメです。 [review] (tomomi)[投票(1)]
★3ドCGって感じ。ストーリーよりも映像を楽しむ映画じゃ?(スタローンごめん) (マス)[投票(1)]
★3CART知らない人が見ても楽しめるってなると、この辺が限界かな。『栄光のル・マン』はその辺を割り切っているところが潔い、と改めて実感。現役のレーサーとかチーム・オーナーが出てくるのが楽しい。尻軽女は要らない。 (立秋)[投票(1)]
★3中盤の街中でのシーンが一番面白かったのはオレだけじゃないはずだ! (サイダー・ブルーズ)[投票(1)]