コメンテータ
ランキング
HELP

新着コメント(1/20)

★4 嘘八百(2017/日)
利休の遺作という大風呂敷の歴史ロマンティシズムが意外に下味として効き、コンゲームの見てくれショボさを補完する。何より、おっさん2人がチマチマ炬燵で茶を啜る世界を熟達の貴一蔵之介は満喫している。その充足感こそが命だし世界に適合する。
けにろん (2018年01月24日)
[投票]
★4 猫が変じて虎になる(1961/日)
ノリだけは箆棒だがシュンとなるギャグの続くユルユルのコメディ、と思いきや終盤矢庭に小沢昭一由利徹のギャグセンス満開の異様な盛り上がりを見せる。 [review]
寒山 (2018年01月23日)
[投票]
★4 勝手にふるえてろ(2017/日)
もっと怖い作品にも出来そうだけど、全編通して優しい目線で描かれているし演じてもいる。痛いというよりもむずかゆいトーンで、うまくコントロールされている印象だ。 [review]
HAL9000 (2018年01月23日)
[投票(2)]
★2 コングレス未来学会議(2013/イスラエル=独=ポーランド=ルクセンブルク=仏=ベルギー)
前半はそれなりに面白いのに、アニメになると非常につまらない。現実を撃つべきなんだ。
ペンクロフ (2018年01月23日)
[投票]
★4 2001年宇宙の旅(1968/米=英)
クライマックスに爺さんがグラス落として割れる音、続いて椅子を引き摺る音。突然にインサートされる生活音が実に生々しく、上質のユーモアを感じる。 [review]
寒山 (2018年01月24日)
[投票(4)]
★4 ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)
前作が人間かレプリカントかがテーマなら、今作は魂か肉体かがテーマとなった。そこに前作を超えようという意欲を感じた(その分宗教色が強くなったが)。残念なのはヴァンゲリスの音楽が引き継がれなかったこと。それならハリソン・フォードも必要なかった。
capricorn1 (2018年01月23日)
[投票]
★2 ルードウィヒ 神々の黄昏(1972/独=仏=伊)
後期ヴィスコンティは洋ピンに多大なる影響を与えたのではないだろうか。高貴と頽廃の主題とか、平面的な室内の構図とか、突然のスームインとか。 [review]
寒山 (2018年01月22日)
[投票(1)]
★4 ドクター・ストレンジ(2016/米)
そのまま受け入れてエンターテイメントとして楽しめばいいんだけど… まあ、そういう映画なんだけど… [review]
Sungoo (2018年01月22日)
[投票]
★4 潜入者(2015/英)
主人公が捜査に執着する理由が、正義感以外にあればなお説得力があったのだが、それを凌駕する主演3人の濃厚な演技と、怒涛の後半戦。埋もれたエンターテイメントの力作。84/100
たろ (2018年01月22日)
[投票]
★5 ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)
息をつく暇がないとはまさにこのことだ。そして、オリジナルと張る、時には超えるほどの緊張感をもたらしたシリーズ物がかつてあっただろうか・・・ブレード・ランナー恐るべし。2017年最も興奮した一本。
starchild (2018年01月22日)
[投票]
★3 スノーデン(2016/米=仏=独)
監督の思い込みが鼻についてしまって素直に楽しめなかった。 [review]
甘崎庵 (2018年01月22日)
[投票]
★4 永遠のジャンゴ(2017/仏)
やはり音楽が語る映画ですね。(シーチキン様と同じになってしまいました、すいません) [review]
プロキオン14 (2018年01月22日)
[投票]
★4 劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017/日)
なかなかとんがってる [review]
クワドラAS (2018年01月21日)
[投票]
★5 劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017/日)
グダグダ文句は言うまい。再びマジンガーZをスクリーンで見ることができたのだから... [review]
サイモン64 (2018年01月21日)
[投票]
★3 ジオストーム(2017/米)
SF要素は薄め。異常気象映像はなかなかだが、ほとんど予告編で流してしまったのはもったいない。 [review]
プロキオン14 (2018年01月21日)
[投票]
★4 美しき諍い女(1991/仏)
延々描かれるデッサンを見て、本気の映画だなと嬉しくなった。 [review]
寒山 (2018年01月21日)
[投票(1)]
★4 シベールの日曜日(1962/仏)
宮崎勤はこの名作を観ているだろう、という禍々しさも含めての名作 [review]
寒山 (2018年01月21日)
[投票]
★3 ジャコメッティ 最後の肖像(2017/英)
スタンリー・トゥッチの監督ということで鑑賞。ソツなく綺麗な仕上がりで洗練されているという印象。ただ、ジャコメッティ自身に興味がなかったせいか、画家本人の苦悩や自由な生きざまが伝わったとは言い難い。アーミー・ハマーはキレイです。
jollyjoker (2018年01月21日)
[投票]
★5 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015/伊)
「持てる者は持たざる者に分け与えよ。」こんな言葉が見終わった後思い浮かびました。 [review]
TM(H19.1加入) (2018年01月21日)
[投票]
★3 インサイダーズ 内部者たち(2015/韓国)
どこにも美しさがない。なんちゅー胸糞悪い映画だ。いろんな意味で。
るぱぱ (2018年01月20日)
[投票]