コメンテータ
ランキング
HELP

新着コメント(1/20)

★4 クリムゾン・ピーク(2015/米)
ホラーというより寓話。意匠に凝っていて、新鮮。 [review]
t3b (2021年04月15日)
[投票]
★5 私をくいとめて(2020/日)
のんちゃん。 [review]
週一本 (2021年04月15日)
[投票(1)]
★4 私をくいとめて(2020/日)
コメディや歌唱シーンもないが、画面の迫力は十分だ。内省的なシーンは全て狂気を孕んでいるように見える。悪い意味ではなく、松岡茉優と能年玲奈の違いだろう [review]
Soul Driver (2021年04月14日)
[投票(1)]
★3 鞍馬天狗 角兵衛獅子の巻(1938/日)
60分にも満たない短縮版を見る。このバージョンしか残されていないのだろうか。「入社第一回 嵐寛寿郎主演」と最初に出る。クレジットは主要キャストをそれぞれ画面で紹介する。中では、暗闇のお兼を演じる原駒子が綺麗でキャッチする。 [review]
ゑぎ (2021年04月15日)
[投票]
★4 彌次喜多道中記(1938/日)
クレジットの最初に、片岡千恵蔵杉狂児の主演、という一枚が出る。開巻はお江戸日本橋。犬が一匹向こうから走って来るカット。この茶目っ気がいい!そして、最初の御用捕り物のシーンの迫力と洗練されたカット割りで既に瞠目する。 [review]
ゑぎ (2021年04月15日)
[投票(1)]
★3 メン・イン・ブラック インターナショナル(2019/米)
前作MIB3がなかなかの良作だったがゆえに、本作の評価は厳しくならざるを得ない。破綻なくまとまっていることが予定調和感を醸し出す。MIBをミソジニーの観点から反省しましたということ以外にMIB三部作を超えようという志が見えないのがつらい。面白さはMIB2と同程度。次作はあるのかな?
ロープブレーク (2021年04月15日)
[投票]
★5 メン・イン・ブラック3(2012/米)
JとKの秘話が見られる本作は、過去2作を見てきた人へのご褒美のよう。本作単独での評価を度外視しての★5つ。 [review]
ロープブレーク (2021年04月14日)
[投票(1)]
★4 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014/日)
シリーズで中傑作だけでなく、2020年に亡くなった藤原啓治最後の主演作でもある。そういう意味でも観ておくべき作品だろう。 [review]
甘崎庵 (2021年04月14日)
[投票]
★4 あのこは貴族(2020/日)
これってかっての松竹映画。それでもって「女はつらいよ」でもって喜劇じゃないのは東京の庶民が抜けているから? [review]
ぱーこ (2021年04月14日)
[投票(1)]
★3 夏の妹(1972/日)
ストーリーは弱い。が、栗田、石橋、りりィの若さが沖縄の暑さとともにムンムンと感じられるし、小山、佐藤慶、戸浦の大島組常連の姿には安心させられる。何よりも復帰直後の沖縄の姿をカメラに収めたことは称賛に値しよう。 [review]
irodori (2021年04月14日)
[投票]
★4 殺人狂時代(1967/日)
途中、「お〜い仲代達矢、いつもの地が出ちゃってるよ!」と言いたくなったが…、 ☆3.8点。
死ぬまでシネマ (2021年04月14日)
[投票]
★1 スプライス(2009/カナダ=仏)
珍話なんだけど、とにかく興味が湧かない。 [review]
t3b (2021年04月13日)
[投票]
★4 ハッピー・デス・デイ 2U(2019/米)
ホラーの続編って同じ種類の怖さかよと思わされがちなんだけど、この映画は娯楽の面で非常に完成度が高い。 [review]
t3b (2021年04月14日)
[投票]
★4 アシュラ(2016/韓国)
血と金の海の中で哄笑するジョンミンの、倫理観の欠片もない明るい闇とでも言うべき振り切れが核になって目が離せない。ボタンの掛け違いで無常に至るのはコーエン的テンプレだし冷静に観れば無理があるが、屑が屑なりの信念をぶつけ合う化学反応と強引な胆力で押し切る。 [review]
DSCH (2021年04月13日)
[投票(3)]
★3 ゴッホ 最期の手紙(2017/英=ポーランド)
ストーリーの面白さとしては評価は低いが、ゴッホの世界に惹き込んでくれる映像は一見の価値あり。ただし大画面に限る。 [review]
irodori (2021年04月13日)
[投票(1)]
★3 メン・イン・ブラック2(2002/米)
こんなもんだろう的なゆるいSF映画としては安定感のある作品(だがゆえに深みがない)。欲を言えば、宇宙人に異文化しててほしい。出てくる宇宙人が全部、異形なだけで中身はアメリカ人そのものなんだもの。最後のオチは好き。
ロープブレーク (2021年04月13日)
[投票]
★4 ハッピー・デス・デイ(2017/米)
ループであることを活かして、多彩な仕掛けを入れているのが楽しい。 [review]
t3b (2021年04月13日)
[投票]
★3 その日のまえに(2008/日)
一周忌記念のwowow放映で見ました。海辺の映画館ーキネマの玉手箱のメイキングのほうがずっっと面白いはず(未見) [review]
ぱーこ (2021年04月15日)
[投票]
★4 思い、思われ、ふり、ふられ(2020/日)
高校生には見えない色気のある表情を持つ浜辺美波の可愛いがただ漏れ。痩せすぎ注意報を出しておきます。 [review]
IN4MATION (2021年04月12日)
[投票]
★3 浅田家!(2020/日)
個人的には「虹」をテーマにした佐伯家の写真が好き。 [review]
IN4MATION (2021年04月12日)
[投票]