コメンテータ
ランキング
HELP

新着コメント(5/20)

★3 日本の夜と霧(1960/日)
スムーズさを欠いた移動撮影。シーケンスショット。科白を噛んでも、リテイクしない、というのは効率化につながるだろうが、シーケンスショットのカメラワークや照明の段取りは、果たして工数短縮に繋がっているのだろうか。 [review]
ゑぎ (2020年03月21日)
[投票]
★3 愛と希望の街(1959/日)
川崎市を舞台とする。冒頭の靴磨きシーンは川崎駅前か。望月優子とその隣は谷よしの。谷は、本作では珍しくクレジットあり。鳩を売る少年は望月の息子の正夫。彼から二羽の鳩を買ってくれた女子高生、京子は富永ユキ。 [review]
ゑぎ (2020年03月21日)
[投票]
★4 新聞記者(2019/日)
現政権へのダイレクトな批判を描写したことに驚いた。まだこういう物を作れる余地は残っているのか。。 [review]
おーい粗茶 (2020年03月22日)
[投票(4)]
★4 妻は告白する(1961/日)
川口浩の大馬鹿者! [review]
ぱーこ (2020年03月24日)
[投票]
★4 蜜蜂と遠雷(2019/日)
青春チャレンジもの的定型を廃して「音楽」のドラマに徹した潔さで、4人の“選ばれし若者たち”の真摯さがきわだち、その誠実さは他のエンタメ邦画に類をみない高純度。唐突にも見える心情イメージや「音の世界」を象徴する亜幻想のような海岸シーンが印象的。 [review]
ぽんしゅう (2020年03月21日)
[投票(1)]
★3 Fukushima50(2019/日)
福島原発の中で起こっていたことを見せた意義はあるが、それをどう帰着させるのかという制作の役割に対して無頓着なのはいただけない。 [review]
Master (2020年03月21日)
[投票(1)]
★3 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014/日)
松坂桃李演じる記者はいない方が良かった。
とっつぁん (2020年03月21日)
[投票]
★4 テッド・バンディ(2019/米)
変態臭を排し変態を描く試みが接見室での硝子文字に収斂される。トリックスターの生成過程に触れず、其奴らは唯そこに存在するのだという諦観。捏造された世界で生きてきた彼女が再生するには知るという通過儀礼が不可欠の要件だった。その1点突破が鮮やか。
けにろん (2020年03月21日)
[投票]
★3 コナン・ザ・バーバリアン(2011/米)
美術や撮影が素晴らしいだけに、逆に未開人っぽさ、武骨さに欠ける。イケメンのコナンを含め全てがやけにキレイ過ぎて「コレジャナイ感」が。シュワルツェネッガー版の、コナンはちょっと不細工で映画全体が粗削りな方がバーバリアンな味があったのは何とも皮肉だ。
ダリア (2020年03月21日)
[投票]
★3 ヘブン・アンド・アース(2003/中国)
冷静に評価すれば酷い映画だと思うが、佳い部分も幾つもある。いっその事アッチに振り切れれば良かったのかも知れないが、そうでないのでカルト映画にもなれない。☆3.4点。 [review]
死ぬまでシネマ (2020年03月21日)
[投票]
★2 ミッドサマー(2019/米=スウェーデン)
コロナ騒ぎの中、そろそろと思い慎重に選んで観た映画だったが、映像的には少々見るべきところもあるが、あまりに中身がなさ過ぎてかなり拍子抜け。原始共同体ではこういう生態はあったかも、とは思うが、いろいろ矛盾も感じる。なぜ若い人が多いのか気になるところ。
セント (2020年03月20日)
[投票]
★3 シャザム!(2019/米)
ストーリーは単純だが、その単純さがこれまでのDC作品にはない面白さを作り出してるし、何よりヒーロー自身が楽しそうなのが良い。 [review]
甘崎庵 (2020年03月20日)
[投票]
★3 ファイナル・スコア(2018/英)
あれだけ異変があっても試合は続くのね。
黒魔羅 (2020年03月20日)
[投票]
★3 ロスト・マネー 偽りの報酬(2018/英=米)
アメリカ人はやっぱりシュアなんだ。
黒魔羅 (2020年03月20日)
[投票]
★3 暁に祈れ(2017/英=仏)
雑魚寝の密度がすごい。近すぎるだろ。
黒魔羅 (2020年03月20日)
[投票]
★3 Red(2020/日)
夜、ひらめく赤い旗。トラックの積載物の警告サインか。赤のサインについては、最初、妻夫木聡にまとわりついているのかと思った。例えば、2回登場するコーク缶。彼の車のホルダーに置かれているのと、夏帆が妻夫木から電話を受ける場面で飲んでいる。 [review]
ゑぎ (2020年03月20日)
[投票]
★4 幼な子われらに生まれ(2017/日)
遊園地の入場門前のアスファルト。パステル調の色彩が綺麗だ。横移動して、靴紐を結ぶ男の足。ティルトアップすると浅野忠信。娘・沙織と二人で遊園地で遊ぶ。浅野の家は、斜行エレベータのあるマンション。調べると、このマンションは西宮名塩でのロケとのこと。 [review]
ゑぎ (2020年03月20日)
[投票(4)]
★4 バートン・フィンク(1991/米)
ジョン・グッドマンてスゴい。靴のない廊下はもうヤダよ。。 80/100
たろ (2020年03月19日)
[投票(1)]
★2 移動都市 モータルエンジン(2018/ニュージーランド=米)
予告と設定は面白かった。それを全く活かせてなかった。 [review]
甘崎庵 (2020年03月19日)
[投票(1)]
★3 MEMORIES(1995/日)
大友博覧会。技術は凄まじいが、全話どこか冷笑的でまったく気持ちが乗らない。 [review]
ペンクロフ (2020年03月19日)
[投票(1)]