コメンテータ
ランキング
HELP

新着コメント(5/20)

★3 海よりもまだ深く(2016/日)
面白いとは思うけど、いかんせん準備期間不足かな? [review]
甘崎庵 (2017年04月20日)
[投票]
★5 殺人の追憶(2003/韓国)
現在の私が「過去に試される」「未来」であり「今」が「現在」であることを、「映画内での今」が「画面内の空間」を越えて「映画外の今」に突き付けるリアリティがあります。(いや、「憑く」です。現在は過去に呪われています。)
寛田宗純 (2017年04月20日)
[投票(1)]
★2 アイ・ラヴ・ユー(1999/日)
手話を習って演技してた役者さんは素晴らしい。別の言語を習得するようなもの。ただ、脚本は陳腐だと思うし、聾唖者同士のロマンスシーンは必要なく、もっと上映時間を短くできた。(AKMYC/2017/04/19)
USIU (2017年04月19日)
[投票]
★4 この世界の片隅に(2016/日)
「号泣間違い無し」との噂だったので、作中感動したシーンもあったのですが、「あれだけ泣けると言われた映画なのだから、もっとすごいシーンがあるはず・・・」と思い、涙をスルーしていたら、エンドロールが流れた・・・普通に泣けばよかった(笑) [review]
考古黒Gr (2017年04月19日)
[投票(1)]
★4 オーバー・フェンス(2016/日)
日常の会話の美しさと函館の美しさで+1点かな。。 映画としてはサトシの背景がもっとわからないと、移入は難しいとおもう。。
kirua (2017年04月19日)
[投票]
★5 未来よ こんにちは(2016/仏=独)
ごく単純な事実の指摘に過ぎないが、全篇にわたってイザベル・ユペールは忙しなく動き続ける。彼女にはおとなしく映画を鑑賞することすら許されない(『トスカーナの贋作』!)。少数の例外に留まる「佇む」「座る」「横たわる」も(楽譜における休符のように)「動く」の一形態として演じられるだろう。 [review]
3819695 (2017年04月19日)
[投票(1)]
★4 ピアノ・ブルース(2003/米)
まったくもって端的かつ正確な標題だが、しかし、たといジャズを主としたクリント・イーストウッドの音楽愛好ぶりを知らなかったとしても、ブルーズとジャズにほとんど区別を認めないこの映画を一目するだけで、イーストウッドの関心の第一が「ブルーズ」ではなく「ピアノ」にあることは明々白々だろう。 [review]
3819695 (2017年04月19日)
[投票(3)]
★2 ジェネラル・ルージュの凱旋(2009/日)
TV版の方が断然良い。映画版は話題作り先行のミスキャストとしか・・・ [review]
ぐるぐる (2017年04月18日)
[投票]
★2 キング・コング(2005/ニュージーランド=米)
「長い」以外の感想が出てこないのだがどうすればいいのか。
サイモン64 (2017年04月18日)
[投票]
★5 THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997/日)
1: 『エヴァ』を楽しむための3つのこと。2: 「庵野秀明」という人。3: 『もののけ姫』vs『エヴァ』 [review]
寛田宗純 (2017年04月18日)
[投票(2)]
★5 ルパン三世 カリオストロの城(1979/日)
秒速5センチメートル』/『カリオストロの城』 [review]
寛田宗純 (2017年04月19日)
[投票(1)]
★4 千と千尋の神隠し(2001/日)
「千がアスカ」で「カオナシがシンジ」だったら。 [review]
寛田宗純 (2017年04月19日)
[投票(1)]
★4 シン・ゴジラ(2016/日)
石原さとみ』のキャラクター造形がびっくりしたな、しかもアメリカ人役。あの役無理矢理過ぎた。ハリウッドだと長谷川博己との安いロマンスにするんだろうけど。音楽が『エヴァンゲリオン』で、話の内容もエヴァに似てた。未確認の巨大生物が東京を襲う。(2017/04・18/NSS)
USIU (2017年04月18日)
[投票]
★3 君の名は。(2016/日)
中盤までなら「4」でした。 [review]
寛田宗純 (2017年04月20日)
[投票]
★4 海がきこえる(1993/日)
心情が口にされなくても絵だけで伝わってきます。 同時に だれの気持ちも考えていなかった当時が思い出され恥ずかしくなります。
寛田宗純 (2017年04月20日)
[投票]
★4 ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978/日)
ルパンという仏 - とても仏教的な話。 [review]
寛田宗純 (2017年04月18日)
[投票]
★4 哀しみのベラドンナ(1973/日)
アニメーションは今でも進化し続けています。 [review]
寛田宗純 (2017年04月18日)
[投票]
★5 劇場版 空の境界 第五章 矛盾螺旋(2008/日)
1: 未来は自分の意志で作れるか。 2: 未来の福音と自由意志。 3: 空の境界というタイトルと作品のテーマについて [review]
寛田宗純 (2017年04月18日)
[投票]
★5 機動戦士ガンダムUC episode7 虹の彼方に(2014/日)
一人ひとりの人間模様が丁寧に描かれた傑作です。 心揺れ動くバナージの姿は悩みながらも前を向いて歩いている 全ての人たちの胸を打つでしょう。 [review]
寛田宗純 (2017年04月19日)
[投票]
★3 キングコング:髑髏島の巨神(2017/米)
まあ楽しい映画なんだが、地獄の黙示録ミーツ怪獣映画って聞いてて俺が勝手に期待しすぎた感は正直あった。地獄の黙示録なとこはあくまでビジュアルのイメージソースとして、というところなので。 [review]
MSRkb (2017年04月18日)
[投票]