コメンテータ
ランキング
HELP

新着コメント(6/20)

★3 ダンケルク(2017/英=米=仏)
奮発してIMAXで見た。それなりに楽しく昂奮して見たし、充分見る価値のある映画だと思いますが、やっぱり不満も残る出来でした。まず、効果音の衝撃は良いですが、鳴りっぱなしのBGMの重低音がうるさ過ぎる。私の場合は、もう当分IMAXで映画を見たくない、と思ってしまったぐらい。 [review]
ゑぎ (2017年10月03日)
[投票(8)]
★2 キングダム 見えざる敵(2007/米)
前半のダラダラ加減とキャラクター設定がわざとらしく、あくまでアメリカ目線のヒーロー話が鼻につく。その割に動かされるショットもポエピソードもない。クリス・クーパー使い損! [review]
jollyjoker (2017年10月03日)
[投票]
★3 蠍の尻尾に関する殺人(1971/伊=スペイン)
消えた100万ドルの行方とか、フーダニットの興味とか、センセーショナルな殺人劇場のお膳立てをするための言い訳に過ぎないことがじきに明らかにされる。そこを割り切ってしまえば、謎解きのための性急な段取りや緩急の意識の低さ、撒き餌のぞんざいな扱いなど(わざとらしい前置きとこれ見よがしなズームイン)、サスペンス演出の手筈の不首尾は気にならなくなる(たぶん)。 [review]
濡れ鼠 (2017年10月03日)
[投票]
★2 アウトレイジ ビヨンド(2012/日)
ペラペラよく喋るヤクザどもが殺しあうのをただポカンと眺めるだけ。豪華なVシネか。カタギが全然出てこないのは致命的。
ペンクロフ (2017年10月03日)
[投票(1)]
★5 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017/米)
美男美女が一人も出てこないのに、なんでみんなこんなにかっこよくてクールで熱いんだ。
ロープブレーク (2017年10月03日)
[投票(1)]
★4 スノーデン(2016/米=仏=独)
ジョセフ・ゴードン=レヴィットよりも、厚切りジェイソンに似ている。84/100
たろ (2017年10月03日)
[投票]
★4 海よりもまだ深く(2016/日)
思ったよりダメ男な阿部寛。思ったより鋭い真木よう子。思った以上に怖いリリーフランキー。88/100
たろ (2017年10月03日)
[投票]
★4 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014/米)
いい話過ぎる。笑えて泣けてアクションシーンも最高。肌の色は何色でもいい。
ロープブレーク (2017年10月03日)
[投票]
★3 ラ・ジュテ(1962/仏)
事後の壊滅描写より戦慄的なのが平時のオルリー空港で不穏な空気が充満する。時間遡行による記憶に閉ざされた想いのロマンティシズムが明らかにアラン・レネ的なのだが、この形式は最初で最後の偶発。故に1ショット静止を解かれて動く画が凡庸に見える。
けにろん (2017年10月03日)
[投票(1)]
★3 新感染 ファイナル・エクスプレス(2016/韓国)
愛する者の為に死ねるか?の命題が再三に渡り問われるのは自己犠牲を高らかに謳わざるを得ぬセウォル号事件による民族トラウマか。ゾンビ映画としては新しいもんは無く群れ為す集団としてしか描かれないので結局は鹿しか印象に残らない。列車の疾走感も蔑ろ。
けにろん (2017年10月03日)
[投票]
★4 マネー・ショート 華麗なる大逆転(2015/米)
我々観客にはまず望めない「マネー・トレーダー視点からの物語」という点が新鮮だった。主人公たちは、騙される側の国民を代表して憤るというより、発見した驚きとそれを現金化するためらいと勇気が原動力だ。「正義の為」と言うにはちょっと恥ずかしい、ひょっとすると金銭欲ですらない、どこか職人的な動機づけが逆に妙なリアリティを醸し出すw
YO--CHAN (2017年10月02日)
[投票(1)]
★3 エイリアン:コヴェナント(2017/米=英)
女性が強い映画という点のみ変わらず引き継がれていく [review]
pinkmoon (2017年10月02日)
[投票]
★3 エイリアン:コヴェナント(2017/米=英)
こんな時に何やってるんだよ。もっと緊張感持てよ。
ばかてつ (2017年10月02日)
[投票]
★3 ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017/日)
泣かせの方法があざとすぎる程なのだが、何やらぎこちない。俳優の力のためもあり、林遣都や尾野真千子らが手堅く固める物語を、まとめる山田涼介らの力不足がひどすぎるのだろう。孤児園をめぐるエピソード全体の印象は古すぎるが、そこは言わぬが花。鍋島淳裕の撮影を交えた廣木隆一の風景の透明感、少年たちの疾走はやはり見事ではある。
水那岐 (2017年10月02日)
[投票]
★4 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜(2016/日)
1st』視点で見ると矛盾点・不思議な点も多いが、ようやく動き出したザクと旧ザクに感動。矛盾と謎と不思議に満ちたReviewはネタバレで→ [review]
IN4MATION (2017年10月02日)
[投票]
★4 脅迫(1966/日)
ワイドで手ブレに露出反転にストップモーションと、深作実録節がなんと郊外の新興住宅を舞台に炸裂するとても魅力的な作品 [review]
寒山 (2017年10月02日)
[投票]
★4 ダンケルク(2017/英=米=仏)
単純に「戦争には行きたくねえな。」って思いました。僕にとってはそれで充分です。海も空も砂浜も、とても穏やかで美しかったと思います。(荒れてるときもあったけどね。)
K-Flex (2017年10月02日)
[投票]
★3 関ヶ原(2017/日)
字幕希望! 戦国時代の勉強し直しを決心させられた(^^; [review]
ALOHA (2017年10月02日)
[投票]
★3 ドリーム(2016/米)
邦題が凡庸。話も凡庸。でも、ちょっと泣いた。
もがみがわ (2017年10月02日)
[投票(1)]
★3 ドリーム(2016/米)
良さげなエピソードをぶつ切りのまま雑に並べて雑な構図で撮影して雑に編集しただけの雑な映画だった。不合理なお作法(この場合は人種差別なのでもっと深刻だけど)が仕事を邪魔するのを突破してプロジェクトを成功させるという燃えるネタが凡庸な映画に仕立てられてしまいあまりにも残念。 [review]
月魚 (2017年10月02日)
[投票(2)]