コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (11/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 ターミネーター2(1991/米)
大型の飼い犬のようだね。 [review]
uyo (2002年08月06日)
3819695, けにろん, モノリス砥石, ペンクロフほか5 名2017年09月01日[投票(5)]
★4 ターミネーター2(1991/米)
おそろしく成功した「2」。 [review]
イライザー7 (2002年12月18日)
3819695, ぽんしゅう, ゼロゼロUFO, terracottaほか9 名2017年09月01日[投票(9)]
★5 ターミネーター2(1991/米)
趣向満載で突出するシークェンスの連鎖がチェイスに徹しためくるめく場の移動の中で融和し熟成される。馬代わりのバイクで走りながらドでかいショットガンを片手で回転させて撃鉄を起こす。ジョン・ウェインの様に。アメリカが新たな偶像を手にした瞬間。
けにろん (2013年11月23日)
3819695, 死ぬまでシネマ, ゆーこ and One thing2017年09月01日[投票(3)]
★5 ターミネーター2(1991/米)
最近は自分の意志で観る事はないが、TVでやってたら最後まで観ちゃう。映画の完成度や恐怖感などでいったら前作の方が大好きですが、パート2は当時観たときの興奮が今でも覚えていて思い出深い作品。 [review]
ギスジ (2015年07月31日)
3819695, けにろん, サイモン642017年09月01日[投票(3)]
★5 ターミネーター2(1991/米)
前作であれほど強かったシュワちゃんのターミネーターが,一見あんな弱そうな新型に追いつめられていく様には,ちょっと悲哀を感じた。 [review]
ワトニイ (2009年09月17日)
3819695, ぽんしゅう, けにろん, モノリス砥石ほか5 名2017年09月01日[投票(5)]
★5 ホワイトハウス・ダウン(2013/米)
どこか、一番面白かった『ダイ・ハード』の1作目の雰囲気を髣髴とさせる大勢の悪対1人の構図。派手なアクションと随所に散りばめられたクスリとくるネタのバランスが絶妙。そして何より日にちを間違えて見損ねた娘のエミリーの旗振りがここで見られるとは! アクション映画のお手本のような脚本です。ブログが死語だと教えられたのも本作ですw [review]
IN4MATION (2017年08月28日)
38196952017年09月01日[投票(1)]
★2 ザ・ロード(2009/米)
世紀末の親子二人旅。でも、それだけじゃあ間が全く持たないよね……
X68turbo (2010年12月06日)
寒山2017年08月31日[投票(1)]
★5 ミスター・ノーボディ(1975/独=仏=伊)
西部劇は語るのではなく、銃で魅せろという心意気。ハリウッドへの敬意に溢れたパロディには気負いや嫌味がなく心地よく笑わせてくれる。これは伝統と伝説への賛歌であり、明るく陽気な葬送曲だ。ジュゼッペ・ルッツォリーニの精緻な撮影も作品の品を担保する。
ぽんしゅう (2017年08月28日)
ゑぎ2017年08月31日[投票(1)]
★4 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016/米)
70年代の想定したコテコテ未来美術を21世紀が追憶する倒錯の苦悶が、勇気が死生観のジャンル的な軽さにしかならない隔靴掻痒と軌を一にしている。 [review]
disjunctive (2017年08月28日)
ゑぎ, DSCH2017年08月31日[投票(2)]
★5 あれが港の灯だ(1961/日)
水木洋子賛。「脚本家 水木洋子」の読書感想文。 [review]
寒山 (2017年08月28日)
ゑぎ2017年08月31日[投票(1)]
★4 男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972/日)
寅が恋の苦しさについて切々と語る件があるが、千代(八千草薫)に対する態度は明らかに違う。可憐な未亡人であり、小便垂れの幼なじみ。「おんな」であり「故郷」でもある。千代は恋愛の対象だったのだろうか。千代との男と女としての距離はあまりに曖昧だった。 [review]
ぽんしゅう (2017年08月29日)
ゑぎ, 寒山, けにろん2017年08月31日[投票(3)]
★3 ダーティハリー3(1976/米)
走る。シンプルに走って追いかける。ムーア刑事を信頼してしまう。これが「3」の最高の場面だ。 [review]
jollyjoker (2017年08月29日)
ゑぎ2017年08月31日[投票(1)]
★5 この世界の片隅に(2016/日)
おばあちゃんに観てほしかった映画です [review]
AgentF (2017年03月31日)
KEI, ロープブレーク, けにろん, ペンクロフほか7 名2017年08月31日[投票(7)]
★3 夜明けの祈り(2016/仏=ポーランド)
女性たちの身に降り懸かる過酷な現実を描いた映画である。淡々としたスタイルが貫かれ、そのことが返って訴える意志の強さを感じさせる。世の男は心して観るべき映画だと思う。 [review]
シーチキン (2017年08月07日)
プロキオン142017年08月31日[投票(1)]
★2 ホットロード(2014/日)
とりあえず、なんてせせこまし過ぎる舞台なんだろう。江の島を中心に半径1.5kmをまったく出ていないような狭苦しさに唖然とする。なまじノーヘル時代の湘南の暴走族などをモチーフにするものだから、安全運転を心掛ける主人公たちのバストアップばかりが羅列され、奥行きというものがまるで表わされていないフィルムを眺めて気分が悪くなった。 [review]
水那岐 (2015年11月24日)
IN4MATION, ダリア2017年08月31日[投票(2)]
★2 ホットロード(2014/日)
これじゃ伝わらないんじゃないか。 [review]
ダリア (2016年08月10日)
IN4MATION, 水那岐2017年08月31日[投票(2)]
★4 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
「はい、そこでまっすぐー」 [review]
たかやまひろふみ (2009年03月07日)
YO--CHAN, ユキポン, ペペロンチーノ, アルシュほか7 名2017年08月31日[投票(7)]
★3 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988/日)
恐ろしいことに映画公開後17年経った昨年(2005年)、実在するクェスに会ってしまった。 [review]
ロープブレーク (2010年11月03日)
YO--CHAN, Myrath, MSRkb2017年08月31日[投票(3)]
★5 サイコ(1960/米)
エロ・グロなんでもありのこのご時世にそれでもこれは「怖い」。けれどそれを怖がるために必要な「前提」とは→ [review]
るぱぱ (2002年11月27日)
IN4MATION, Bluet Ree, ジェリー, malほか7 名2017年08月30日[投票(7)]
★3 男はつらいよ 葛飾立志篇(1975/日)
眼鏡を掛けただけでどうにかなる分けもなく、樫山文枝に学問に身を捧げる女の迫力を感じないので、初めて「己を知る」ことに直面した葛藤が伝わらず主題が拡散する。初々しくも桜田淳子が堂々の存在感。続けていればいい女優さになっただろうに。
ぽんしゅう (2017年08月30日)
寒山2017年08月30日[投票(1)]