コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (11/20)

コメント推薦者最新投票日
★3 オリバー・ツイスト(2005/英=チェコ=仏=伊)
カルピス名作劇場?…悪い人に嵌められてドキドキ…良い人に助けられてホッ…。まぁそれだけで終わらないから3点。
某社映画部 (2006年02月02日)
G31, らーふる当番2019年09月29日[投票(2)]
★5 妖星ゴラス(1962/日)
科学的リアリズム担当=円谷英二、日常的リアリズム=本多猪四郎。その両者が合致した和製SF映画の傑作。<追記>怪獣マグマの存在意義について→ [review]
荒馬大介 (2005年06月07日)
シーチキン, YO--CHAN, 小紫, わっこほか14 名2019年09月28日[投票(14)]
★4 乱れ雲(1967/日)
描かれていることよりも、描かれ方にため息。 [review]
くたー (2002年04月19日)
G31, 動物園のクマ, ジェリー2019年09月27日[投票(3)]
★4 群青の夜の羽毛布(2002/日)
ほんじょさんの透明感、は演技ではなく持ち前。 だからここでは、藤真利子の存在感を特筆しよう。 お母さん、コワすぎです。 ほんじょさんと一緒に怒られてるみたいに、ビビってしまいました。 [review]
木魚のおと (2003年10月27日)
ダリア, ピロちゃんきゅ〜, makoto77742019年09月27日[投票(3)]
★4 群青の夜の羽毛布(2002/日)
めったに邦画なんて見ない(『日本の黒い夏』以来)私の目になぜか止まる。タイトルもポスターも詩的だ。本上まなみも壊れそうな(少し壊れた)危うい女をよく表現できていたと思います。 [review]
プロキオン14 (2003年10月27日)
ダリア, ピロちゃんきゅ〜, makoto77742019年09月27日[投票(3)]
★3 群青の夜の羽毛布(2002/日)
余りに不味そうな家庭料理。不味そうっていうか冷たそうな煮込み。 [review]
ピロちゃんきゅ〜 (2004年11月18日)
ダリア, プロキオン142019年09月27日[投票(2)]
★3 群青の夜の羽毛布(2002/日)
よくわかんねーなー?って感想。睡眠薬を飲ませたのは、何故か? ラブホに誘ったのは、故意なのか? スーパーで貧血で倒れたのは演技なのか? まぁ、深く考えずに本上まなみの美しさを堪能。主役の彼は、ピンクがお好き♪ 俺も今度、貧血のフリしてスーパーで倒れてみよっかな?
ぱちーの (2003年10月27日)
ダリア2019年09月27日[投票(1)]
★5 気違い部落(1957/日)
「善良」な大衆への興行的配慮など何もない振り切れた嫌がらせ映画(含『台風騒動記』のネタバレ)。 [review]
寒山 (2017年11月19日)
ゑぎ2019年09月27日[投票(1)]
★5 トレーニング・デイ(2001/米)
あの甘い顔立ちがウリだったイーサン・ホークが、デンゼル・ワシントンと渡り合う演技をしているだけで存在価値の大きい映画だ。95/100 [review]
たろ (2018年11月13日)
けにろん2019年09月26日[投票(1)]
★4 トレーニング・デイ(2001/米)
ホイト(イーサン・ホーク)がこの一日でTrainingさせられた事とは何か。 [review]
煽尼采 (2008年12月22日)
けにろん2019年09月26日[投票(1)]
★4 トレーニング・デイ(2001/米)
アメリカンヒーロー『ダーティハリー』の行く末は? [review]
新人王赤星 (2004年08月31日)
けにろん2019年09月26日[投票(1)]
★4 トレーニング・デイ(2001/米)
「デイズ」でなく「デイ」、たった一日の「トレーニング」。長く短い一日を、ギミックもトリックもなく描ききる。この作品から感じるのは鈍痛。腹に拳を食らったような。
ゼロゼロUFO (2003年01月08日)
けにろん, ナッシュ132019年09月26日[投票(2)]
★3 台風家族(2019/日)
はて?台風に何の意味があったのだろう。 [review]
K-Flex (2019年09月26日)
ぽんしゅう2019年09月26日[投票(1)]
★3 台風家族(2019/日)
冒頭のガクブル手つきの描写からして何故か最早作為が丸見えでダメかと思えばやはりダメで全篇空回りの体をなすが、台風襲来のスローモーション以後押し切りの強さで俄かに血が巡りはじめ、辛うじて活劇的に飛躍が飛躍の体をなしえた終幕は、情景が情景として命を宿し得た(ように見えた)。甲田まひるの顔に惚れたのだろう。それは映画的にただしい衝動。
ハイタカ (2019年09月26日)
けにろん2019年09月26日[投票(1)]
★3 ハンター(1980/米)
終始ゆるい。マックィーンの遺作じゃなければ埋もれる事間違い無し。68/100
たろ (2019年09月24日)
けにろん2019年09月26日[投票(1)]
★5 台風家族(2019/日)
遺産を巡るあれこれは事態の変転速度と戸内での出入り捌きが良く澱みない出来だ。子への親の愛という真相のベタをベタで相殺する8人連続スローモーションを機に屋外へ展開した骸骨騒動が朝靄の凪の海で閉じるときそれは訪れる。想いがひとつになる何かが。
けにろん (2019年09月21日)
ハイタカ2019年09月26日[投票(1)]
★3 山椒大夫(1954/日)
演出の大部分は、「世の中とは儚く、無常なものである」と紙に書いて壁に貼ってあるのと変わらない。映像美(?)と役者の大仰な芝居では胸に迫るに不十分。70/100
G31 (2019年09月23日)
けにろん2019年09月24日[投票(1)]
★4 トイ・ストーリー4(2019/米)
面白かった。非の打ち所がない。でもモヤモヤした。 [review]
カルヤ (2019年09月24日)
ゑぎ2019年09月23日[投票(1)]
★3 國民の創生(1915/米)
映画が政治的に利用(活用)されることは特段めずらしいことではなく、(政治的であることをもって本作を批判するのはあまり意味がなく)、何故、KKKを正当化するような主張がこの「1915年」に、大衆に向けて発信されたのかを想像することの方が重要だと感じた。 [review]
ぽんしゅう (2019年09月23日)
DSCH2019年09月23日[投票(1)]
★4 タロウのバカ(2019/日)
器から零れ落ちた水は元には戻れないという現実を見ないようにしている我々への問いかけ。全ての社会性から遮断された場所では窃盗・傷害・強姦を阻む倫理も崩壊する。その果てには自壊しかないのだ。アンチヒロイズムの極北。到来するそういう時代への警鐘。
けにろん (2019年09月23日)
ぽんしゅう2019年09月23日[投票(1)]