コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (11/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 草原の輝き(1961/米)
男の貞操という主題だけでも新鮮だが、精神と肉体の相克を介して展開するのは、絶えず前進し続ける時間と欲望、という、更に大きな主題。 [review]
煽尼采 (2009年01月19日)
けにろん2017年03月12日[投票(1)]
★5 草原の輝き(1961/米)
貞操維持圧力社会でのアダルトチルドレンのジレンマ。ウォーレン・ベイティナタリー・ウッドが◎。 [review]
マグダラの阿闍世王 (2002年02月16日)
けにろん, tredair2017年03月12日[投票(2)]
★5 山椒大夫(1954/日)
溝口健二の持つ芸術性がいかにわがままか、という最高峰の映画。 [review]
chokobo (2001年12月24日)
週一本, あき♪, ゑぎ, 若尾好きほか5 名2017年03月12日[投票(5)]
★4 ラ・ラ・ランド(2016/米)
何と云っても「Dancing in the Dark」のアステアとチャリシーを想起せずにはいられない「A Lovely Night」のシーンが秀逸だ。二人がベンチに腰掛けてからの脚の演出。ベンチの上に立ちあがった二人の頭を超えて、LAの夜景へ寄っていくカメラ。そしてカメラが引くと、二人のフルショットでのダンスを絶妙の構図で捕捉し続ける。 [review]
ゑぎ (2017年02月26日)
緑雨, プロキオン14, Sigenoriyuki, ペンクロフほか6 名2017年03月12日[投票(6)]
★3 ラ・ラ・ランド(2016/米)
ロマンティックじゃ悪いのか?トランプ・ランドでラ・ラ・ランド [review]
カプリコーン (2017年03月02日)
緑雨2017年03月12日[投票(1)]
★4 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016/英=米)
ブロックバスター級大作二本を同年に公開するデヴィッド・イェーツの勤労ぶりはもっと労われるべきだし、もっとkaroshiが案じられてよい。「所詮コンピュータ描画じゃん。あひなし」という根本的不服を封じた上で動物映画として見たとき、私は『ターザン:REBORN』よりもこちらに軍配を上げたい。 [review]
3819695 (2017年02月03日)
DSCH, けにろん2017年03月12日[投票(2)]
★3 アマチュア(1979/ポーランド)
何かを得る為には何かを棄てないといけない。しかし、男は棄てたものを何時までも忘れることが出来ないのである。痛い映画だが、この頃のキェシロフスキは映画をモチーフとして使ったメタ構造を昇華させるトリッキーなケレンが未だ無く少しく物足りない。
けにろん (2017年03月12日)
セント2017年03月11日[投票(1)]
★4 サボタージュ(1936/英)
この作品の緊張感は凄いですね。ヒッチコックの技術の素晴らしさを感じられます。 [review]
甘崎庵 (2006年03月09日)
けにろん, いくけん2017年03月11日[投票(2)]
★4 アマチュア(1979/ポーランド)
「演劇がなんだ、誰かも言ってただろう、映画は最も重要だ」「レーニンです」(2011.8.21) [review]
HW (2011年08月20日)
けにろん2017年03月11日[投票(1)]
★4 アマチュア(1979/ポーランド)
趣味が高じてオタク度100%、プロアマ境界一歩手前。いつどこの世でもオタクってのは女に理解されないんだよね。それにしても社会主義体制におけるアマチュアって…。
熱田海之 (2003年05月22日)
けにろん2017年03月11日[投票(1)]
★4 アマチュア(1979/ポーランド)
こういう夫婦の心の襞ってあるよね。夫がだんだん関心が他に向かっていく事に哀しみと絶望を感じる妻。子供が生まれて絶頂期なのに。人ごとでなくあの時の私たちを垣間見てしまった感。丁寧に喪失感を描いている。秀作。
セント (2003年04月29日)
けにろん2017年03月11日[投票(1)]
★3 男はつらいよ 噂の寅次郎(1978/日)
全体に散漫で残念だが、上京者の離婚を摘みどころのない虚しさとして描く幾つかの断片は素晴らしく、大原麗子は最良の演技をみせてくれる。作品に恵まれなかったが、いい女優さんだった。彼女の実家は和菓子屋。
寒山 (2014年03月15日)
けにろん2017年03月11日[投票(1)]
★4 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015/英=南アフリカ)
虫型、鳥型カメラなどそこまでできるの?という技術こそ出てくるが、描かれている逡巡と判断、そして結末に至る過程は、遠い世界の紛争地帯から流れてくるニュースに照らし合わせてあまりに生々しい。 [review]
シーチキン (2017年02月11日)
プロキオン14, jollyjoker2017年03月11日[投票(2)]
★5 ゲッタウェイ(1972/米)
ショットガンを撃つ・ポケットの弾をさぐる・装填・撃つ。ハードな銃撃戦と夫婦愛の見事な融合。たまらんっ 93/100
たろ (2011年05月04日)
けにろん2017年03月11日[投票(1)]
★4 ゲッタウェイ(1972/米)
全く見事。いい加減な部分もあるがこのサービス精神は活劇のお手本と云いたい。ウォルター・ヒルルシアン・バラードクインシー・ジョーンズロジャー・スポティスウッドサム・ペキンパー。これだけ才能が集まればこれぐらい面白くなって当然、とも云えないだろう。はっきり云って最高に面白い。
ゑぎ (2002年12月20日)
けにろん, 町田, ぽんしゅう2017年03月11日[投票(3)]
★5 ゲッタウェイ(1972/米)
不格好な銃撃、不細工なカーアクション、不器用なお仕置き(笑)…。スリルを知り尽くしたペキンパーの余裕の演出に、こっちはまんまと気もそぞろ。 [review]
ニュー人生ゲーム (2002年05月28日)
けにろん, 甘崎庵, ジャイアント白田, ミルテほか6 名2017年03月11日[投票(6)]
★4 ゲッタウェイ(1972/米)
二人の関係が夫婦というのがいいです。浪花節的な感じがして入りこめます。怖くて本人には言えませんが、マッコイはけっこうオッチョコチョイですよね。それなのにカッコイイ!
KADAGIO (2002年05月04日)
けにろん, ジャイアント白田, いくけん, kionaほか7 名2017年03月11日[投票(7)]
★4 ゲッタウェイ(1972/米)
合理的で無駄のないカティングと抑制されたサウンドエフェクトはアクション映画の手本。出演者の人相の悪さは犯罪映画の見本。アリー・マックグロウは 待つ女の鏡。
ぽんしゅう (2002年03月10日)
けにろん, ニュー人生ゲーム, 町田2017年03月11日[投票(3)]
★3 ゲッタウェイ(1972/米)
余計な小細工一切無しの銃撃戦が逆に新鮮に映る。逃走劇自体も驚くほど無駄のない作り。
マッツァ (2002年03月09日)
けにろん2017年03月11日[投票(1)]
★4 ゲッタウェイ(1972/米)
自信たっぷりの逃走劇。 [review]
スパルタのキツネ (2002年02月11日)
けにろん, ジャイアント白田, べーたん, KADAGIOほか6 名2017年03月11日[投票(6)]