コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (11/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 キングコング:髑髏島の巨神(2017/米)
久しぶりのジェットコースター感。 [review]
HAL9000 (2017年04月04日)
ゑぎ, 濡れ鼠2017年05月13日[投票(2)]
★4 キングコング:髑髏島の巨神(2017/米)
「怪獣無法地帯」な設定は最深部の琴線に触れるが巨大水牛・巨大蛸・巨大蜘蛛・巨大七節と色々出てきた挙句コングの相手は又かの巨大蜥蜴。米映画のジャンルのトラウマ的病理を伺わせる。時代設定をベトナム戦争終結間際に置きロックがガンガン流るのが良い。
けにろん (2017年04月23日)
ゑぎ2017年05月13日[投票(1)]
★5 ドラえもん のび太と雲の王国(1992/日)
[ネタバレ?(Y1:N1)] 武器に依る抑止力をメインテーマに掲げた力作。 [review]
す一 (1997年08月12日)
dov, skmt, バーボンボンバー2017年05月12日[投票(3)]
★4 幸福の黄色いハンカチ(1977/日)
何度も見てるけど、わかってるけど、ハラハラする。すご〜く楽しいロードムービー。
バタピー (2000年11月22日)
G312017年05月12日[投票(1)]
★5 幸福の黄色いハンカチ(1977/日)
カニよりカツ丼のほうが美味そうに思えるのは健さんのせい?(レビューは健さんの笑えないジョークについて) [review]
ナム太郎 (2008年01月22日)
G31, シーチキン, IN4MATION, りかちゅほか5 名2017年05月12日[投票(5)]
★4 幸福の黄色いハンカチ(1977/日)
観終わってふと、夕張中の洋品店やスーパーで黄色いハンカチを買い漁る倍賞千恵子の姿を想像してみた。
二階から目潰し (2002年07月16日)
G312017年05月12日[投票(1)]
★4 スター・ウォーズ ジェダイの復讐(1983/米)
前置きゼロでハン・ソロ奪還が始まる砂漠惑星のシークェンスは正に息をもつかせない。惜しげなく投入されるキャラと魅惑的な舞台設定に心もめくるめく。レイアもジャバの掌中で艶めかしい。だが終盤のディズニーテイストには正味失望。銀河皇帝も見掛け倒し。
けにろん (2016年09月26日)
G312017年05月12日[投票(1)]
★3 スター・ウォーズ ジェダイの復讐(1983/米)
3部作を見終わると、チューバッカが何を言っているのかなんとなく分かる気がする。ハン・ソロになった気分。
Stay-Gold (2002年07月15日)
G31, けにろん, peacefullife2017年05月12日[投票(3)]
★3 スター・ウォーズ ジェダイの復讐(1983/米)
当時あんなにかっこいいと思った林の中の疾走シーンも、今見ると結構しょぼい。
イリューダ (2001年08月28日)
G31, skmt2017年05月12日[投票(2)]
★4 鴛鴦歌合戦(1939/日)
初めて劇場で見て点数アップ。人情劇、ラブコメ、ミュージカル。一粒で(最低でも)三度の美味しさ保証します! [review]
くたー (2002年09月28日)
動物園のクマ, あき♪2017年05月12日[投票(2)]
★4 鴛鴦歌合戦(1939/日)
いいなあこの屈託の無さ。市川春代服部富子深水藤子、娘役が皆魅力的だし、三角関係も嫌味がなくって可愛らしい。 [review]
緑雨 (2010年10月01日)
動物園のクマ, ぽんしゅう, 浅草12階の幽霊, 38196952017年05月12日[投票(4)]
★5 鴛鴦歌合戦(1939/日)
もう何も言うことがないのだが、一つだけ挙げるとすれば歌が始まると周囲の人間も一緒に踊りだすのが良い。画面奥で笑顔のままゆらゆら揺れて何だかこちらもつられて踊りたくなってくる。聞き耳を立てる志村喬が一言「雲行きが怪しくなってきたぞ」→天気雨が降り出す→あれよあれよという間に片岡千恵蔵市川春代が同一フレームへ。これが映画です。
赤い戦車 (2014年04月20日)
動物園のクマ, 緑雨, ナム太郎2017年05月12日[投票(3)]
★5 鴛鴦歌合戦(1939/日)
最初の5分間でノックアウト。[パルテノン多摩小ホール] [review]
Yasu (2006年08月14日)
動物園のクマ, 3819695, ゑぎ, 青二才2017年05月12日[投票(4)]
★4 ANNIE アニー(2014/米)
原作ミュージカルおよびジョン・ヒューストン監督版の舞台からおよそ八〇年後に時代を移したことに伴う大小様々の改変が施された作だが、開巻早々からクヮヴェンジャネ・ウォレスがフランクリン・デラノ・ルーズヴェルト政権期に言及するなどは遺漏ない目配せで、演出家は強かに映画を走り出させている。 [review]
3819695 (2015年04月22日)
水の都 ヴェネツィア, 水那岐, DSCH2017年05月11日[投票(3)]
★5 座頭市物語(1962/日)
「知己」という言葉の意味を思い出したいとき、何度でもこれを見るといい。 [review]
町田 (2003年11月17日)
寒山, ペペロンチーノ, ゆーこ and One thing, ゑぎほか5 名2017年05月11日[投票(5)]
★4 座頭市物語(1962/日)
第一作のこともあってか、座頭市が盲目であることがさんざ笑いのタネにされるが、それに対し盲人の意地を見せつける市が小気味良い。そして彼が、人の善悪の匂いを不思議と嗅ぎつける男であることにも惹かれる。 [review]
水那岐 (2003年09月17日)
寒山, 荒馬大介, ゆーこ and One thing, 甘崎庵ほか6 名2017年05月11日[投票(6)]
★2 ジュリー&ジュリア(2009/米)
メリル・ストリープのジュリア・チャイルドの成りきりぶりの完成度の高いことは、劇中でのサタデー・ナイト・ライブのダン・エイクロイドのモノマネ映像を見ていて、よく伝わった。確かに劇中のメリルの演技によく似ている。 [review]
わっこ (2012年10月01日)
Shrewd Fellow, 水那岐2017年05月11日[投票(2)]
★5 愛と希望の街(1959/日)
大島渚は「リアルと観念」をフィルムの上に両立させることのできる稀代の作家である、ということをデビュー作にして証明した。演技者を突き放してとらえるシビアな視線が、観る者の空想や情緒を徹底的に排除する。最後の5分間は身震いが止まらない。
ぽんしゅう (2003年01月16日)
寒山, セント, ジャイアント白田2017年05月11日[投票(3)]
★5 愛と希望の街(1959/日)
大島にしては骨太。途中まではイタリアのデシーカ風。しかし、社会の不条理、生きながらまさに相容れない階層分離、それは新しい斗いを予見させるものだった。少なくとも大島はデビュー作で宣言したわけだ。才能がほとばしる秀作。
セント (2004年05月13日)
寒山, けにろん, ぽんしゅう2017年05月11日[投票(3)]
★3 愛と希望の街(1959/日)
役者がつまらない。ヌーヴェルヴァーグにしてもネオレアリズモにしても、それはまず役者の魅力の提示法を更新するものとしてあったはずだ。その意味では望月優子や靴磨きの小母さんらがよい。道行く客に向かって発する「磨きませんか?」の声に滲む必死さ・卑屈さ・諦めほか諸々のニュアンスに戦慄する。 [review]
3819695 (2009年06月01日)
寒山2017年05月11日[投票(1)]