コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (13/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977/日)
アラカンのバカ殿は明治天皇のパロディだろう。すごいブラック。 [review]
寒山 (2017年03月08日)
ゑぎ, けにろん2017年03月10日[投票(2)]
★4 男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977/日)
中村雅俊の25歳版寅さん [review]
寒山 (2017年03月08日)
ゑぎ2017年03月10日[投票(1)]
★4 フィツカラルド(1982/独)
「映画的な瞬間」「偉業」は往々にして「神殺し」的であり、「バチ当たり」的なものと思う。理(コトワリ)に反し、「下に行くはずのものが上に行く」、そのアクションのベクトルが、ここでは「神殺し」のテーマに直結して強化される。人は「バチ当たり」を目の当たりにしたくて映画を観るのではないでしょうか。 [review]
DSCH (2017年03月11日)
ゑぎ2017年03月10日[投票(1)]
★4 福沢諭吉(1991/日)
クレーンショットがここまで充実している映画も中々無い。言論の人を主人公にしていかに映画として成立させるか。動的な画をいかにして作るか。画面内の動き、オフスクリーンの使い方(ヒロインの登場のさせ方!)。澤井信一郎仙元誠三の仕事ぶりには惚れ惚れとする。
赤い戦車 (2017年03月10日)
ゑぎ, 寒山2017年03月10日[投票(2)]
★4 西班牙〈スペイン〉狂想曲(1935/米)
このゴージャスな衣装とセット、このあらすじ、そして何より、この器に見合う女優が存在したという事に驚く。恐るべきはディートリッヒ様様。 [review]
くたー (2001年10月19日)
ゑぎ2017年03月10日[投票(1)]
★3 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982/日)
「男は顔ですか?」という沢田研二のセリフがたまらん。チキショーッ。
黒魔羅 (2001年01月16日)
寒山, けにろん2017年03月10日[投票(2)]
★4 ラ・ラ・ランド(2016/米)
シカゴ』や『レ・ミゼラブル』を見た後は「歌ってたな〜」と思った。本作を見た後は「夢を追う一組の男女の物語だった」と思った。 [review]
カルヤ (2017年03月19日)
プロキオン14, IN4MATION2017年03月09日[投票(2)]
★2 M★A★S★H(1970/米)
原作未読だが、こんないたずらが延々と続くらしい。権力等を茶化すのは面白いが、単に面白がっているだけではないか。シャワーシーンはやり過ぎだろう。ラストのセリフは感情の発露で良いが、2人は終戦後も地元でこんな事をやり続ける連中のように思える。
KEI (2017年03月09日)
寒山2017年03月09日[投票(1)]
★4 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982/日)
京都が舞台の映画はいろいろあるが、このシリーズだとまた違う味が出る。ヒロインも今までに無い暗いキャラ造形で異色な出来だが、その分シリーズ中でも特に切ない。いしだあゆみ片岡仁左衛門も好演。ラストは何とも粋で、思わずニヤリとさせられる。あと… ['05.9.4VIDEO] [review]
直人 (2005年09月10日)
寒山, けにろん2017年03月09日[投票(2)]
★3 ラ・ラ・ランド(2016/米)
〇オカダ・カズチカ(46分45秒 レインメーカー→エビ固め)ケニー・オメガ● [review]
ペンクロフ (2017年03月02日)
プロキオン14, 38196952017年03月09日[投票(2)]
★4 フィツカラルド(1982/独)
二つの川の間の狭い陸地に男は夢をつなげた。川と陸地の位置関係による巧みな象徴作用。それは、狂気と滑稽の狭い狭間に崇高さが存在するというこの映画のテーマに見事に符合している。 [review]
ジェリー (2003年04月14日)
DSCH, ゑぎ, けにろん, いくけん2017年03月09日[投票(4)]
★5 フィツカラルド(1982/独)
こういうやつには、ついていかざるをえないんだろうな。 [review]
ちわわ (2002年03月20日)
DSCH2017年03月09日[投票(1)]
★5 フィツカラルド(1982/独)
キンスキーの怪演と共に狂走する映画に、実話前提であるが故に無軌道なストーリー展開にどう落ち着くのだろう不安感が相まって異様なテンションで鑑賞。 [review]
Kavalier (2003年07月24日)
DSCH, ジョー・チップ2017年03月09日[投票(2)]
★3 スパイダー(2001/米=独)
なんかこう、伏線たどってくと、先に「スカ」って書いた札がぶら下がってるんですけど。 [review]
はしぼそがらす (2005年12月01日)
プロキオン142017年03月09日[投票(1)]
★4 彼らが本気で編むときは、(2017/日)
女に生まれた者たちは女で“ある”ことでジェンダーの煩わしさにさらされ、女の姿を得られなかった者は過剰に女“らしく”ふるまうことで社会的な違和にさらされる。この“らしく−ある”ことの人間的生理と社会的意味との精神衛生上のバランスに正解はあるのだろうか。 [review]
ぽんしゅう (2017年03月09日)
KEI2017年03月09日[投票(1)]
★2 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978/日)
慎ましやかな人々を描いてこその山田演出は花形スターをマドンナに持ってきて端から届かぬ感を漲らせシラける。SKDの楽屋裏の描写が旅一座的猥雑さを混じえて良いのだが、華のあるべき場面まで泥臭いのでは救われん。武田の起用も少々うんざり。
けにろん (2014年09月07日)
寒山2017年03月08日[投票(1)]
★3 猿の惑星 創世記(ジェネシス)(2011/米)
物語展開には緩急という言葉があるが、本作は急ばかりで疲れた。音楽もうるさい。サルはよりリアルになったが、少し異様な感じがする。前シリーズのシーザーは可愛い所もあった。今回のは怖い。
KEI (2017年03月08日)
濡れ鼠, ぽんしゅう2017年03月08日[投票(2)]
★3 エベレスト 3D(2015/英=米=アイスランド)
そこに山があったのは判るが、ヤマはどこにあったんだろう…。
るぱぱ (2015年11月16日)
濡れ鼠, jollyjoker2017年03月08日[投票(2)]
★5 下妻物語(2004/日)
誰もが持っている「大切な出会い」が、自分にもきちんと訪れていたことを思い出させてくれる映画。面白くて楽しくて、そして何より嬉しい映画。 [review]
Myurakz (2004年10月27日)
プロキオン14, カルヤ, パグのしっぽ, りかちゅほか38 名2017年03月08日[投票(38)]
★3 男はつらいよ 葛飾立志篇(1975/日)
一番いいのが夢オチの倍賞千恵子のアリア、二番目が冒頭の桜田淳子の「お父さん」、三番目が大滝秀史の味な坊さん、で後は小林桂樹が持たせるだけで何もない。 [review]
寒山 (2017年03月08日)
けにろん2017年03月08日[投票(1)]