コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (14/20)

コメント推薦者最新投票日
★5 気狂いピエロ(1965/仏)
世界には、色と、光と、言葉と、文字と、音楽と、映画と、あなたと私しかいない。そんな瞬間が在る。 [review]
uyo (2002年08月23日)
けにろん, ゆ〜ゆ〜, セント, ギスジ2017年08月27日[投票(4)]
★4 気狂いピエロ(1965/仏)
「失われた日々」を求めて。(レビューはラストに言及) [review]
グラント・リー・バッファロー (2002年05月03日)
けにろん, uyo, くたー, ぱーこほか5 名2017年08月27日[投票(5)]
★3 気狂いピエロ(1965/仏)
わかる、わからない、の映画じゃないだろ。何も難しい事言ってない。このかっこつけ方に惹かれるか、しらけるか、だよ。
(2002年01月24日)
けにろん, 赤い戦車, Alcoholic, あき♪ほか5 名2017年08月27日[投票(5)]
★3 殺人の告白(2012/韓国)
豪快で荒々しくコミカルなアクションとしんみりとした人間ドラマの落差に戸惑う。何とも奇妙な味わいの残る一作。 [review]
パピヨン (2013年10月13日)
IN4MATION, まー, けにろん2017年08月27日[投票(3)]
★5 痴人の愛(1967/日)
安田道代の目にあらがうために、小沢昭一が大爆発!マエストロ増村が描くは、「幼稚な日本人の恋愛」もしくは「共依存と愛の境界の曖昧さ」 [review]
ボイス母 (2002年04月19日)
寒山, トシ2017年08月27日[投票(2)]
★4 ネバーエンディング・ストーリー(1984/独)
はたから見れば、本を読みながら叫びまわる妄想少年バスチアン。彼のたびたびの動揺よりアトレイユの冒険の方に興味が行くので、ちょっとウザイぞ。しかしファルコンのデザインには何故か無性に説得力がある。 [review]
HW (2002年07月13日)
けにろん, Bunge, ガッツ大魔王, ミュージカラー★梨音令嬢ほか6 名2017年08月27日[投票(6)]
★3 ネバーエンディング・ストーリー(1984/独)
湿った綿飴、牛乳にタップリ浸した千切った食パンのようなファルコン、ああ、かみかみしたあ〜い。こんなこと思うのは歯のない赤ちゃんか、お年寄りでしょうね、いったい私って、、、
KADAGIO (2001年12月20日)
けにろん, niboto, nipopo, モモ★ラッチ2017年08月27日[投票(4)]
★4 愛の渇き(1967/日)
プチブルの斜陽を描き変態臭がむんむんするヴィスコンティ擬きな爛れ。奥様然として園丁誑かし焦らし逸らし挙句逃げる。何やねんこの女なルリ子の怪演。俯瞰カメラのアンバランスは箱庭の歪みを表象する。もう少し世界観が拡張してたらド傑作だった。
けにろん (2017年08月27日)
水那岐2017年08月27日[投票(1)]
★3 愛の渇き(1967/日)
思い込みの激しいルリ子の独り相撲はいささか辟易させられる展開だが、カメラの冒険は一個のサスペンスとして脚本を盛り上げて余りある。義父のヒゲを剃るシーンの不安感を誘うカメラの引き、杉本邸敷地の鳥瞰図に会話を重ねる違和感の助長(その後でヘリに乗っている中村を写す諧謔)、夕食を頭上から眺める異常さ、等々。
水那岐 (2015年08月21日)
けにろん2017年08月27日[投票(1)]
★3 愛の渇き(1967/日)
浅丘ルリ子は好んで頻繁に欲求不満の人妻を演じているようだが、徹底して似合っておらず、それが逆に痛々しく、図らずも痛々しさがフェティッシュだったりするのだが。この映画での真剣なテンションは特に可笑しい。
オノエル (2002年08月10日)
けにろん2017年08月27日[投票(1)]
★3 あの頃ペニー・レインと(2000/米)
姉が弟に残したものは・・・ [review]
ぐるぐる (2017年08月27日)
けにろん2017年08月27日[投票(1)]
★2 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016/米)
企画ものだから仕方ないかもしれませんが、誰でも予想できる展開とテーマを一生懸命やられると、「作り手も仕事で仕方なくやってるのかなあ」などと思ってしまって(汗) [review]
YO--CHAN (2016年08月02日)
Orpheus, けにろん2017年08月27日[投票(2)]
★3 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016/米)
ようやくDC陣営が重い腰を上げたかと。その高らかな宣言がなされたという事では意義深い作品である。 [review]
Master (2016年03月27日)
Orpheus, ロープブレーク2017年08月27日[投票(2)]
★3 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016/米)
自分が希少であることに由来する矜持が社会環境とリンクするために、社会や政治の表層をただ撫でるようなカジュアルさが個人的な倫理観の追求に遠心性をもたらしている。何が問題となっているのかよくわからないのである。 [review]
disjunctive (2016年10月01日)
Orpheus, Sigenoriyuki, けにろん2017年08月27日[投票(3)]
★4 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016/米)
トランプだヒラリーだサンダースだと米大統領予備選に盛り上がる2016年。スーパーマンvsバットマンはまんま世界の警察vs孤立主義だぞいったいどっちが勝つシナリオなんだろうと思って見に行ったら、思いもよらぬ斜め上の回答が用意されていた。 [review]
ロープブレーク (2017年08月28日)
Orpheus2017年08月27日[投票(1)]
★4 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016/米)
目下のところザック・スナイダーの最高傑作だろう。撮影がラリー・フォンへと戻ったのは大成功だった。台詞が少ない、説明しない。人物は迷わずにただ行動し続ける――ヒーローというのは、目的がひとつしかない人物のことだ。そのただひとつの目的がなんであるか、その目的が邪悪であるか軽薄であるかポジティブであるかにかかわりなく、それがヒーローなんだ。(ジョン・カーペンター) [review]
Sigenoriyuki (2016年05月02日)
Orpheus, ロープブレーク, けにろん2017年08月27日[投票(3)]
★4 地獄でなぜ悪い(2013/日)
残虐で悪ふざけをするための強引な設定は、ちょっと間違えば破綻を免れなかったと思うが、綱渡りのような絶妙なバランスでうまく嘘をつききった。キーパーソンは友近と星野源。 [review]
おーい粗茶 (2014年10月18日)
DSCH, 水那岐, 緑雨, ぽんしゅう2017年08月26日[投票(4)]
★2 ちはやふる 上の句(2016/日)
これ、一体何が悪いんだろう?台本が悪い?演出が悪い?役者が悪い? [review]
ダリア (2017年08月25日)
けにろん2017年08月26日[投票(1)]
★4 あの頃ペニー・レインと(2000/米)
これは悪くない。とてもきめ細かな演出で好感が持てる。映画を見ながら時折「これならシナリオを読んだ方が面白いんじゃないか」と思えることがあるのだが、この映画はそんな類の映画ではない。キャメロン・クロウの演出家としての創造性、撮影現場での創意を感じさせるシーンが沢山ある。 [review]
ゑぎ (2002年08月09日)
ぐるぐる, 鵜 白 舞, トシ, ニュー人生ゲームほか7 名2017年08月26日[投票(7)]
★3 STAND BY ME ドラえもん(2014/日)
思わず涙の一つも流れるストーリーだが、いろいろ思うところもある。 [review]
プロキオン14 (2014年09月08日)
ぱーこ, IN4MATION2017年08月26日[投票(2)]