コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (18/20)

コメント推薦者最新投票日
★5 街の灯(1931/米)
子どもの頃、親と観て泣いた映画を再度親と観る。自分の嗜好の形成について&映画のラストについて(02/08/17) [review]
秦野さくら (2002年08月17日)
irodori, 週一本, ぽんしゅう, stag-Bほか13 名2020年09月29日[投票(13)]
★4 窮鼠はチーズの夢を見る(2020/日)
ゲスな俺はトドの夢を見る。トドのつまりは需要と供給。 [review]
ペペロンチーノ (2020年09月20日)
ゑぎ, けにろん2020年09月28日[投票(2)]
★4 女咲かせます(1987/日)
隠れ代表作とでも呼びたくなるぐらい松坂慶子が魅力的。むさ苦しい田中邦衛平田満らモグラ男どものなかで、松坂の華やかで、愛らしく、また軽妙で滑稽な変幻自在ぶりが実に楽しい。川谷、名古屋、清川、柄本ら脇も充実。森崎節、健在どころか絶好調。
ぽんしゅう (2009年12月09日)
寒山拾得2020年09月28日[投票(1)]
★3 窮鼠はチーズの夢を見る(2020/日)
禁断領域に踏み込むか止まるかの振り子はさとうが止まる側に引っ張ったおかげで反動をつけ越境する。その冷えた視線の交錯が牽引する前半はサスペンサブルだが、落ちてしまってからは急速に凡化。男同士の愛が須く段取り芝居めいて感傷の形骸がシラける。
けにろん (2020年09月28日)
水那岐2020年09月28日[投票(1)]
★4 フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017/米)
パステルカラーで見たくないものを塗り潰した世界を、見たくないものの存在すらまだ知らない子供たちが闊歩する。その芝居っ気のない暴走を放置する母親を、倫理で責める虚しさ。それでも見捨てない管理人(ウィレム・デフォー)の良心。そんな嘘のなさが救い。 [review]
ぽんしゅう (2020年01月29日)
ドド, DSCH, けにろん, 寒山拾得2020年09月28日[投票(4)]
★5 フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017/米)
「ああ、なんてことだ」と涙を落としながら思った、だって、嘘っぱちの夢の国がホントの夢の国になっちまうんだから [review]
週一本 (2018年10月07日)
ドド, ぽんしゅう, 寒山拾得, けにろん2020年09月28日[投票(4)]
★3 窮鼠はチーズの夢を見る(2020/日)
行定勲の演出能力を疑うわけではないので、たぶんのめり込めないのは原作漫画のキャラクターが自分に合わないだけなのだろう。ボーイズラヴの役割付けである、「攻め」と「受け」が作為的すぎるということなのだが。 [review]
水那岐 (2020年09月13日)
けにろん2020年09月28日[投票(1)]
★3 グリーンマイル(1999/米)
短篇をイマジネイトするに付加で済むなら長篇ではリストラクトが要る。これは換骨奪胎に終始する優等生映画。原作を解体再構築する映像作家の矜持は皆無。原作者にひれ伏したダボランキングから激怒をかったキューブリックを見習うべき。
けにろん (2007年07月29日)
緑雨, kazooJTR2020年09月27日[投票(2)]
★3 グリーンマイル(1999/米)
うーん、あの茶色のススみたいなやつは体に悪そう。逆癒し効果のあるプラスイオンでしょうか? [review]
おーい粗茶 (2004年11月10日)
緑雨, けにろん2020年09月27日[投票(2)]
★4 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980/日)
寅のマドンナに対する愛情が、娘に対する父親の思いとして描かれる。中年男が抱くほのかな思いと、何もできないもどかしさに説得力がありいつもの失恋騒動より好感が持てる。伊藤蘭も純情さの中にみせる、蓮っ葉さで境遇の悲しさを好演。なかなかの佳作。
ぽんしゅう (2003年01月22日)
G31, ぱーこ, ケネス, けにろん2020年09月27日[投票(4)]
★3 グリーンマイル(1999/米)
ごったまぜの素材で作った澄まし汁のような味。怖いもの見たさの冷浴効果と贖罪の快感に浸るという温浴効果とが混ざらず併存している。
ジェリー (2001年02月08日)
緑雨, けにろん, おーい粗茶2020年09月27日[投票(3)]
★3 グリーンマイル(1999/米)
せっかくいい話なんだからイヤなやつとそれが懲らしめられる、というのは余計だ。 [review]
torinoshield (2001年02月27日)
緑雨, pom curuze, peacefullife2020年09月27日[投票(3)]
★3 グリーンマイル(1999/米)
ネズミはずるいよなあ…。彼の辞書から「subtle」という単語は消されてしまったのか。 [review]
カフカのすあま (2001年06月11日)
緑雨, 草月, peacefullife, muffler&silencer[消音装置]2020年09月27日[投票(4)]
★3 グリーンマイル(1999/米)
この世には、悪意の塊のような、悪魔に近しい人間というのが確かにいる。そういう者達のエネルギーに苛まれる主人公は、ニュースを聞いて傷つくことがある我々の良心に照らし合わせても、とてもリアルなのだが、 [review]
kiona (2002年04月19日)
緑雨, Orpheus, セント, ほか10 名2020年09月27日[投票(10)]
★4 ジョーカー(2019/米)
部屋、エレベーター、街中ですら狭い閉塞感と息苦しい画面。広い場所が全く無い孤独。冴えまくってる演出。これホントにトッド・フィリップス?と思ったら。。 89/100 [review]
たろ (2019年10月07日)
緑雨, サイモン64, おーい粗茶, ぱーこほか5 名2020年09月27日[投票(5)]
★3 ジョーカー(2019/米)
もうホアキン・フェニックスの映画、としか云いようがない。勿論、撮影や演出等も、彼の創意を引き出すことに貢献しているのだが、しかし、主演者のポテンシャルが圧倒的に映画を支えている類の作品であることは間違いない。例えば、フェニックス以外のキャラクターは上手くいっていると思えない。 [review]
ゑぎ (2020年01月27日)
緑雨, おーい粗茶, カルヤ, ナム太郎ほか7 名2020年09月27日[投票(7)]
★3 ジョーカー(2019/米)
希望が足りない。 [review]
アブサン (2020年10月07日)
緑雨, おーい粗茶, カルヤ, ぽんしゅうほか7 名2020年09月27日[投票(7)]
★4 パヴァロッティ 太陽のテノール(2019/英=米)
たいへん豊かな伝記ドキュメンタリー映画だ。膨大な映像ストックがあったのだろうから、これぐらい見事な伝記映画を作ることができて当たり前かも知れないが、その大変さも思われる。 [review]
ゑぎ (2020年09月23日)
ぱーこ, プロキオン142020年09月27日[投票(2)]
★3 ジョーカー(2019/米)
社会との関係の中で悪は形成されるとすれば彼は断ち切られたところで足掻いてるだけだし、根源悪だったとすれば描かれた被虐は何だとなる。抑圧が弾け沸騰するゴッサムでの少年ブルースと対峙といった大構えなクロニクル味が取ってつけた風になりつまらない。
けにろん (2019年10月14日)
緑雨, アブサン, 寒山拾得, ロープブレークほか8 名2020年09月27日[投票(8)]
★4 ジョーカー(2019/米)
テロリストの一分。 [review]
おーい粗茶 (2020年09月27日)
緑雨, カルヤ, , プロキオン14ほか9 名2020年09月27日[投票(9)]