コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (18/20)

コメント推薦者最新投票日
★3 家族の肖像(1974/仏=伊)
教授の奥底で生涯ひそかに鳴動し続けていたのは「人を欲する」という動物のごとき激情。この映画もまた『ベニスに死す』と同様、発見と啓示の瞬間に挫折、転落していく知識人の物語。気品と美しさが溢れているおかげでこの残酷な短調のテーマを味わうことができた。
ジェリー (2008年01月01日)
けにろん2017年12月22日[投票(1)]
★4 家族の肖像(1974/仏=伊)
自らが逃げ込んだ美術と音楽の世界で、やっとコンラッドとの接点を見いだしたときに見せる老教授の嬉々とした目の輝きの哀れなこと。豊かな教養と深い造詣にの中に生きているかに見える老インテリは、遥か昔に思考することを放棄した抜け殻でしかなかった。
ぽんしゅう (2003年05月15日)
けにろん, ジェリー2017年12月22日[投票(2)]
★4 パトリオット・デイ(2016/米)
何が起きるか分かっている事件を描いてこの緊迫感。オーソドックスなホラー映画と同様の演出手法だろうが、上手い。上手すぎる。 [review]
G31 (2017年12月22日)
たろ2017年12月22日[投票(1)]
★2 パーティで女の子に話しかけるには(2017/米)
過去作ではアニメーションに仮託されハードな世界に温もりを与えたJ・C・ミッチェルのイノセンスがだだ漏れでゲップが出そう。エルのヘタレ歌とキッドマンの見てくれだけ感の所為で対置されたパンクシーンが胡散臭い。居た堪れなさが滲み出る。
けにろん (2017年12月22日)
月魚2017年12月22日[投票(1)]
★2 ダンケルク(2017/英=米=仏)
冒頭の、木製扉に撃ち込まれる銃弾の音がピーク。それ以降はドラマも感情移入のしどころも無い、戦場という舞台を借りたパニック大作と化す。結局はハーディの一人無双を楽しんだだけ。46/100 [review]
たろ (2017年12月21日)
ぽんしゅう, けにろん2017年12月22日[投票(2)]
★2 アルファヴィル(1965/仏=伊)
要はSFという設定に託してパリを語っている映画だと思うので、未来都市がパリの街並みにしか見えないってのは全然問題なし。問題は、それが大して面白くないってこと。
リーダー (2003年02月24日)
けにろん2017年12月22日[投票(1)]
★1 アルファヴィル(1965/仏=伊)
第三級誘惑婦?未来年?数学公園・・・?センスが理解できない。 [review]
(2000年08月22日)
けにろん2017年12月22日[投票(1)]
★5 周遊する蒸気船(1935/米)
ニュー・モーゼことバートン・チャーチルのいかがわしさ。ステッピン・フェチットの登場の仕方の意外性。グラント将軍をリー将軍にしてしまうという蝋人形の扱いのいいかげんさ。大いに笑いつつも、私はウィル・ロジャースアン・シャーリーに服を渡すシーンで泣けてしょうがない。 [review]
3819695 (2008年02月04日)
けにろん, ナム太郎, ボイス母2017年12月22日[投票(3)]
★3 周遊する蒸気船(1935/米)
新生モーゼという登場人物の使い方が回りくどいような気がして、どうもすっきり楽しめなかったのですよ。汝とっとと人助けをせよ。ハレルヤ![Video] [review]
Yasu (2007年10月29日)
けにろん2017年12月22日[投票(1)]
★5 周遊する蒸気船(1935/米)
ちょっと前に見たのでディテールは忘れてしまったけれど、この映画のことを考えると晴れた日曜の午後に自分がいるような気分になる。
nobue-i (2003年10月08日)
けにろん, 動物園のクマ, モノリス砥石2017年12月22日[投票(3)]
★2 パラサイト(1998/米)
チアリーダーは金髪、アメフトのキャプテンはムキムキのハンサムじゃないと!不良はそんな髪型しちゃダメ!眼鏡のガリ勉君を忘れてる!でもファムケ姐御のコスプレ良し。 [review]
mize (2002年03月25日)
G31, ina, くたー2017年12月22日[投票(3)]
★4 疑惑(1982/日)
これは見事な映画だ。こんな脚本(松本清張自身による)で映画が撮れるなんて何と幸福な監督だろう。トリックの思いつきが偶然だがそんなことはどうでも良い。この岩下志麻を演じさせることができるだけでもう充分。
ゑぎ (2002年12月04日)
寒山, 牛乳瓶2017年12月21日[投票(2)]
★4 疑惑(1982/日)
これ観てなんとなく女に生まれてよかったような気がしてくるわたしはまずいでしょうか?
はしぼそがらす (2003年12月08日)
寒山, 直人2017年12月21日[投票(2)]
★4 疑惑(1982/日)
これ見て弁護士に憧れました。法学部受けました。落ちました。
りかちゅ (2002年04月11日)
寒山, 直人, はしぼそがらす, けにろん2017年12月21日[投票(4)]
★4 疑惑(1982/日)
登場人物全員の演技の素晴らしさ!それぞれが自分の役を完璧に演じ切っていた。邦画の法廷物としても凄い。 [review]
青山実花 (2009年04月09日)
寒山, ぽんしゅう, けにろん, TOMIMORI2017年12月21日[投票(4)]
★4 疑惑(1982/日)
主役の二人がどんなにガンバっても、足元にもおよばない、山田五十鈴のカッコよさ! [review]
Shrewd Fellow (2001年11月22日)
寒山, 町田, ぽんしゅう, ユキポンほか9 名2017年12月21日[投票(9)]
★4 スウィングガールズ(2004/日)
「魅せるための映画の嘘」がやたら横行する作品ではあるものの、恋愛抜きの高校生活でも結構楽しいことを提示してくれたのは嬉しい。前作でも思ったけど、何も考えずに熱中できるものを見つけるなんて、社会人にはなかなか難しいことだもの。だから余計キラキラしている彼女たちの笑顔が本当に羨ましい。
tkcrows (2005年03月26日)
Shrewd Fellow, おーい粗茶, 水那岐2017年12月21日[投票(3)]
★5 スウィングガールズ(2004/日)
序盤の彼女等はちょっとばかり可愛らしい。そしてラストの彼女等は鳥肌が立つ程カッコイイ。追記:努力の過程を排除した構成は「安易」なのか、それとも「省略の妙」なのか。 [review]
sawa:38 (2005年04月21日)
Shrewd Fellow, これで最後, 林田乃丞, おーい粗茶ほか12 名2017年12月21日[投票(12)]
★5 愛の奴隷(1976/露)
ストーリーはともかく、人間たちがごちゃごちゃ動く、生命力。 そしてラスト映像の美しさ! [review]
マグダラの阿闍世王 (2002年04月18日)
けにろん2017年12月20日[投票(1)]
★3 日本の熱い日々 謀殺・下山事件(1981/日)
「シベリアからの復員兵たちが出迎えの家族の手を振り切って東京に向かっている!まるで革命軍が上陸しているといった状況だ!」この冒頭の台詞に震える。まさに革命が進行していた日本を滴る「汗」で表現しきっている。制作姿勢に敬服する。
sawa:38 (2009年03月07日)
けにろん2017年12月20日[投票(1)]