コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (18/20)

コメント推薦者最新投票日
★3 海辺の生と死(2017/日)
孤軍奮闘の満島劇場 [review]
寒山 (2017年09月11日)
セント, DSCH, ぽんしゅう2017年08月21日[投票(3)]
★3 昭和残侠伝(1965/日)
積もりに積もった怒りが一気に噴出してしまうまでが、むしろ楽しい。クライマックスにいたるまでの悶えの美というか、 切れてるとも抑えているとも見える表情の高倉健のストイックさが往年のファンにはたまらないのだろう。
ジェリー (2003年11月03日)
jollyjoker2017年08月21日[投票(1)]
★2 L.A.コンフィデンシャル(1997/米)
この手の [review]
白菜 (2002年08月17日)
寒山2017年08月20日[投票(1)]
★3 美しきセルジュ(1958/仏)
ジェラール・ブランのバタ臭い風貌も含め、シャブロルの作風は極めてアメリカ寄りで、内容的にも同時代のT・ウィリアムズものを髣髴とさせるが、それだけにあの、手のひらを返すような素気無いラストは強烈だ。 [review]
町田 (2005年10月16日)
けにろん2017年08月20日[投票(1)]
★3 美しきセルジュ(1958/仏)
ヌーヴェル・バーグの記念すべき第1作だということは判るのだが…登場人物たちの苦悩がいまひとつ観る側に伝わってこないので、感情移入がしにくいのが難点。だがアンリ・ドカエの美しい撮影は必見と言えよう。
ガブリエルアン・カットグラ (2003年07月23日)
けにろん2017年08月20日[投票(1)]
★4 殺人の追憶(2003/韓国)
脳裏をよぎる時代。(レビューはラストに言及) [review]
グラント・リー・バッファロー (2004年06月06日)
べーたん, DSCH, パグのしっぽ, おーい粗茶ほか10 名2017年08月20日[投票(10)]
★4 殺人の追憶(2003/韓国)
ヒューマニズムも勧善懲悪もカタルシスもない。人間の悲しい本質を見つめた視線が時代と国を越え深い余韻の痕を残す。そして事件は現代に繋がっているという事実。 [review]
新人王赤星 (2005年02月13日)
べーたん, 水那岐, けにろん, ぽんしゅうほか7 名2017年08月20日[投票(7)]
★5 殺人の追憶(2003/韓国)
終わってみると「あれ?」と思う細かい点はあるのだが、見ている時はそれらがいっさい気にならない、異様な迫力に満ちた映画。ともかく、映画の中に引きずり込まれてしまう。 [review]
シーチキン (2004年03月31日)
べーたん, フランコ, tredair, takamariほか11 名2017年08月20日[投票(11)]
★5 殺人の追憶(2003/韓国)
身構えて観ていたら、いい加減極まりない実地検分に唖然とし、さらにソン・ガンホの飛び蹴りに爆笑するはめに・・・。確信犯的なギャグ描写に監督の自信に満ちた実力を見る。 [review]
ジョー・チップ (2004年10月02日)
べーたん, ナム太郎, 3819695, おーい粗茶ほか13 名2017年08月20日[投票(13)]
★5 殺人の追憶(2003/韓国)
創造主(かみ)の仕組み賜うた最も残酷な悪戯(ジョーク)。それは生きとし生きるもの全てに「殺人者」となる資質と資格を与えたことである。 [review]
町田 (2004年05月01日)
べーたん, kirua, 林田乃丞, おーい粗茶ほか19 名2017年08月20日[投票(19)]
★5 殺人の追憶(2003/韓国)
捜査に携わる男たちの焦りが、何か大きなものに急き立てられる苛立ちへといつしか変わっていく。それは、やり残したことを抱えながら青春を終えなければならない少年のやるせなさに似ている。目に見えない「ある価値」の終焉が映画の根底に存在するからだ。 [review]
ぽんしゅう (2005年04月04日)
べーたん, kirua, DSCH, ほか24 名2017年08月20日[投票(24)]
★4 ゼンタイ(2013/日)
どの逸話の登場人物たちも行動しない、行動するまえに手前勝手な、あるいは自己防衛的な理屈を並べたてるだけだ。ゼンタイたちは違う。彼らは姿を隠しながらも行動し連帯の可能性を探り確かめ合う。この両極の「あいだ」は、どこへいってしまったのだろうか。 [review]
ぽんしゅう (2017年08月20日)
jollyjoker, ペペロンチーノ2017年08月20日[投票(2)]
★4 ゼンタイ(2013/日)
ついに時代はここまで来たか。 [review]
ペペロンチーノ (2014年04月28日)
jollyjoker, ぽんしゅう2017年08月20日[投票(2)]
★3 グリーン・デスティニー(2000/米=中国)
撓う竹の細枝を飛ぶが如くに舞う中国古来の仙人伝説と同列にワイヤーアクションを並べれば理詰めでは納得できたとしてもミシェールツィイーの殺陣を見てしまえば矢張り重力を感じたいと思う。悠久の夢幻に飛翔するかのようなラストが素晴らしい。
けにろん (2017年08月14日)
水那岐2017年08月20日[投票(1)]
★5 アンダー・ザ・チェリームーン(1986/米)
86年ゴールデンラズベリー最低作品賞受賞。「プリンスがどんなに凄いヤツか、お前等にはわからんだろう」byミックジャガー [review]
週一本 (2017年08月20日)
濡れ鼠2017年08月20日[投票(1)]
★3 グリーン・デスティニー(2000/米=中国)
京劇の国とはいえ、若く美しいチャン・ツィイーがこれだけのアクションを駆使するこの国の、演技の在り様の違いをまざまざと見せつけられる。しかし、眠れる獅子未だ目覚めずか。リアリティのない飛行活劇は、前世紀である清国のエピソードを始皇帝時代と同じに見せてしまう。幻想譚と観ればそれまでか。
水那岐 (2003年08月04日)
けにろん, evergreen2017年08月19日[投票(2)]
★3 グリーン・デスティニー(2000/米=中国)
マジでウザイよチャン・ツィイー。ユンファ様になんてことすんだ! [review]
ざいあす (2002年09月24日)
けにろん, わっこ, , Ryu-Zen2017年08月19日[投票(4)]
★4 グリーン・デスティニー(2000/米=中国)
「アジアの星」を差し置いて・・ [review]
きわ (2002年08月17日)
けにろん2017年08月19日[投票(1)]
★4 グリーン・デスティニー(2000/米=中国)
湾曲した竹の先端近くにチョウ・ユンファが静止しているカットは息を呑むほど美しい映画的瞬間だ。 [review]
ゑぎ (2002年05月16日)
けにろん, 空イグアナ, オノエル, ざいあすほか10 名2017年08月19日[投票(10)]
★4 グリーン・デスティニー(2000/米=中国)
恋するときだけ地上に降り立つ剣士たち。凡人は恋するときだけ舞い上がるのよ。
はしぼそがらす (2001年11月04日)
けにろん, Lostie, ゼロゼロUFO, mootほか19 名2017年08月19日[投票(19)]