コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (20/20)

コメント推薦者最新投票日
★3 ゴーストバスターズ(2016/米)
残念ながら、吹き替え版で鑑賞。せっかくデバージなのに、「ビヨンセ聞く?」とか、「どっかの知事じゃあるまいし」とか、内輪ネタ、時事ネタでは、今更感が半端なかった。 [review]
プロキオン14 (2016年09月11日)
ロープブレーク2021年02月26日[投票(1)]
★3 インセプション(2010/米)
だからノーランってばちゃんと俺の『パプリカ』review 読んだのォ? ☆3.7点。 [review]
死ぬまでシネマ (2010年09月20日)
ロープブレーク, けにろん2021年02月26日[投票(2)]
★3 インセプション(2010/米)
エンドロールが流れた瞬間おもわず舌打ちしてしまった。 [review]
kaki (2010年09月05日)
ロープブレーク2021年02月26日[投票(1)]
★3 インセプション(2010/米)
いやいやマーフィー君、そんなに感動されても(苦笑) [review]
カルヤ (2020年09月25日)
ロープブレーク, 青山実花, けにろん2021年02月26日[投票(3)]
★3 インセプション(2010/米)
まめぐるしい展開が結構疲れます。(2010/12/31) [review]
chokobo (2011年02月03日)
ロープブレーク, おーい粗茶, solid632021年02月26日[投票(3)]
★3 インセプション(2010/米)
不可能作戦を遂行するプロ集団のリーダーが個人的事情に拘泥してウジウジして展開が間延びし、どっちつかずで尺だけ長い。夢だから何でも有りとは言え4段階の夢中夢の舞台設定に伏線のかけらもない。あるのは絵づらの趣向のみでアホらしい。
けにろん (2010年08月10日)
ロープブレーク, おーい粗茶, クワドラAS, はしぼそがらすほか17 名2021年02月26日[投票(17)]
★3 インセプション(2010/米)
人の夢の話って意外とつまらないものでしょう。それを延々と見せられた感じ。
青山実花 (2010年08月11日)
ロープブレーク, おーい粗茶, カルヤ, けにろん2021年02月26日[投票(4)]
★4 インセプション(2010/米)
清算するべき過去の過ちに苦しむ主人公をじっくり描いて欲しかった。雑魚ばっかのロバートの防衛軍との戦闘なんて迫力のカケラもないので、(特に雪山が)かったるい。監督が描きたいテーマは分かるがそれのために主人公達が引っ張られて、めちゃくちゃな行動をとっている印象。映像と音楽はスゴいので★4…だけど。84/100 [review]
たろ (2018年07月03日)
ロープブレーク2021年02月26日[投票(1)]
★4 インセプション(2010/米)
主人公コブから生まれた妻の潜在意識がホラーの殺人鬼さながらに、主人公たちの任務を妨害しに現れるのは面白い。 [review]
わっこ (2012年09月06日)
ロープブレーク2021年02月26日[投票(1)]
★4 ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015/米)
ありがちなネタなんだけどリズム感が独特で新鮮。出ている人たちも生き生きしていてよい。この監督の作品、次も早く観てみたいな。
ドド (2018年05月04日)
t3b2021年02月26日[投票(1)]
★1 宇宙大怪獣ギララ(1967/日)
いろいろ研究したという割には全然ダメ。 [review]
荒馬大介 (2001年12月07日)
ペンクロフ, 水那岐, 小紫, おーい粗茶ほか6 名2021年02月26日[投票(6)]
★2 宇宙大怪獣ギララ(1967/日)
特撮の貧しさは単にノウハウや予算の問題だとしても、脚色のいい加減さが悲しい。「怪獣モノやっとけ」くらいのテンションの低さバレバレ。地球と火星の間の月基地の割り込ませ方と、入れ換わるクルーの設定だけは意味不明だけど面白かった。 [review]
おーい粗茶 (2008年05月09日)
ペンクロフ2021年02月26日[投票(1)]
★2 宇宙大怪獣ギララ(1967/日)
私は最初の能天気なテーマソング(歌、倍賞千恵子)でヤバイと思いました。
ジョー・チップ (2002年02月16日)
ペンクロフ, 水那岐, おーい粗茶, 荒馬大介2021年02月26日[投票(4)]
★4 わたしの叔父さん(2019/デンマーク)
自分の役割を探す物語。世界は広い。 [review]
ペペロンチーノ (2021年02月24日)
けにろん2021年02月25日[投票(1)]
★3 陽炎座(1981/日)
ツィゴイネルワイゼン』のように恐怖譚を地道に綴るでもなく、『カポネ』のように冗談で弾けるでもなく中途半端で、漫然と繋げた没フィルムの束を観せられたような印象。実際それが狙いではないのだろうか。 [review]
寒山拾得 (2021年02月24日)
DSCH, けにろん2021年02月24日[投票(2)]
★4 プラネット・テラー in グラインドハウス(2007/米)
影響を受けたB級映画群の要素を煮詰めてクレオールにしている。要素詰め込み過ぎで面白いんだけど、筋はなんだっけと思わせてしまうくらいとりとめがない。
t3b (2021年02月24日)
けにろん2021年02月24日[投票(1)]
★3 クロノス(1993/メキシコ)
「ファントムブラッド」(1986)その儘やんけ。☆3.6点。 [review]
死ぬまでシネマ (2021年02月22日)
t3b2021年02月24日[投票(1)]
★2 陽炎座(1981/日)
ツィゴイネルワイゼン』が10年以上寝かせた特上のワインだとすれば、こいつは即席のカストリ酒だ。ペラい役者が織りなす清順歌舞伎というより紙芝居。余裕の無い優作は木偶の坊にしか見えなく、陽炎座の部分も冗長としか思えない。
けにろん (2003年11月01日)
寒山拾得, ルクレ, mal2021年02月24日[投票(3)]
★2 鬼畜大宴会(1998/日)
映画少年ならば映研に入ってとりあえず撮ってみたいのが「弾着」「血糊」。 [review]
sawa:38 (2003年12月09日)
寒山拾得, 死ぬまでシネマ, 水那岐2021年02月24日[投票(3)]
★3 鬼畜大宴会(1998/日)
若松孝二に比べりゃ思想性も詩情も全然ない。むしろそういうものを排して徹底的なバカ映画にしようとしている。が、もう少し描きこまないと何をバカにしたいのかが伝わってこない。結果的にただのホラー映画に。
_ (2002年02月22日)
寒山拾得, ねこすけ, worianne2021年02月24日[投票(3)]