コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (20/20)

コメント推薦者最新投票日
★3 野性の証明(1978/日)
中野良子薬師丸ひろ子は私的に声が好きな二大女優。あの顔から何であの声が出るのか不思議。本編そっちのけで聞き惚れる。 [review]
寒山 (2014年12月07日)
死ぬまでシネマ, tredair, pori, けにろん2019年11月05日[投票(4)]
★4 工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男(2018/韓国)
金正日のチワワ [review]
寒山 (2019年11月05日)
けにろん2019年11月05日[投票(1)]
★5 工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男(2018/韓国)
時の政権の思惑に惨めに振り回される秘密工作員の、確固たる信念にもとづく行動が、最後の最後に深い感動を呼ぶ。所謂「スパイ映画」の新境地を切り開いたといっても良いと思う。 [review]
シーチキン (2019年09月18日)
寒山, けにろん2019年11月05日[投票(2)]
★5 アフリカの光(1975/日)
抱き癖のついた邦衛のモモヒキ姿がいとしくてたまらない・・・5点じゃ足りないです。
worianne (2003年03月14日)
寒山2019年11月05日[投票(1)]
★3 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(2014/英=米)
全体に、これぞアカデミー脚色賞の映画、だと言えるだろう。決してダメダメな映画ではないのだが、社会的テーマ性にポイントを置かない限り、本作を高位に位置付けることはできない。 [review]
ゑぎ (2019年11月04日)
ナム太郎2019年11月04日[投票(1)]
★3 パッセンジャー(2016/米)
宇宙船の描写は洗練された感じでSFとしては上出来だと思う。なんだか『WALL・E ウォーリー』に出てくる宇宙船の実写版という気はしないでもないが。それなりに盛り上がって楽しめる映画ではある。ただ… [review]
シーチキン (2017年04月06日)
ゑぎ, サイモン64, カルヤ2019年11月04日[投票(3)]
★3 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(2014/英=米)
エニグマ解読の軌跡は幾何学図形やレトロCPの形象の珍奇さで誤魔化され結局決め手はそんなことかいという落胆。文系男子が理系題材を調理したってこの程度かと思う。終盤、大局的非情と性嗜好の露見が錯綜するが連関も無いので感慨もわかない。全てが底浅。
けにろん (2015年04月21日)
ゑぎ, 寒山, 緑雨, 3819695ほか5 名2019年11月04日[投票(5)]
★3 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(2014/英=米)
天才だが「変人」な主人公が、美しきパートナーと友人たちの理解と協力を得て偉業に挑む…って『ビューティフル・マインド』とかと全く同じ作劇構成で、時間軸の交錯も含めて演出も特に目新しいものはなく、前半部は凡庸さしか感じなかった。 [review]
緑雨 (2015年05月05日)
ゑぎ, 3819695, けにろん2019年11月04日[投票(3)]
★3 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(2014/英=米)
シックなおしゃれ小箱風「エニグマ」と、多数のシリンダーがぐりぐり回転する容貌魁偉の「クリストファー」の外観的対照は称賛に足る美術・小道具班の仕事だが、欲を云えばクリストファーはもっと面妖に巨大で、部屋を埋め尽くすほどの体積を誇ってほしい。各時代の最先端電子計算機がそうである以上に。 [review]
3819695 (2015年05月08日)
ゑぎ, YO--CHAN, 寒山, けにろんほか5 名2019年11月04日[投票(5)]
★3 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(2014/英=米)
筋書きは面白く飽きずには見られるが、鑑賞後にその題材の重さに比例するほどのものが残るのかというと決してそうではない。 [review]
ナム太郎 (2019年04月15日)
ゑぎ, 3819695, けにろん2019年11月04日[投票(3)]
★4 The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)
緊急通報指令室というほぼひとつの空間で、ほぼ一人芝居。大部屋から小部屋へ、さらにブラインドを下ろし、照明も赤色のランプになる。画変わりを工夫すると同時に、舞台の変化が主人公の心情を表現する。主人公のイヤなやつっぷりも上手い。 [review]
アブサン (2019年11月04日)
jollyjoker, けにろん, プロキオン142019年11月04日[投票(3)]
★4 震える舌(1980/日)
全ての医療ドラマがこの映画の前にひれ伏すべき傑作。もう二度と観たくないけど。 [review]
ペペロンチーノ (2014年10月12日)
たろ, KEI2019年11月04日[投票(2)]
★5 震える舌(1980/日)
此岸の『エクソシスト』 [review]
ペンクロフ (2012年05月09日)
たろ, 死ぬまでシネマ, ペペロンチーノ, G31ほか7 名2019年11月04日[投票(7)]
★5 イエスタデイ(2019/英)
「名曲はどんな楽器で演奏しても名曲と感じられる」と、誰かが言ってたのを最初に想い出した。 [review]
サイモン64 (2019年10月22日)
プロキオン14, ぱーこ2019年11月04日[投票(2)]
★5 男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975/日)
なんという切なさ。さすらい人リリー(浅丘)の強がりの陰に隠された寂しさと、戻れない男たる寅の気ままさの裏返しである悲哀が、磁石のように惹きつけあい、一瞬にして反発しあう無情。そんな流れ者たちの定めを凡庸なサラリーマン船越英二が際立たせる。傑作。 [review]
ぽんしゅう (2017年07月18日)
G31, 死ぬまでシネマ, tredair, 2019年11月04日[投票(4)]
★5 男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975/日)
この説得力は何だ。 [review]
ぱーこ (2018年11月08日)
G31, Shrewd Fellow, 死ぬまでシネマ, ゑぎほか10 名2019年11月04日[投票(10)]
★3 MW -ムウ-(2009/日)
原作の面白さを知ってる者が観ると設定や解釈の違いに呆然とするであろう。けれど原作を知らずして観ても、それなりに観られる気もする。しかし、本作の、はしょった後半の急展開は、やはり原作を読んでいないと解らないであろう。玉木宏は健闘しており、尻込みした製作陣をよそに、これなら原作通りでも演じ切れた様な勢いを感じた。 [review]
TOBBY (2009年07月11日)
とっつぁん, ダリア, 死ぬまでシネマ, 水那岐2019年11月03日[投票(4)]
★4 The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)
「観客満足度、驚異の100%」という予告編。100%はちょっと盛りすぎな気もするが、私も「満足」に一票。 [review]
プロキオン14 (2019年03月09日)
アブサン, シーチキン2019年11月03日[投票(2)]
★4 The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)
何とか緊張感を維持した88分間、見事。☆4.2点。 [review]
死ぬまでシネマ (2019年03月04日)
アブサン, けにろん, プロキオン142019年11月03日[投票(3)]
★4 The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)
ネタバレなく面白さを伝えるのが難しい作品。(大ネタに言及してますので、鑑賞前はレビューを見ないようにお願いします。) [review]
Master (2019年04月21日)
アブサン, けにろん2019年11月03日[投票(2)]