コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (5/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 彼らは生きていた(2018/英=ニュージーランド)
映像と音声で“肉体”を再生し時空を埋める試み。古びた白黒映像が色を得る瞬間が衝撃的。生々しい「血色」を取り戻した100年前の若き兵士たちの、あどけない表情にひとり一人の個性が滲み、ナレーションを廃し間断なく流れる100年前の「証言」がリアルを担保する。 [review]
ぽんしゅう (2020年02月08日)
irodori, ペンクロフ, jollyjoker2020年10月22日[投票(3)]
★4 帝一の國(2017/日)
昭和の実話だと言っても、平成の子は信じてくれないんでしょうなぁ。野村周平は青大将。 [review]
ペペロンチーノ (2017年06月04日)
まりな, 水那岐, tredair2020年10月22日[投票(3)]
★3 海街diary(2015/日)
なんと神々しい4人の女性たち。樹木希林、大竹しのぶ、風吹ジュン、+キムラ緑子(<素直じゃねーな) [review]
ペペロンチーノ (2015年07月26日)
まりな, ロープブレーク, ペンクロフ, セントほか5 名2020年10月22日[投票(5)]
★3 TENET テネット(2020/米)
異なる時間軸に属する「時間」が同一画面上を流れているのが、ちゃんと「見える」。その高度なエンジニアリング(ノーランの場合この言葉を使いたい)には脱帽するも、奇矯な外見を取り払ったら何が残るのだろう。コワモテのわりには幼稚な感じがするのだが…
(2020年10月29日)
けにろん2020年10月22日[投票(1)]
★3 TENET テネット(2020/米)
話は適当。何九つのアルゴリズム?ドラゴンボールかね。エントロピーの減少?陽電子の消滅?とても真面目に考える気がしない。画面なかなか。 [review]
ぱーこ (2020年10月05日)
, けにろん2020年10月22日[投票(2)]
★3 TENET テネット(2020/米)
いなとこてっうどな映画。 [review]
G31 (2020年09月22日)
, ぱーこ, けにろん, トシほか7 名2020年10月22日[投票(7)]
★5 銀河鉄道999(1979/日)
細かい設定はめっちゃくちゃ。それでもなんだかのめりこんじゃう。娯楽はやっぱこうでなくちゃ。どのキャラクターもかっちょいい! どのセリフもかっちょいい! もう何十回と見てる。
ebi (2002年03月02日)
YO--CHAN, 甘崎庵, あさのしんじ, peacefullife2020年10月22日[投票(4)]
★3 猿の惑星 創世記(ジェネシス)(2011/米)
現行のルール上、アンディ・サーキスはアカデミー主演男優賞をはじめ、どのような賞の対象にもならない。我々は100年後の映画ファンに笑われるだろうな [review]
ペンクロフ (2011年10月27日)
YO--CHAN, 水那岐, tkcrows, おーい粗茶ほか7 名2020年10月22日[投票(7)]
★4 猿の惑星 創世記(ジェネシス)(2011/米)
脚本が秀逸。シーザーのイケメンっぷりが好印象。84/100
たろ (2012年08月21日)
YO--CHAN2020年10月22日[投票(1)]
★4 猿の惑星 創世記(ジェネシス)(2011/米)
今の目で見ると評価したくなるというのはある。 [review]
t3b (2020年10月21日)
YO--CHAN2020年10月22日[投票(1)]
★4 はりぼて(2020/日)
全員クソ野郎 [review]
ペンクロフ (2020年10月20日)
寒山拾得, Cucker Carlson, ぽんしゅう, ぱーこ2020年10月22日[投票(4)]
★4 はりぼて(2020/日)
酒が好きなもので遊ぶ金が欲しかった。いや、だって、みんなやってるし。あの人から言われたら断れない。不正の証拠を突きつけられ、ぐうの音も出ずしょげ返る(あえて書きますが)田舎議員たちの滑稽を、間違っても“人間臭くて憎めない”などと許してはいけない。 [review]
ぽんしゅう (2020年10月19日)
寒山拾得, ペンクロフ2020年10月22日[投票(2)]
★4 翔んだカップル(1980/日)
同棲が終わっただけでは失恋にならない。裏切りから抽出された哀感が流用されて失恋の強烈な愁訴をもたらすのである。 [review]
disjunctive (2020年08月30日)
週一本, ぽんしゅう, けにろん2020年10月22日[投票(3)]
★5 翔んだカップル(1980/日)
これは紛れもなく大傑作だ。本当に凄いと思う。かつて常に半人前としてしか描かれなかった高校生を(それは『けんかえれじい』でさえそうだ)全く一人前として描いている。相米慎二の天才の証明。
ゑぎ (2002年11月28日)
週一本, disjunctive, けにろん, デナほか7 名2020年10月22日[投票(7)]
★5 翔んだカップル(1980/日)
再見して改めて映画的興奮に満ち溢れた作品であることを確認した。これはただのアイドル映画ではない。デビュー作にして相米慎二が優れた映画作家であることを証明した記念碑であり、その輝きは20年たった今も全く失われていない。
ナム太郎 (2001年12月30日)
週一本, けにろん, 太陽と戦慄, inaほか5 名2020年10月22日[投票(5)]
★4 ザ・バニシング 消失(1988/仏=オランダ)
行方不明をテーマにした作品としては序盤から予想外の展開になるので最後まで目が離せないのは確か。 [review]
おーい粗茶 (2020年08月10日)
irodori, Cucker Carlson, けにろん2020年10月22日[投票(3)]
★4 ジャッキー・ブラウン(1997/米)
パム・グリアーロバート・フォースターの初対面時の切り返しにタランティーノのド本気を感じ、涙した。
赤い戦車 (2013年07月16日)
irodori, 週一本2020年10月22日[投票(2)]
★3 ジャッキー・ブラウン(1997/米)
ファンキー。 [review]
グラント・リー・バッファロー (2004年01月23日)
irodori, ぽんしゅう, Shrewd Fellow, けにろん2020年10月22日[投票(4)]
★5 セックス・アンド・ザ・シティ(2008/米)
「期待通り」なことが、これほど嬉しいとは。 [review]
きわ (2008年09月05日)
まりな, G31, MM2020年10月21日[投票(3)]
★5 セックス・アンド・ザ・シティ(2008/米)
どんなにかっこ悪くても、それぞれが欲しいものを、一生懸命に馬鹿みたいに躍起になって本気で全力で手に入れようとする彼女たちが私はとても好き。 [review]
モロッコ (2010年10月29日)
まりな, きわ2020年10月21日[投票(2)]