コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (9/20)

コメント推薦者最新投票日
★2 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012/日)
シンジ:「僕にはカヲルくんが何を言ってるのか全然わからないよっ!」 このセリフ、移植しますかw 誰もわかりませんから安心してください。観客とシンジのシンクロ率は著しく低下し、観客は置いてけぼり。ハッキリしていることは、『』単体としてみた場合、人に勧められるレベルの映画ではないということ。(2012.11.17 鑑賞) [review]
IN4MATION (2021年01月12日)
けにろん, おーい粗茶, プロキオン14, ほか9 名2021年01月11日[投票(9)]
★5 晩春(1949/日)
皆さんのコメントを読んでみて、きっと(そろそろ)再上映してみたら良いのではないかと思いました。日本人のあり方を考えるのにとても都合の良い映画ではないでしょうか?楽しめます。 [review]
chokobo (2010年04月29日)
おーい粗茶2021年01月11日[投票(1)]
★3 二重生活(2015/日)
尾行は二重生活じゃないし「どちらが自分か判らなくなる実存」を描くのなら主役は西田尚美でないとおかしい。何か間違えてないか。冒頭の「人を尾行するのが習慣になった」なるソフィ・ガルの引用には人を行動に駆り立てる悪意があり秀逸なのだけど。 [review]
寒山拾得 (2021年01月11日)
けにろん2021年01月11日[投票(1)]
★2 それでもボクはやってない(2007/日)
ドラマとして面白い、興味深い、知らなかったことを知り得た、社会的な意義を感じた、だからどうした。マニュアル(説明書)的な価値以上のものが、ほとんど見つからない。コンプライアンス遵守研修で見せられるビデオのような映画だ。 [review]
ゑぎ (2021年01月10日)
けにろん2021年01月11日[投票(1)]
★4 シルビーの帰郷(1987/カナダ)
自分はどっかオカシイんじゃないかと真剣に悩んだことのある人へ。
ミイ (2001年07月26日)
G31, mal, muffler&silencer[消音装置], tredair2021年01月10日[投票(4)]
★3 それでもボクはやってない(2007/日)
常套句のように言われるTVのルポで充分…が聞こえてこないのも不気味だが、判決を述べる判事の見解は隙がなく冷徹な視線ではある。ただ、その程度のものを期待していたのではない。このアプローチなら悲嘆の詠嘆をこそ突き詰めるしかない。尾っぽが邪魔。
けにろん (2007年08月01日)
ゑぎ2021年01月10日[投票(1)]
★1 それでもボクはやってない(2007/日)
説話的緊張感はあっても、映画的緊張も興奮もない2時間。映画館は映画を観る場所で、説明や主張を聞く場所ではないはずですが。長いワンショットは何のため?カメラを微妙に揺らさないで。デザインセンスを感じる人なのに、どうしちゃったんだろう、、、。
動物園のクマ (2007年02月06日)
ゑぎ, SODOM2021年01月10日[投票(2)]
★2 復活の日(1980/日)
ウィルス蔓延の恐怖を描いた前半は不慣れな題材ながらも深作が頑張ってる感が伝わり意外と悪くないが、冗長な後半で台無しになっており勿体ない。南極ロケの映像に魅力がないうえ、大仰で湿っぽい音楽の使い方が作品を更にチープな印象に引き下げてしまった。
太陽と戦慄 (2021年01月09日)
ぽんしゅう, けにろん2021年01月10日[投票(2)]
★3 アナと雪の女王(2013/米)
性 [review]
ペンクロフ (2019年02月07日)
おーい粗茶, ぱーこ, 死ぬまでシネマ, ペペロンチーノほか7 名2021年01月10日[投票(7)]
★4 アナと雪の女王(2013/米)
あなたに妹はいますか?姉妹にしかわからない感動がある。好き。
YUKA (2015年02月11日)
おーい粗茶2021年01月10日[投票(1)]
★3 アナと雪の女王(2013/米)
中盤のミュージカル展開まではよかった。泣いた。 [review]
BRAVO30000W! (2014年07月24日)
おーい粗茶2021年01月10日[投票(1)]
★4 アナと雪の女王(2013/米)
魔法をただのファンタジー的な設定としてではなく、生まれつきの体質のような概念として描いているところがよかった。曲がいいだけと揶揄する声も聞くが、ストーリーもちゃんと練られていると思う。 [review]
agulii (2014年04月26日)
おーい粗茶, ロープブレーク, G31, tredairほか5 名2021年01月10日[投票(5)]
★3 トワイライトゾーン 超次元の体験(1983/米)
ランディス篇がTV版の緩くも真っ当な再生だとしてもスピルバーグダンテは勘違いとしか思えない。そんなガキ魂を一気にブッ飛ばすジョージ・ミラーの凝縮された暗黒の焔が圧倒的。端から結まで振り切れまくりでシリーズの正鵠を射ってる。
けにろん (2020年12月12日)
水那岐2021年01月10日[投票(1)]
★3 スター80(1983/米)
ポールの実像はよく描けているが対称的にドロシー実像はほとんど描かれていない。 [review]
わっこ (2007年07月21日)
けにろん2021年01月10日[投票(1)]
★3 千利休 本覺坊遺文(1989/日)
「・・・茶なんざどう飲もうが勝手だろうが!」は撮影中の三船の言。さすが世界の三船、いきなり茶道の核心にせまっている。
はしぼそがらす (2003年02月18日)
けにろん, カレルレン, uyo, ナム太郎2021年01月10日[投票(4)]
★3 千利休 本覺坊遺文(1989/日)
茶の湯の世界といえば静かなものを想像する。確かに厳かに進むが、出ている人達は今にも人を斬りそうな人達ばかり。
タモリ (2002年04月06日)
けにろん, シーチキン2021年01月10日[投票(2)]
★4 タワーリング・インフェルノ(1974/米)
急かされるがごとく見せ場が次から次へと繰り出される最近のディザスター・ムービーに慣れてしまった身に、古き良き時代の冗長な尺の使い方が心地よく響く。ヒーローは超人ではなく、生身の人間。救出策も実務的。これもまた職業映画。 [review]
緑雨 (2011年01月16日)
けにろん, ナム太郎2021年01月10日[投票(2)]
★5 タワーリング・インフェルノ(1974/米)
恐るべき犠牲者の数々。それを余すことなく描きつつ、素直に受け入れられる作品。ここまで観たまんま受け取れる傑作はほとんどありません。 [review]
甘崎庵 (2007年09月19日)
けにろん, Myurakz, プロキオン142021年01月10日[投票(3)]
★5 タワーリング・インフェルノ(1974/米)
僕は主演の二人がとても好きだ。内容もいい!よって5点満点。 [review]
大魔人 (2005年10月23日)
けにろん2021年01月10日[投票(1)]
★4 タワーリング・インフェルノ(1974/米)
ハリケーン』を「御宗家」として、この映画はこの種の作品の「御家元」的な名声を確立している。建物の高さがエレベータ・階段・ヘリ・落下物とあらゆる手段でこれでもかと印象付けられ、それに立ち向かう両巨頭の格好よさがいや増しに増すという計算も効いている。
ジェリー (2002年10月07日)
けにろん, tredair2021年01月10日[投票(2)]