コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (9/20)

コメント推薦者最新投票日
★5 ノーカントリー(2007/米)
最高に面白い。コーエン兄弟は社会派ではないから、アントン・シガーの行動原則にキリスト教的原罪意識を絡ませたりしない。生粋のストーリーテラーというわけでもないので、物語を収束させることも嫌う。 [review]
shiono (2008年03月25日)
週一本, おーい粗茶, DSCH, 死ぬまでシネマほか22 名2017年09月04日[投票(22)]
★5 あれ(1927/米)
これは楽しい!登場人物がみんなイキイキしているし次から次への展開。ちょっとドタバタ風だが楽しい1作でした。
KEI (2007年11月18日)
濡れ鼠2017年09月04日[投票(1)]
★3 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017/米)
予想通りのCG使い倒し映画で全体に安っぽい画面なのだが、古代エジプト王女−ソフィア・ブテラに関連する部分、例えば、生きたままミイラとして埋められる場面での、嘆きの口をした大きな像など美術はわりといい。 [review]
ゑぎ (2017年09月07日)
サイモン642017年09月03日[投票(1)]
★3 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017/日)
俺も小松菜奈に命令されたい。 [review]
ペペロンチーノ (2017年08月17日)
水那岐, けにろん, サイモン642017年09月03日[投票(3)]
★4 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017/日)
三池崇史がかなり真剣に取り組んだとおぼしき演出は、初見さんのみならずディープなファンにも違和感を感じさせない見事さではあった。そしてオトナの男として全ての父親キャラクターに精緻な連続性を盛り込むオリジナルな視点は、そもそもの物語を決して浸食せずに価値を増加させる職人技の賜物だ。これを否定するファンはもはや職業的クレーマーでしかないだろう。 [review]
水那岐 (2017年08月06日)
ペペロンチーノ, けにろん, Sigenoriyuki, サイモン642017年09月03日[投票(4)]
★4 耳をすませば(1995/日)
夏と冬、朝と夕、晴れと雨、季節や天気、時間による空の色の演出が実に巧み。ラストは若い頃に見た時は気恥ずかしさを感じたものだが、近藤監督がこの作品を作った年齢を過ぎた今は、ただ微笑ましく好意的に見る事が出来た。
stag-B (2010年07月09日)
KEI2017年09月03日[投票(1)]
★3 さよなら歌舞伎町(2014/日)
「俺、こんな汚いところでカップラーメンすすってる人間じゃないんだよ」 [review]
ダリア (2017年08月29日)
セント, 3819695, ぽんしゅう2017年09月02日[投票(3)]
★5 実録・阿部定(1975/日)
宮下順子の抜けた演技は悲愴感をにおわせることなく、今っぽくいうと天然で、あっけらかんとしているのがたまらなくいい。 [review]
まご (2001年10月31日)
けにろん, 直人, ぽんしゅう2017年09月02日[投票(3)]
★3 雨のアムステルダム(1975/日)
凍った湖面を滑る虫けらのような死骸。
ぽんしゅう (2001年07月18日)
けにろん2017年09月02日[投票(1)]
★2 雨のアムステルダム(1975/日)
'72年の『約束』を再びって事で、萩原健一岸恵子をキャスティングしたんだろうが、監督が違うとこうも違うもんか。ラストは綺麗。['08.5.3シネマアートン下北沢] [review]
直人 (2008年05月06日)
けにろん2017年09月02日[投票(1)]
★4 ベイビー・ドライバー(2017/米)
エンディングは犯罪映画として、ちょっとこんなことでいいのか?と考えてしまうのだが、いや、中盤から終盤にかけて、もう『トゥルー・ロマンス』の域に近づくかと思った。 [review]
ゑぎ (2017年08月31日)
けにろん, 月魚2017年09月02日[投票(2)]
★5 地獄でなぜ悪い(2013/日)
リアリズムがファンタジーにより惨殺され、更なるファンタジーにより異化され、粛清させられる「楽しい地獄」。星野源(孤高の弱者のフリ!)の軽快な主題歌に乗り飛び交う生首には、涙すら禁じ得ない映画天国の再生が垣間見える。國村、友近、二階堂、堤が血達磨と化して見栄を切るなか、独善に哄笑する映画馬鹿の突き抜けた黒さも愛しい。
水那岐 (2017年08月26日)
セント, disjunctive, ぽんしゅう, DSCHほか5 名2017年09月02日[投票(5)]
★5 気狂いピエロ(1965/仏)
全てのシーンに横溢する哀感はポップな色彩と採光で皮相にも倍加され、縦横で流麗なカメラワークは運動の儚さを照射する。カリーナとの終焉が産んだ男泣きこそ繰り返し模倣され陳腐化していく先人達の遺業の中で断固としてそれを許さぬ孤高の美しさだ。
けにろん (2017年08月29日)
セント, Myrath, DSCH, 寒山ほか5 名2017年09月02日[投票(5)]
★5 ツィゴイネルワイゼン(1980/日)
大谷直子が死人の骨の色を「桜の花びらのような」って言う、その台詞だけでもう脚本に★5つ。他にももっといっぱい好きなシーンがあるはずのに思い出すのはこんにゃくをちぎる大谷直子なのは何故? 大谷直子って別に好きじゃないのに…
もがみがわ (2002年04月10日)
緑雨, はしぼそがらす, Linus2017年09月02日[投票(3)]
★5 ツィゴイネルワイゼン(1980/日)
洗練を極め、漂白される、艶めかしい、美しさ。 [review]
あき♪ (2002年08月08日)
緑雨, けにろん, ダリア, いくけんほか5 名2017年09月02日[投票(5)]
★4 ツィゴイネルワイゼン(1980/日)
「わかるわよ、いつだって骨をしゃぶるみたいな抱き方だもの。」 [review]
ダリア (2004年06月28日)
緑雨, DSCH, おーい粗茶, 町田ほか6 名2017年09月02日[投票(6)]
★4 ツィゴイネルワイゼン(1980/日)
艶麗たる妖かしの世界、この世とあの世の境目 [review]
ちわわ (2001年06月01日)
緑雨, おーい粗茶, けにろん, inaほか8 名2017年09月02日[投票(8)]
★5 2001年宇宙の旅(1968/米=英)
やったー。ハイビジョンで録画したぞ。これでいつでも迫力大画面で鑑賞できる! これまで払った視聴料を喜んでくれてやる、NHKさまさまだ。(誰でもわかるネタバレ解説つき) [review]
mfjt (2002年01月07日)
YO--CHAN, たろ, ガム, ガチャピンほか27 名2017年09月02日[投票(27)]
★5 幻の湖(1982/日)
理解できません。けど、なんかよくわかんないけど、なんかすごかった。と思う。思ってしまった。なんか、わりと本気で好きだ。この映画。 [review]
林田乃丞 (2008年01月04日)
, Myrath, ふっちゃん, 死ぬまでシネマ2017年09月02日[投票(4)]
★5 チャイナタウン(1974/米)
クラクションは二度鳴る [review]
週一本 (2017年09月01日)
ゑぎ, けにろん2017年09月01日[投票(2)]