コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984/米)

なんと映画的な映画なんだろう!!セリフをおさえたオープニングから引き込まれっぱなし。12年もかけただけあって、唸るような伏線のかけ方!あの楽屋のシーン…スゴイよなぁ。
すやすや

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







あの楽屋のシーンがすごい。化粧の落とし方で彼女の心情と、現在の状況を表現している!!。

ああいうシーンをつくるのは黒澤とかコッポラだけだと思っていたが、もう一人いた! セルジオ・レオーネ様、これから先生と呼ばせていただきます!

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ina

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。