コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] インサイド・ヘッド(2015/米)

中盤、脳内の暗黒面を覗くエグい描写が続き、怖かったです。どうせハッピーエンドなんだろと防衛機制を働かせながら見ました。
G31

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 初めて引っ越し先の家を見たときのがっかり感。気を取り直して自室になる部屋を目にしたときの再びのそれ。転校先への初登校日、正門の前に立ったときの不安感、そして踏み込む決意。

 家や部屋をみすぼらしく描いたり、表情をそれらしく見せたりといった要素もありますが、特に校門のシーンなど、日常生活の中からこういうシチュエーションを抜き出して、僕らの前に提示してみせるという行為そのものが凄いですよね。

 ただ、この伝で言うと、こんなことあるかなと思わせられるのは、最初の授業で、前にいた土地の説明をしている最中に泣き出してしまうシーン。大きな覚悟で決行したはずなのに、動いているバスの中から、バスを停めさせてまで家出を取り止めるシーンなど。

 人の行動を支配するのは、せめぎ合いによりその時点で優位に立った感情であり、その感情には5つの要素がある、という発想は素晴らしく面白かったと思います。心理学の教科書かなんかに則っていたりするのかもしれません。でもせっかくなら、もっと単純明快で愉快痛快な話にしてほしかったなぁ、というのが率直な感想です。

70/100(17/06/16見)

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)3819695[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。