コメンテータ
ランキング
HELP

G31さんのお気に入りコメント(1/90)

シン・ゴジラ(2016/日)★5 別に「こういうゴジラが観たかった」わけでもない。なのに、何だこの興奮は。虚構が現実を圧倒せんとする。それに対し、あらゆる現実を持って虚構に立ち向かう登場人物達のやり取りが何と心地良いことか。こんな怪獣映画は初めてだ。やられた。完全にしてやられた。 (荒馬大介)[投票(5)]
シン・ゴジラ(2016/日)★5 あの時代は終戦からたった9年で初代『ゴジラ』を製作したが、この時代も東日本大震災から5年で『シン・ゴジラ』を製作し、熊本地震の年に公開した。 [review] (kiona)[投票(10)]
シン・ゴジラ(2016/日)★4 石原さとみだけリアルじゃなかった。 (stimpy)[投票(2)]
ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)★3 SFとしの驚きがない。前作のスタイルばかり意識して金縛りにあったように守勢にまわり、チャレンジ精神をなくした物語は予想どおりに進む。当然、謎解きやサスペンスの緊張感は薄れ、記憶、闘争、生命、愛、どれをとっても中途半端で主題として実を結ばず散漫な印象。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦(1989/米)★3 ナチスの親分からサインもらってどうする。 (パパラギ)[投票(1)]
グレン・ミラー物語(1954/米)★3 あの曲もこの曲もグレン・ミラーだったんだー。 (RED DANCER)[投票(1)]
グレン・ミラー物語(1954/米)★4 ブラスバンド部必見! (ボイス母)[投票(3)]
アラビアのロレンス(1962/米)★2 実は今まで何度も挑戦しては、いつも途中で眠ってしまっていた映画。今回、初めて最後まで観た! [review] (ボイス母)[投票(12)]
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説(1984/米)★4 何が凄いって、あーた!ワニが回転するんだよ。 レクター教授よりカンニバル(人喰い)。そう言えばそっくりな場面が・・・。 (アルシュ)[投票(1)]
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説(1984/米)★3 冒険活劇はこれぐらいやってくれないと楽しめなくなっている自分がいます。 (jun5kano)[投票(1)]
西の魔女が死んだ(2008/日)★4 派手さはありませんが、じんわりと心に響いてくる映画でした。 [review] (TM(H19.1加入))[投票(2)]
コタンの口笛(1959/日)★4 部落差別への問題意識を声高に投げかけるのではなく、困難な状況の中で生き抜く人々を淡々と描写することで物語に普遍性が生まれた。冗長に感じる部分もあるが、それでもラストシーンは、姉弟の佇まいに心打たれるものがあった。 [review] (太陽と戦慄)[投票(1)]
アベンジャーズ(1998/米)★4 役者の個性が上手く引き出された映画。 [review] (わっこ)[投票(2)]
ポネット(1996/仏)★2 僕らの住む世界っていうのは、 [review] (Myurakz)[投票(1)]
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(2007/米)★4 情報満載で終えるこのシリーズの主役はやっぱりジャック・スパロウだった。 [review] (chokobo)[投票(2)]
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(2007/米)★4 物語の密度は大変に濃いんだが、その要素一つ一つは異様に薄っぺらい。そのクセ時たま珠玉のシーンが飛び込んでくるから気を抜けないという、歪(いびつ)を歪なまんま押し通した力技映画。ジェフリー・ラッシュは最高。 [review] (Myurakz)[投票(9)]
猫が行方不明(1996/仏)★4 自分好みの映画だという印象だった。一人で夜の街に繰り出す緊張感。主人公の男性に対する気持ち、恋愛にたいする怖さ、孤独感がよく出ていた。 (kekota)[投票(1)]
猫が行方不明(1996/仏)★4 つまんないはずなのにすっごく好き。 (うやまりょうこ)[投票(1)]
あなたが寝てる間に(1995/米)★4 ルーシーはきっとあの家族にも恋していたんだな・・・。サンドラ・ブロックの顔のようにほんのりと良い映画だった。指輪。 このキザな所が映画なんだな。 (24)[投票(2)]
羅生門(1950/日)★4 人はこんなにも自分を美しく見せようとするものか。果たして、真実とは何か。過去を定めるものは何なのか。甘いところはあれど、不朽の名作として君臨し続けるだろう。 (ロボトミー)[投票(1)]