コメンテータ
ランキング
HELP

もーちゃんさんのコメント: 投票数順

★2ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001/日)“寄らば寄れ,引かば引け”。円谷英二は正しかった。 [review][投票(10)]
★2異人たちとの夏(1988/日)涙腺大ゆるのわたしとしてはこれだけ言いたい。(以下短いですが,ネタバレかもしれません) [review][投票(10)]
★4ランボー(1982/米)鋭利な肉体,鋼鉄の意志。そして,鉛色の心。 [review][投票(9)]
★5シン・レッド・ライン(1998/米)戦場にもやわらかな光差し,さわやかな風が吹く。当たり前のことだけど気づかなかった。 [review][投票(9)]
★2パール・ハーバー(2001/米)おかげで映画好きなら日本人にもやっと言えます。「『パール・ハーバー』を忘れるな」。 [review][投票(8)]
★2犬神家の一族(1976/日)「そうかっ」,「しまったぁぁ」。そして今日も金田一先生は後手にまわる…。[投票(8)]
★2コラテラル・ダメージ(2002/米)どっちつかずの甘口な内容に,この邦題がトドメを刺す。 [review][投票(7)]
★4インサイダー(1999/米)プライド。生き続けるために欠かすべからざる“燃料”。 [review][投票(6)]
★4ジュラシック・パーク(1993/米)1993年,『ジュラシック・パーク』公開。映画がテクノロジーに無条件降伏した日。 [review][投票(6)]
★1羊たちの沈黙(1991/米)この手の映画は生理的にダメ。この感覚は大事にしたい。[投票(6)]
★1若き勇者たち(1984/米)ミリアス節全開,暴走。誰か止めんかい!! [review][投票(6)]
★4大脱走(1963/米)スティーブ・マックイーン。空前絶後,道楽を出演作に持ち込んだ男。 [review][投票(5)]
★4ストレイト・ストーリー(1999/米=仏=英)主人公の言葉をかみしめる。ここからやり直さねば個人もおそらくは国も前には進めまい。 [review][投票(4)]
★3男はつらいよ 奮闘篇(1971/日)シリーズ屈指の駅舎場面。寅さんは情でずぶずぶの,それでいて立派なハードボイルドだ。 [review][投票(4)]
★4肉弾(1968/日)先の大戦への喜八流,決着のつけ方。 [review][投票(4)]
★1機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988/日)本作は,“生まれの不幸を呪うがいい”。 [review][投票(4)]
★3機動戦士ガンダム(1981/日)本編に“戦士”と呼べる兵(つわもの)は,実はそんなに出てこない。そこがミソでもある。 [review][投票(4)]
★4男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975/日)メロンを前に寅の我が侭炸裂。おいちゃん迫力の啖呵。おばちゃん渾身の泣きの一言。ワン・カットで見せる,ベスト・オブ・“茶の間の大喧嘩”。[投票(4)]
★2目撃(1997/米)サスペンスよりも役者さんたちの力量に目がいきっ放し。それでいいんだろうか? [review][投票(3)]
★2タイタンズを忘れない(2000/米)残念ながらスポーツ物と人種問題とのブレンドはうまくいかなかった。 [review][投票(3)]