コメンテータ
ランキング
HELP

もーちゃんさんの人気コメント: 更新順(5/12)

人気コメント投票者
★2男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981/日)身寄りなき者に対する寅の無条件のいたわりと慈しみが溢れるものの,その分あまりに直球な失恋話に今回ばかりはこちらも大いに憤慨する。 [review]直人[投票(1)]
★2荒野の七人(1960/米)上手く言えないけれど,ボランティア精神と浪花節とは微妙に違うんだよ。ユキポン, 緑雨[投票(2)]
★2PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001/米)第一作からだけでなく旧シリーズの中からもお話の材料をあれこれ失敬しているので,これを「リメイク」と言わなかった監督は全く正しい。よってどうしようもなく大味になってしまうのはさもありなん。 [review]ダリア[投票(1)]
★3月光の夏(1993/日)淡々と,しかし誠実な映画。O_Tottori, なつめ[投票(2)]
★3男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977/日)とらやの人情話には収まりっこない嵐寛寿郎の重量感が本作最大の可笑しみ。「耄碌爺さん」という設定でこれを貫いた脚本の妙。この際マドンナなどどうでもいいのはご覧のとおり。直人, けにろん[投票(2)]
★3突入せよ! 「あさま山荘」事件(2002/日)そんなわけで主人公は殊更にカッコイイんだが,決してド派手ではなくむしろ「ササッと」進行し「パッパッと」展開していく演出に好感。聞き取りにくい台詞にイライラするうち,混乱する現場の苛立ちとシンクロしていく妙。けにろん[投票(1)]
★2フラッド(1998/米)リアリティの無さ。ハチャメチャな人物造形と綺麗すぎる水。 [review]yasuyon, mimiうさぎ[投票(2)]
★3思えば遠くへ来たもんだ(1980/日)それでも武田鉄矢はいい仕事をした,と思う。 [review]けにろん, Pino☆[投票(2)]
★3男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974/日)“子を慈しむ親の愛”を中心に話が回る。よって本作は,寅さんの恋模様以外の部分で深い印象を残す。 [review]直人, tredair[投票(2)]
★3男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973/日)リリーやとらやの皆さんならずとも,心底寅さんがうらやましくなる。 [review]直人[投票(1)]
★4ランボー(1982/米)鋭利な肉体,鋼鉄の意志。そして,鉛色の心。 [review]ゼロゼロUFO, プラスネジ, ina, KADAGIOほか9 名[投票(9)]
★2スパイ・ゾルゲ(2003/日)演出もストーリー・テリングも割りに大味な本編と比べ,当時の街並みや事象の再現があまりに濃すぎで,「その構図はいかんだろう」が続出。もったいないですな。べーたん[投票(1)]
★3ブルーサンダー(1983/米)このヘリには表情がある。ゼロゼロUFO, 甘崎庵[投票(2)]
★2男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979/日)「はっきり言って迷惑」の台詞どおり,今回とらやの面々とマドンナには距離感がある。当然観ているこちらとの間にも。青年が弾き語りのシーンは,反則ではあるが本作を救っている。けにろん[投票(1)]
★4ガメラ 大怪獣空中決戦(1995/日)自然光が特撮に,生命を与える。 [review]すやすや, ゼロゼロUFO, かける[投票(3)]
★3宇宙戦艦ヤマト(1977/日)宮川スキャットに泣けるあなたはご同輩。 [review]IN4MATION, プラスネジ[投票(2)]
★2コラテラル・ダメージ(2002/米)どっちつかずの甘口な内容に,この邦題がトドメを刺す。 [review]ダリア, ゼロゼロUFO, ゆーこ and One thing, marinaほか7 名[投票(7)]
★2平成狸合戦ぽんぽこ(1994/日)小粋な設定と洒落たギャグがありながら,あからさまな比喩やとにかく説教臭いストーリー展開のために微妙な空気が流れ続ける。トドメはラストの台詞ですな。なんじゃありゃ??ボイス母[投票(1)]
★2ゴジラvsビオランテ(1989/日)ラストの沢口靖子に2点。 [review]おーい粗茶, ゼロゼロUFO[投票(2)]
★4大誘拐 Rainbow Kids(1991/日)冒頭の15分は何も言わずに堪えるべし。至福の90分が待っている。 [review]tkcrows, terracotta[投票(2)]