コメンテータ
ランキング
HELP

考古黒Grさんのコメント: 更新順

★4ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)ルトガーハウアーはいないし、長年のファンの想いは越えられないことは仕方がないことと、期待していなかったけど、それでもやはりがっかり・・・越えられるかもと思った俺が馬鹿だったw [review][投票(2)]
★3スーサイド・スクワッド(2016/米)面白かったけど、悪党集団の話にも関わらず少しこじんまりと纏まり過ぎた印象がある。もっと作品の崩壊寸前ギリギリを狙って、刺激的でも良かったのではないだろうか・・・あとバットマンは中年臭が漂いすぎてダサすぎる。あれではジョーカーを捕えまらないだろうw[投票]
★3アンダーワールド・ブラッド・ウォーズ(2017/米)まぁ、内容よりも、セリーヌ演じるケイト・ベッキンセイルがいつまでも変わらず美人であることが、うれしくもあり、不気味でもある。 [review][投票]
★3ドント・ブリーズ(2016/米)ホラー映画だと思ったがサスペンス映画だった。期待値を違えて観てしまったのでまぁまぁの作品に感じた。怖かったのは老人のビー玉のような目玉・・・ [review][投票]
★4この世界の片隅に(2016/日)「号泣間違い無し」との噂だったので、作中感動したシーンもあったのですが、「あれだけ泣けると言われた映画なのだから、もっとすごいシーンがあるはず・・・」と思い、涙をスルーしていたら、エンドロールが流れた・・・普通に泣けばよかった(笑) [review][投票(1)]
★3イット・フォローズ(2014/米)ホラーではあるが恐怖はそれ程感じなかったが・・・それ以上に不気味さが感じられた。そして観た後に引っかかるモノがある。 [review][投票]
★5シン・ゴジラ(2016/日)絶望的な逆境におかれても諦めずに努力し続ければ、他の人々の心を溶かし善意の輪が拡がることで希望の光が差し込める・・・結果ダメだったとしてもいいじゃないか。 [review][投票]
★1ゼロの未来(2013/英=ルーマニア=仏=米)何か訴えたい事があるなら…もう少し分かりやすくする事は出来ないのかなぁ。 [review][投票]
★4マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015/豪)あらすじは、行って帰って来ただけ。ウォーボーイのニュークスが主役だろ。イモータン・ジョーに褒められて口をベッタリ白くした時の恍惚の顔が忘れられない(笑) [review][投票]
★4スター・ウォーズ フォースの覚醒(2015/米)横の短いやつは素人の肩に根性焼きを入れる道具であることに若干驚きを禁じえなかった。 [review][投票(1)]
★2劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 爻(コウ)ノ篇(2013/日)いつから幻魔大戦みたいなスケールになったんだ(笑) [review][投票]
★2劇場版 SPEC〜天〜(2012/日)劇場版ってTVシリーズとは別モノか?と思うほどトーンの違う作品なような気がする。そんなにスケール広げなくてもいいよ。[投票]
★3TOKYO TRIBE(2014/日)そこそこ笑える映画だけど、単館でひっそりとマニアが集まるような作品は、もう園子温監督が取る必要のない映画だと思う。それともこの層の監督なのだろうか? [review][投票]
★2黄金を抱いて翔べ(2012/日)クライム映画なのだろうけど、心が動くことは無かったな。[投票]
★2ブリューゲルの動く絵(2011/ポーランド=スウェーデン)はじめにこんな感じの作品だと教えてくれれば、観たりはしなかったのに・・・観た俺が悪いと思う。[投票]
★3ダリオ・アルジェントのドラキュラ(2012/伊=仏=スペイン)何がダリオ・アルジェントって、何も脈絡もないモノが出てくるって所かな(笑)。ルトガー・ハウアーが出演しているだけで幸せな気分になれる。 [review][投票]
★4かぐや姫の物語(2013/日)娘の為に「良かれと」思うその常識的な気持に共感する俺も、翁と同じさ・・・ [review][投票]
★4トロール・ハンター(2010/ノルウェー)マニアだけでなく、私のような一般的な映画ファンにも楽しめる点で、ドキュメンタリー風の映画の中では秀逸と言っていいのではないでしょうか? [review][投票]
★3悪の教典(2012/日)小説での個人的なイメージが強かったので、どうかな?と思ったけど思いの外面白く、飽きずに観れた。ただ、女生徒の個性を出して欲しかった。[投票(1)]
★3オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014/米)年齢のせいか、こんな感じの映画にのめり込めなくなってきたので、評価は3ですな。[投票]