コメンテータ
ランキング
HELP

考古黒Grさんの人気コメント: 更新順(1/4)

人気コメント投票者
★4この世界の片隅に(2016/日)「号泣間違い無し」との噂だったので、作中感動したシーンもあったのですが、「あれだけ泣けると言われた映画なのだから、もっとすごいシーンがあるはず・・・」と思い、涙をスルーしていたら、エンドロールが流れた・・・普通に泣けばよかった(笑) [review]クワドラAS[投票(1)]
★2ソラリス(2002/米)同じ境遇の人なら共感できるかも・・・でもオレはムリ [review]Myrath[投票(1)]
★3マーズ・アタック!(1996/米)監督がティム・バートンだから何かテーマを探してしまう・・・それが狙いか!? [review]けにろん[投票(1)]
★3悪の教典(2012/日)小説での個人的なイメージが強かったので、どうかな?と思ったけど思いの外面白く、飽きずに観れた。ただ、女生徒の個性を出して欲しかった。おーい粗茶[投票(1)]
★5風立ちぬ(2013/日)とても感動した。観終わって、仕事をもっと真摯にもっと打ち込もうと思った。奥さんにもっと感謝し、もっと優しくしようと思った。力尽きた時に後悔しないような生き方をしようと思った。ALOHA[投票(1)]
★1エスケープ・フロム・L.A.(1996/米)ニューヨーク1997は私の中ではかなり面白い作品であったために、この作品を映画館で観た時は「許せる」余裕をなくしてしまった。彼女にも大変怒られた(笑)。けにろん, クワドラAS[投票(2)]
★2ワールド・ウォーZ(2013/米)ブラピが世界を救おうとご都合主義的にまとめられた作品。 [review]はしぼそがらす[投票(1)]
★2エレベーター(2011/米)閉鎖された空間での人間真理と事件が組み合わさって話が進む使い古された設定。その割に新規性もドラマ性も無く、見終わって「それで?」と感じさせる時間を無駄にされた映画だった。IN4MATION[投票(1)]
★2新・仁義なき戦い。(2000/日)今ひとつ迫力が感じられなかった。トヨエツ☓布袋寅泰に期待し過ぎたのかもしれない。 [review]けにろん[投票(1)]
★4コクリコ坂から(2011/日)感情の起伏の熱はイマイチだけど、淡い感じの気持ちの良い後味の作品だと思う。 [review]カフェラテ[投票(1)]
★3ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007/米)期待以上の内容で面白かった。法律と現実、この事件を陪審員はどう裁くのか、そして日本の裁判員だったらどうなのか、見てみたい。IN4MATION[投票(1)]
★3遊星からの物体X ファースト・コンタクト(2011/米=カナダ)後に続く前作『遊星からの物体X』にはSFファンをくすぐる「感動」があったが、コレには無い。それでもまぁそこそこアリな映画ですかね。 [review]はしぼそがらす[投票(1)]
★3ワイルド7(2011/日)そこそこ楽しめた。舞台が日本だけに、みんな言う程ワイルドじゃないぜぇ〜きわ[投票(1)]
★2THE 4TH KIND フォース・カインド(2009/米)間口を広げスケールがデカそうだが、すぐにシュっと萎んだ・・・博士の顔が一番怖いw [review]わっこ, サイモン64[投票(2)]
★2猿の惑星 創世記(ジェネシス)(2011/米)着ぐるみの動きをCGで再現している所が凄いw [review]サイモン64[投票(1)]
★3トロン LEGACY(2010/米)トロン』のパクリ映画って感じの作品 [review]シオバナカオル[投票(1)]
★4ヤギと男と男と壁と(2009/米=英)スカッと爽やかな映画だった。みんな観るべきだ(笑)chokobo[投票(1)]
★2ナイト&デイ(2010/米)もうこういう映画の時代じゃないだろ。こういう映画は80年代に沢山作られたのでそれを繰り返し見ればいいのに。ペペロンチーノ, たろ[投票(2)]
★3借りぐらしのアリエッティ(2010/日)無しエッティでしょ。この年齢で、存在しない小人の生態系ドキュメンタリー映像を見せられてもねぇ。 [review]カルヤ[投票(1)]
★4スラムドッグ$ミリオネア(2008/英)ショーシャンクの空に』を観た時と同じ位、爽快感を感じた! [review]けにろん[投票(1)]