コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 沙羅双樹(2003/日)

監督が自分の目や耳でとらえたことで、なかなか映画にすることのできない「大気(atmosphere)」のようなもの。これを何とか表現しようとする意気込みが伝わってくる。
おーい粗茶

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







監督がフィクションを作るに際しても、ドキュメンタリ的なスタイルを好むのは、それでなければ表現できない世界があるからだ。

それは、現実の世界のように、ある人物の主観で観た世界の中で、他の主観も同時に進行していることを意識させるような世界観といえばよいだろうか? 主たる登場人物の心の中で進行する物語が、同時に物語全体を進行させる役割も果たすのが通常のドラマだとすれば、監督の描こうとする世界は、登場人物たちの心の物語は、なるべく物語全体の進行を助ける役割を持たせず、もっと自由にいろいろな方向へ向かっているような、より現実の世界に近い状況を再現しようとしているものに思う。

兄の死が明らかになったことで、父、母、俊の心の中で進む喪失の物語と同時に、それとは質のやや異なる、幼馴染の夕の心に起こる寂寥感。そのどちらがこの作品での主たる感情というわけではない。本当はこの作品の中に出てくる人の数だけ、その立場で「ケイの死」に対する別々の感情が進行するのだ。ドキュメンタリはドラマの都合に合わせて、登場人物たちが演技するわけではない。この時あの人はこう思っている、けどあの人は関係ないことを思っている。監督が魅了されるのは、そういう世界なのだ。

そういう世界を再現することで、観客においては、フィクションと観客自身が有する現実の体験の乖離を埋めることができる。縁側でごろ寝をしている父の姿に「父の心の虚脱感」だけを見るのではなく、同時に隣の座敷か、あるいは畑でか、大きなお腹をかかえている母が汗をぬぐっている情景も感じるようになったならば、それこそ監督の術中にはまったということになるのではないだろうか? 

「自然にやること」の難しさゆえに、ぎこちなくなっている部分、どうしてもふつうの芝居のリズムになってしまう部分などがところどころ消化されず残っており完璧とはいえないものの、これが『萌の朱雀』以来からの監督の狙いだとしたら、かなり表現したい世界に近づいたのではないかと思う。畑の中で、夕と夕の母(叔母)が俊の母の大きなお腹に触れるシーン、それぞれの女が生まれてくる新しい命のことを思うという共通の感覚を有しながら、それぞれの独自の喪失の思いを反芻しているシーンに、監督の意図は結実していたように私は感じた。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)ちわわ[*] sawa:38[*] セント[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。