コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 電車男(2005/日)

「映画とか見たりしますか?」「ええ、好きですよ。あまり詳しくないですけど…」のくだりで思わず汗が出たのは私だけではあるまい。(REVIEWは原作本のネタバレが少し含まれます)
おーい粗茶

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







というような、初めて本気で誰かを好きになった時のような、いっしょにいたいけど、いっしょにいるとどうしようもなくそれが苦しくもある(なぜなら初めて本気で「嫌われたくない」と思い、徹底的に自分を縛りにかかるからでしょう)、そんなことを思い出させてくれるのが、この作品の好きなところ。

自由きままな生き方で、さびしい思いをすることがあるのは、オタクだけじゃない。この作品は、そこにテーマをしぼることで、主人公への共感を得ようとするつくりになっている。本当は、板の住人たちが電車男の発言に対して「より面白くなるよう」リアクションしたり、電車がいないときはいないときで妄想を暴走させていく、すべては場を楽しむための、住人たち(電車男も含め)の連歌のような「芸」こそが、原作の面白いところなのだけど、まあ、映像化は不可能だろうし、狙いとしてはこれでよかったように思う。

余談だが、私が原作(これとてログの面白さの比ではないだろうが)で、一番好きなのは、彼女に告白をしたあのデートの結果報告中、「プリキュア」を見るために、当の電車本人が中座してしまうくだり。この間(30分?)のおあずけを食っている住人たちの「まあ、あれだな…」的な場の持たせ方なんか、もうとにかく面白い。

しかし、そういうところの描写はあきらめて、ボーイ・ミーツ・ガールを描くなら、もう少し会ったばかりのころの「これからどうしようか?どうしようか?」と煩悶するところに時間を割いてほしかった。ここはもう少し焦らして欲しいところだよね。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (8 人)jollyjoker tomonori ガリガリ博士[*] 死ぬまでシネマ[*] ぽんしゅう[*] sawa:38[*] 水那岐[*] Myurakz[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。