コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)

「西洋からみた日本」の美しい風景、それと人形の細かな動きと躍動感が素晴らしい。だが、リアリティとは何だろうか、とか考えてしまった。
おーい粗茶

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







背景の処理やライティングの演出、カメラアングルと連動したアクション。従来のストップモーションアニメでは考えられないリアリティのある表現だった。だが、個人的にはCGでなく人形であった理由は何だろうかを考えてしまった。表情の細かな動きなども3Dプリンタでマスクを何種類も作ってあくまでコマ撮りにこだわったようだけど、でもそのように動きがなめらかであればあるほど、そして背景の波や吹雪の表現には盛られたCGを見れば見るほど、だったらそのままCGでもいいのでは? と思ってしまったのだ。

こういう考え方はいらない考えなのかも知れないが、わざわざ手間をかけて人形でやるなら、CGには出せない人形の良さを、人形であることの効果をもっと出して欲しかった。たとえば人形の凄みみたいなのは、止まっているのにじっと見つめていると「これはそのうち動き出すんでないか」みたいな感覚に襲われることがある。でもCGの静止画をじっと見ててもそういうことはないだろう。あえて動きをつけないことで、人形が本来もっている「魂」のようなもの、ストップモーションアニメでしか獲得できないリアリティを引き出すことができたらもっと良かったように思う。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。