コメンテータ
ランキング
HELP

おーい粗茶さんの人気コメント: 更新順(1/38)

人気コメント投票者
★5エイリアン(1979/米)悪意以外に何のために存在しているのかと言いたくなるあの2重口。絶対に勝てっこないと思わせる強さを感じた。けにろん, りゅうじん[投票(2)]
★415時17分、パリ行き(2018/米)もはや達観の映画作術。マーケットはおろかバランスさえも一顧だにしない。じゃ独りよがりか?っていうとそうでもない。イーストウッド監督は独立独歩我が道をゆく。 [review]3819695, ゑぎ, 緑雨, けにろん[投票(4)]
★4ゴースト・イン・ザ・シェル(2017/米)オリジナルへの敬意を誰よりも演出家がわかっているというつまらなさ。 [review]IN4MATION, サイモン64, Orpheus, YO--CHANほか6 名[投票(6)]
★5映画 聲の形(2016/日)声を発することができる者は、声に出して言うことと声に出さないで思っていることを、使い分けている。 [review]サイモン64, けにろん, てれぐのしす, ペンクロフ[投票(4)]
★320世紀少年 第1章(2008/日)全編マンガのような面白さ! …原作よりもマンガっぽい? そういう狙いで良かったのか悪かったのか。 [review]ダリア, G31, ムク, 映画っていいねほか7 名[投票(7)]
★4レディ・プレイヤー1(2018/米)スピルバーグのいいところは、理解ではなく愛を感じるところ。 [review]ゑぎ, ハイタカ[投票(2)]
★5リメンバー・ミー(2017/米)圧倒的な美しさと、強く納得する物語。 [review]緑雨, Orpheus, DSCH[投票(3)]
★4風立ちぬ(2013/日)好きなものをなぜ好きなのか、そんなのわからないんだ、ということをようやくぶちまけたのだろう。どこかにある「生きている線」を追い求めるアニメ作家宮崎駿の渾身の風の表現は、現時点で人類が到達した最高峰。ぜひ劇場での鑑賞をお薦めします。 [review]Orpheus, ALOHA, サイモン64, 3819695ほか7 名[投票(7)]
★4スター・ウォーズ 最後のジェダイ(2017/米)ブレる世界観。ニュージュネレーションのスターウォーズはどこに向かう? [review]Orpheus, 考古黒Gr, 緑雨, Pino☆ほか11 名[投票(11)]
★4ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015/米)いままでのシリーズの中で一番面白かった。 [review]ロープブレーク, MSRkb, けにろん, プロキオン14ほか6 名[投票(6)]
★4ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)まるでゲームの設定のようにわかりやすい構成。でも軽さだけで終っていない、スピルバーグのいいところが出てた作品だと思う。 [review]Orpheus, jollyjoker, けにろん, シーチキン[投票(4)]
★4息もできない(2008/韓国)魂の暴力。 [review]寒山, アブサン, IN4MATION, らーふる当番ほか11 名[投票(11)]
★5ボーン・アルティメイタム(2007/米)最低限のストーリーでひたすら接触・逃避・衝突の場面の面白さだけを追求しているような作りが好き。一切の音階を削ぎリズムトラックだけ聴いていて気持ちのいい楽曲のような理想形。 [review]ロープブレーク, ゑぎ, けにろん[投票(3)]
★4カメレオン(2008/日)ありふれたプロットなのにやばい男たちの描き方がやっぱりうまいんだろうな。だから面白くなる。阪本演出と藤原竜也のしなやかなアクションに目を奪われた。 [review]クワドラAS, 3819695[投票(2)]
★4エイリアン:コヴェナント(2017/米=英)焼き直しを観にきたのだからこれで期待通り。 [review]クワドラAS[投票(1)]
★4スリー・ビルボード(2017/米=英)「希望」を持つ「努力」を。 [review]なつめ, カルヤ, ペペロンチーノ, 週一本ほか7 名[投票(7)]
★5ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)越えられない壁の物語。 [review]ロープブレーク, 緑雨, ゑぎ, けにろんほか9 名[投票(9)]
★4菊次郎の夏(1999/日)無為なる時間の有意義さ。 [review]ぽんしゅう, 緑雨, けにろん, ペペロンチーノほか10 名[投票(10)]
★3愚行録(2016/日)回想パートに関しては事件に関係のないエピソードも面白いのに、現実パートの魅力が弱いのが惜しい。 [review]IN4MATION, 死ぬまでシネマ[投票(2)]
★4キッスで殺せ(1955/米)ジャンルを代表するような印象的な光と影の演出で始まり、ジャンルにそぐわない印象的な光と影の演出に終わる。 [review]寒山, 3819695, 町田, ぽんしゅうほか5 名[投票(5)]