コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] オブリビオン(2013/米)

既視感のことは今更で問題はセンス
HAL9000

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







まあトム君は好きだから、彼が飛行機でドッグファイトをしたりオートバイで平原を爆走したりスパイのように建物に侵入するのを観るのは楽しい。脳内ではデンジャーゾーンが大音量で流れてたりしたけどね。 でもトム君まわりの小道具のデザインはどれも良かった。ポッドが攻撃時に発するあの低音のテューバのようなSEは宇宙戦争のトライポッドを彷彿とさせましたが。昔のシューティングゲームであんなのいたような。でもそれ以外は雑な印象だし、スカヴのメットがプレデターぽくて、どうせならカール・ウェザースダニー・グローヴァーを出してほしかった。

ストーリーに関しても途中で「アレかな、それともアレかな」と思いめぐらせていたことの大体が当てはまるという王道ぶり。そして設定の雑さで言ったらスピルバーグという大家がいますが、彼はもっと上手いしもっとヤバい。雑にするならそれなりの効果を作品に反映させないといけないけどそれほどの内容でもない、と。評価できないな。でっかいHAL9000もショボイやられ方もヒドイ笑

やはり気になったのはヴィクトリアのことですね。あの二人だけの生活は彼女の過去の願望の現れでもあるようだし、ジャックが夢で観ていたように彼女も過去の記憶の断片が残っていたと考えるのが自然。もっと言うならテットは彼らを最高のチームにするために都合のよい記憶を残し、それ以外を「忘却」させたのだろうということ。ヴィカにはテットとの駆け引きが60年前にあったかもしれないね。

残った他のジャックとヴィカの何組かには幸せに暮らしていて欲しい。それもハッピーエンドだよ。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)カルヤ[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。