コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ペパーミント・キャンディー(1999/日=韓国)

想い出は走馬灯のように。
セネダ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







前へ前へと進んでいるようにみえる列車は、実はそうではなくて、主人公の過去へ過去へと導いていく。

ラストのわたしの解釈。主人公に鼻の根に光る涙によって、それまでの映像が過去の単なる再現ではないことに気づく。後悔だらけの主人公が、死に際にみた、走馬灯のようにめぐる想い出なのだろう(ハイタカさんのコメントにある「末期の夢」という表現はぴったりだと思う)。しかも、楽しい想い出だけではないところがまたミソ。

ピクニック会場での友人の「ああいう奴に限って死なないんだ」を真に受けると、実は奇跡的に助かって、病床でみている夢なんではなかろうかととも思う。で、うなされているのか列車&汽笛がぐるぐる・・・。画中、つねに線路・列車がついてまわる。

ラストで涙をみせる若い頃の彼は、確かに田中星児に似ている(田中星児の名前を思い出せた自分がうれしかった)。

実は、個人的には、好きなストーリーではない。でも、観終わったあと「よく出来てる」と思わずうなってしまった作品。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (5 人)ハイタカ[*] chokobo[*] Linus[*] ことは[*] にゃんこ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。