コメンテータ
ランキング
HELP

YO--CHANさんのコメント: 点数順

★5TIME タイム(2011/米)あまりといえば露骨な設定がすごい。シャレにならない。ただ、後半はなんか”実在の某事件”のコピーみたいでやや失速感。ただ、これほど「現実よりもリアルなSF設定」を提示された以上、★5は当然かも。 [review][投票(5)]
★5ブレードランナー(1982/米)「秀作!」と思う一方。もうそろそろ、これ以上のがでてきてもいいはずなのになんて思ってる[投票(5)]
★5サマータイムマシンブルース(2005/日)一見地味だが、伏線の丁寧さは世界のこの種のSF映画中でも卓抜。きっと何回も検証したんだろうなあ。[投票(4)]
★5荒野の七人(1960/米)凄まじい早撃ちなのに自分の弱さを隠さないロバート・ボーンがかっこよく見えた。七人の描き分けについては『七人の侍』より上。[投票(4)]
★5メリー・ポピンズ(1964/米)いわゆる「ディズニー映画」とは確実に一線を画す秀作・・と思ってる [review][投票(4)]
★5アンストッパブル(2010/米)この手の作品、昔よくあったなあ、などと機内で観たけど、この地味さでこのテンションは凄い。「キキキィィィ・・・」という軋む音一つとっても、丁寧に描写されている。あの大カーブを冒頭にそれとなく見せておくとか、定石もきっちり踏まえてる。 [review][投票(3)]
★5A.I.(2001/米)こんな残酷な映画ってないよねえ・・・(; ;) もちろん、あの「ロボ破壊ショー」のことじゃなくて。 [投票(3)]
★5或る夜の出来事(1934/米)娘の父といい、新聞記者の上司といい、当時のアメリカ人はイキで絵になってるなあ・・・[投票(3)]
★5マイ・フェア・レディ(1964/米)ジュリー・アンドリュースのあの特徴的な「正規品英語」で見られなかった事は残念だけど、これはこれでオーケー。こういった作品で普通に尊重される"人間性への扱い(?)"が、なぜか昨今の映画では退化している様な気がするから不思議だ。 [review][投票(2)]
★5カンフーハッスル(2004/中国=香港)ラストで、不覚にも胸にぐっときてしまった自分は少数派? スミスやツインズ相手に繰り広げる「ありえねーアクション」もよかったけど、それは…この監督の「文法」だ。 [review][投票(2)]
★5宇宙清掃株式会社サルベージ・ワン(1979/米)マレー・ラインスターのSFといった感じ。こういうのを待っていた。[投票(2)]
★5フライング・ハイ(1980/米)こんなに楽しい映画が、なぜ「裸の銃シリーズ」より知名度が低いのか・・・謎です^^; [review][投票(2)]
★5きみに読む物語(2004/米)久々に恋愛映画で感動してしまいました。とはいえ、こういう映画を見る度に思ったり疑ったりするのは(以下もしかしたらネタバレ) [review][投票(1)]
★5オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014/米)文字通り「七生報国」。自分の人生そのものがRPG化されてゆく、というアイデアがよかった。あと、それ以上に、後半どこか精神的に疲れてくるトム・クルーズに何かを感じる。何百回もリセットし、自分の死すら客観視できる「疲れ」。 [review][投票(1)]
★5テッド(2012/米)「フラッシュ・ゴードンのサム・ジョーンズが、今、うちに来ている!」は、一般的日本人にとっては、「ブルース・リーが、今、うちに来てる!」「手塚治虫が・・・」あたりになるのだろうか? [review][投票(1)]
★5バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989/米)あと3年で「西暦2015年」なのに、車は飛ばないし、天気予報もいまひとつ(後略) 誰か歴史に干渉したのか? [review][投票(1)]
★5ユー・ガット・メール(1998/米)かつてのアメリカ映画の良さをもった佳作。それが、現代技術の象徴でもある「メール」に絡ませて実現された事が素晴らしい。 [review][投票(1)]
★5北北西に進路を取れ(1959/米)正直なところ全篇が「あ、これ○○で観た!」という既視感で一杯でした。でもこれは本作(というかヒッチコックの全作)の方が元ネタで、これをパクッた監督が余りに多い事が既視感の原因なんですよね・・・こういう場合、採点はどうするべきなのでしょうか。 [review][投票(1)]
★5アイアンマン2(2010/米)これは大きな勘違いかもしれないけど、「正義」に対する真剣な姿勢を感じた(前半だけだけど)。「正義の味方は、なぜみんな正体を隠しているんだろう」「本当に国家は正義と真実を求めているのか?」、といった素朴な疑問を出発点にしているのがよかった。あと産軍共同体屋さんが好演、ある意味リアルな悪役。 [review][投票(1)]
★5ジャンパー(2008/米)理屈ではB級と思いながらも、この新鮮感。これには5点しかない。(あの図書館は、のび太にとっての「静香ちゃんのお風呂」みたいな存在だったのだろうか) [review][投票(1)]