コメンテータ
ランキング
HELP

YO--CHANさんのお気に入りコメント(1/26)

眺めのいい部屋(1986/英)★4 アリア『私のお父さん』の旋律、イタリア(フィレンツェ)の景色、衣装と小道具、それぞれが非常に美しく、イタリアの雰囲気と魅力を十分に描いている。「イタリアには不思議な力があるわ。どんな堅物もロマンティックに変えてしまうの。」  [review] (marina)[投票(3)]
草の上の昼食(1959/仏)★4 青い空に白い飛行機。木々や下生えの濃く淡い緑。陽だまりの金や茶。木陰の紫と濃紺。メタリックグレーのスポーツカー。そして、翻る赤いスカート。この色彩美だけでも観る価値はある。 ()[投票(2)]
IP5 愛を探す旅人たち(1992/仏)★3 昔の恋人に会いに行きたいと思う老人の情熱が疲れヌーボーとしたモンタンから感じ取れず、彼に随行する若者2人の心情にいたっては作為的で全く共感できない。世間体への阿りに支配されている。再三の凝った画作りがあるから尚更あざとくさえ感じられた。 (けにろん)[投票(1)]
IP5 愛を探す旅人たち(1992/仏)★4 映像も美しく、おもしろくなりそうな設定だったけど、期待していたストーリとずれていってしまった・・・老人が溺れちゃうあたりから (ジークフリート)[投票(1)]
ブーリン家の姉妹(2008/英=米)★3 こういうエグイ話を赤裸々に描く率直さは好ましい。衣装・装丁など時代考証は綿密に施されているのだとは想像するが、キャストだとか演出がイマドキすぎるというか「軽い」ので、とても16世紀の話のように見えない。 [review] (緑雨)[投票(2)]
黄金の七人(1965/伊)★4 オレンジ色の作業着を着て道路工事している人達を見ると思わず吹き出してしまうのはこの映画のせいです。ロッサナ・ポデスタフィリップ・ルロワ、両人が並んでいる絵柄が最高です。 (kawa)[投票(1)]
黄金の七人(1965/伊)★5 大作、名作でも忘れちゃうのがあるけど、これは忘れないね。小気味よいテンポがすンばらしい。 (べーたん)[投票(5)]
黄金の七人(1965/伊)★5 アマ無線のニイチャンが妙にツボ。住所くらい言えよ! [review] (バーンズ)[投票(1)]
黄金の七人(1965/伊)★3 ロッサナ・ポデスタの「裸体主義者なの」という台詞だけでうれしい一本。あと、ラストも洒落てたし。 (シーチキン)[投票(3)]
靴をなくした天使(1992/米)★4 アンディ・ガルシアの美談はさまになる。ダスティン・ホフマンは最高に良かった。やっぱり大物より、チンケな泥棒の方が似合っている。 [review] (mimiうさぎ)[投票(3)]
砂の惑星(1984/米)★4 連続テレビドラマの総集編のような感じになっているところが残念です。 (TS)[投票(4)]
砂の惑星(1984/米)★5 誰が何と言おうと私の中では5なのだ!と一番主張したい「砂の惑星」なのだ!というのは世間からもリンチからも評価されてないようだからなのだ…(ショボン) (は津美)[投票(2)]
ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978/日)★2 初期ルパンのノワールなカッコよさもあまり無いし、遣りたい事を詰め込んだら結局話がぼやけてしまったと言った感じ。 (X68turbo)[投票(1)]
ツィゴイネルワイゼン(1980/日)★5 映画少女であったころのドーム小屋での一度の逢瀬。 [review] (ALPACA)[投票(13)]
それでもボクはやってない(2007/日)★1 この映画には大切な観点が欠けている。到底認められない。却下。 [review] ()[投票(11)]
それでもボクはやってない(2007/日)★5 史上最高の法廷映画が現れた。 [review] (Master)[投票(12)]
それでもボクはやってない(2007/日)★5 これを観ると、刑事事件で「最高裁まで争う人」の大半は罪状や量刑に不服な人なんだろうけど、一貫して「否認」で最高裁まで争い続ける人の中には紛れもなく冤罪の方もいらっしゃるのではないか、と思えてしまう。全ては一審に掛かっている、いや、事情聴取段階で決まってしまう。納得できないなら署名・捺印は絶対にするな。最後まで争え。僕は劇中、彼が最後に発した言葉に激しく共感した。レヴューは僕の体験談。 [review] (IN4MATION)[投票(34)]
蝿男の恐怖(1958/米)★5 あのラストを見てしばらく蝿が叩けなくなりました。とにかく虫唾が走る! [review] (荒馬大介)[投票(5)]
ガタカ(1997/米)★4 殺人事件が起きてから急にペースダウンしてる気がする。前半が好印象だっただけに、それだけが悔やまれる。79/100 (たろ)[投票(1)]
砂の器(1974/日)★4 この映画の主人公は音楽である。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票(1)]