コメンテータ
ランキング
HELP

YO--CHANさんのお気に入りコメント(1/26)

ガタカ(1997/米)★4 殺人事件が起きてから急にペースダウンしてる気がする。前半が好印象だっただけに、それだけが悔やまれる。79/100 (たろ)[投票(1)]
砂の器(1974/日)★4 この映画の主人公は音楽である。 (茅ヶ崎まゆ子)[投票(1)]
メリー・ポピンズ(1964/米)★5 真摯な「笑い」というものが、かくも誠意に満ち、人を幸福にするかという見本のような映画。 (るぱぱ)[投票(2)]
メリー・ポピンズ(1964/米)★5 風の強い日に傘をさしてると「メリーポピンズになってこのまま飛んでいきたい・・」っていまだに思っちゃう。 (まりな)[投票(1)]
メリー・ポピンズ(1964/米)★5 名作童話の原作とは全くベクトルが違ってるのですが、全く違う魅力を存分に見せてくれた作品でした。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
ゴースト・イン・ザ・シェル(2017/米)★3 スカヨハの義体演技も肉襦袢コスも、バトーのカメラアイも、日本語のたけしも、過剰広告なビル群の街並も、露骨すぎるオリジナルリスペクトも、だいたい話の体裁の為だけみたいな自分探索問答も、全部が全部、尤もらしいというより胡散臭い。でも、それがいい。そんな胡散臭いものども犇いてこその「映画」。そのさ中に肉体の役者、役者の肉体が息づいてあることのかけがえのなさ。 (ハイタカ)[投票(2)]
ジャンパー(2008/米)★2 瞬時移動が出来るといった能力を知った少年がどんどんエスカレートしていく、といったまあ手短なアイデアモノ映画なんでしょうけれど、主人公の行動に観客が乗れるかどうか、となるとそれはちと違いまして、 [review] (セント)[投票(4)]
ジャンパー(2008/米)★5 ヘイデンくんのおイタは断然許せます。金融主体でうるおったブルジョアよ、金銭的に抑留された地方生活者の怨念を喰らえ!! [review] (ishou)[投票(4)]
ジャンパー(2008/米)★2 (レンタル)それ(コロシアム)ほ(スフィンクスの頭の上)どお(アラスカ)もし(銀行の金庫の中)ろくな(丸ノ内線連絡通路)かっ(ピラミッド)た(レンタル返却)ぞ! (NOM)[投票(3)]
時をかける少女(1983/日)★4 これは好きだなあ。タイムワープしている時のコマ落としの映像にカットバックで波のシーンが入る。その時の音楽がいい。それ全部ですごくセンチメンタルになれる。原田知世の女子高生もいいです。夜の火事もドキドキする。温室のシーンもいい。 [review] (ぱーこ)[投票(1)]
ブリッジ・オブ・スパイ(2015/米)★3 前半と後半では違う映画だったのかしら? [review] (K-Flex)[投票(2)]
ターミネーター4(2009/米)★2 理屈だけで画面が流れていく。そこにあるのは設定と脚本の都合だけ。ケレン味もユーモアもありゃしない。退屈の極み。 [review] (緑雨)[投票(3)]
妖星ゴラス(1962/日)★4 大胆な大嘘が痛快!そして個人的に気に入っている、私の中の名台詞。 [review] (空イグアナ)[投票(7)]
ザナドゥ(1980/米)★3 ジーン・ケリーの邸宅でレコードを聴くシーン。オリビア・ニュートン・ジョンの唄う「You made me love you」(あゝジュディ!)がかすかに聞こえ、その後2人で踊りはじめる。やっぱりこゝが一番の見せ場だろう。この部屋が意味不明にでかい、まるで無声映画のようなセットである点もご愛嬌。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
ザナドゥ(1980/米)★2 意気高く、そのまま前のめりにぶっ倒れたような作品と言うべきか。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
汝の敵日本を知れ(1945/米)★3 フランク・キャプラらの仕事は誠実であり、プロパガンダ映画ながら大した誤謬はない。日本国民それぞれの罵倒に終始するのではなく、冷静に分析した特性を攻めるのはかつての日本軍がやらず、やろうともしなかったことだ。 [review] (水那岐)[投票(1)]
モンキー・ビジネス(1952/米)★4 ホークスの手にかかればチンパンジーや赤ん坊までもが名優になってしまうのだから、ケイリー・グラントジンジャー・ロジャースの突き抜けた幼児演技などさほど驚くには値しないのかもしれない。とは云え、これはやっぱり常軌を逸した楽しさ。カオス寸前で劇を制御する演出の手捌きは洗練の極み。 (3819695)[投票(2)]
モンキー・ビジネス(1952/米)★4 おふざけ設定が、ただのおふざけに陥らず品格を保つのは、ケイリー・グラントの研究一筋天然ボケと、そんな夫の善き理解者である気丈な妻ジンジャー・ロジャースという基本のキャラクターが手抜かりなく丁寧に演出されているからだ。ツボを外さないホークス喜劇。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
モンキー・ビジネス(1952/米)★3 プロットは好き。面白い。が、なんて言ったらいいのだろうか?セリフ回しがイマイチ(?)かなぁ。 ルビッチやワイルダー、ブラケットならもっとウィットに飛んだセリフを考えついただろうに・・・ (TO−Y)[投票(1)]
007は二度死ぬ(1967/英)★5 こんな日本を旅してみたい! [review] (ボイス母)[投票(12)]